咸州郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
咸州郡
位置
DPRK2006 Hamnam-Hamju.PNG
各種表記
ハングル 함주군
漢字 咸州郡
発音 ハムジュ=グン
ローマ字転写 Hamju kun
テンプレートを表示

咸州郡(ハムジュぐん)は、朝鮮民主主義人民共和国咸鏡南道に属する郡。

地理[編集]

東に咸興市、北に栄光郡、南に定平郡と接する。

行政区画[編集]

1邑・36里を管轄する。

  • 咸州邑(ハムジュウプ)
  • 高陽里(コヤンリ)
  • 九上里(クサンリ)
  • 東峯里(トンボンリ)
  • 東岩里(トンアムリ)
  • 東元里(トンウォンリ)
  • 連地里(リョンジリ)
  • 連浦里(リョンポリ)
  • 蘆洞里(ロドンリ)
  • 龍安里(リョンアンリ)
  • 富興里(プフンリ)
  • プルクンビョル里(プルクンビョルリ)
  • 上中里(サンジュンリ)
  • 松亭里(ソンジョンリ)
  • 水東里(スドンリ)
  • 洙興里(スフンリ)
  • 新京里(シンギョンリ)
  • 新徳里(シンドンリ)
  • 新上里(シンサンリ)
  • 新成里(シンソンリ)
  • 新下里(シナリ)
  • 雲東里(ウンドンリ)
  • 雲峰里(ウンボンリ)
  • 元東里(ウォンドンリ)
  • チェアン里(チェアンリ)
  • 朝陽里(チョヤンリ)
  • 州西里(チュソリ)
  • 支石里(チソンリ)
  • 川原里(チョヌォンリ)
  • 楸上里(チュサンリ)
  • 浦口里(ポグリ)
  • 浦項里(ポハンリ)
  • 豊成里(プンソンリ)
  • 豊松里(プンソンリ)
  • 項水里(ハンスリ)
  • 興峰里(フンボンリ)
  • 興西里(フンソリ)

歴史[編集]

現在の咸州郡は、1952年に再編された区域が元になっている。歴史的な咸州郡は、現在の咸興市も含んでいた。

李氏朝鮮時代の東北部の中心都市のひとつ。咸鏡道の名は咸州と鏡城に由来する。

植民地期には咸鏡南道に属した。

年表[編集]

この節の出典[1]

  • 1896年 - 咸鏡南道咸興郡の一部(宣徳社)が定平郡に編入、一部(退潮社・元川社・甫青社)が洪原郡に編入。定平郡の一部(連浦面)を編入。
  • 1914年4月1日 - 郡面併合により、咸鏡南道洪原郡の一部(西退潮面)が咸興郡に編入、咸興郡の一部(加平面・東元平面・西元平面・下東古川面・上東古川面・西古川面・高山面・永川面)が新興郡に編入。咸興郡に以下の面が成立。(20面)
    • 咸興面・三平面・南州東面・北州東面・徳山面・川原面・州北面・岐谷面・西湖面・雲田面・朱地面・徳川面・州西面・川西面・上朝陽面・下朝陽面・上岐川面・下岐川面・連浦面・西退潮面
  • 1915年 - 岐谷面の一部が新興郡加平面に編入。(20面)
  • 1930年10月 (1邑19面)
    • 咸興面および南州東面の一部が合併し、咸興府となり、郡より離脱。
    • 咸興郡が咸州郡に改称。
    • 雲田面の一部が分立し、興南邑が発足。
    • 雲田面の残部・南州東面の一部が合併し、雲南面が発足。
  • 1933年 - 北州東面の一部が咸興府に編入。(1邑19面)
  • 1939年 (1邑17面)
    • 南州東面が雲南面に編入。
    • 徳川面および北州東面の一部が合併し、東川面が発足。
    • 北州東面の残部・州北面の一部が咸興府に編入。
    • 西湖面・雲南面の各一部が興南邑に編入。
  • 1941年4月1日 (1邑18面)
    • 州西面・雲南面・東川面の各一部が咸興府に編入。
    • 定平郡宣徳面を編入。
    • 雲南面・三平面の各一部が興南邑に編入。
  • 1943年 (1邑17面)
    • 西湖面の一部が興南邑に編入。
    • 西退潮面および西湖面の残部が合併し、退潮面が発足。
    • 東川面の一部が咸興府に編入。
  • 1944年12月 - 興南邑および雲南面の一部が合併し、興南府となり、郡より離脱。(17面)
  • 1945年 - 州西面の一部が咸興市に編入。(17面)
  • 1949年 (17面)
    • 東川面の一部が咸興市に編入。
    • 雲南面の一部が興南市に編入。
  • 1952年12月 - 郡面里統廃合により、咸鏡南道咸州郡州西面・川西面・上朝陽面・三平面・連浦面・川原面および朱地面の一部地域をもって、咸州郡を設置。咸州郡に以下の邑・里が成立。(1邑28里)
    • 咸州邑・興保里・大成里・川吉里・川原里・新成里・興西里・龍安里・洙興里・東岩里・州西里・豊成里・元東里・富興里・水東里・連地里・浦口里・連浦里・九上里・新下里・東元里・新上里・洙搗里・柳亭里・高陽里・支石里・雲東里・豊湖里・興島里
  • 1954年10月 (1邑24里)
    • 雲東里・洙興里・連浦里・浦口里・富興里・水東里・連地里が新設の興上郡に編入。
    • 興南市徳豊里・豊東里を編入。
    • 咸興市十二里が東岩里に編入。
    • 咸州邑の一部が分立し、上中里が発足。
    • 咸州邑の残部が州西里・東岩里に分割編入。
    • 咸興市新上里・西上里が合併し、咸州邑が発足。
    • 興島里が咸興市九億里と合併し、九興里が発足。
    • 五老郡仁多里の一部が興保里に編入。
    • 川原里の一部が五老郡仁多里に編入。
  • 1958年 (1邑22里)
    • 豊湖里が咸州邑・柳亭里に分割編入。
    • 咸州邑の一部が柳亭里に編入。
    • 大成里・川吉里が合併し、朝陽里が発足。
  • 1960年10月 (1邑17里)
  • 1970年7月 (1邑22里)
    • 咸興直轄市盤龍区域柳亭里・九興里、龍城区域洙搗里・豊東里・徳豊里を編入。
    • 咸興直轄市盤龍区域汝渭洞・豊湖洞が咸州邑に編入。
  • 1970年10月 (1邑19里)
    • 豊東里・洙搗里・徳豊里が咸興市龍城区域に編入。
    • 咸興市盤龍区域新上一洞・新上二洞・西上洞が咸州邑に編入。
  • 1974年 (1邑37里)
    • 柳亭里・九興里・咸州邑が咸興市盤龍区域に編入。
    • 興上郡興上邑・雲東里・洙興里・連浦里・浦口里・項水里・新徳里・松亭里・富興里・水東里・連地里・浦項里・新京里・王楽里・雲峰里・東峯里・蘆洞里・楸上里・興峰里・豊松里・上倉里を編入。
    • 興上邑が咸州邑に改称。
  • 1977年 - 王楽里がチェアン里に改称。(1邑37里)
  • 1998年 - 興保里がプルクンビョル里に改称。(1邑37里)
  • 2001年8月 - 上倉里が平安南道大興郡黒水里の一部と合併し、咸興市来日労働者区となる。(1邑36里)

興上郡[編集]

  • 1954年10月 - 咸鏡南道咸州郡雲東里・洙興里・連浦里・浦口里・富興里・水東里・連地里、定平郡興上里・項水里・新徳里・松亭里・浦項里・新京里・王楽里・雲峰里・東峯里・蘆洞里・興峰里・豊松里・上倉里・楸上里・甫中里をもって、興上郡を設置。(1邑21里)
    • 興上里が興上邑に昇格。
    • 水東里・連地里の各一部が浦項里に編入。
    • 雲峰里の一部が王楽里に編入。
  • 1961年 - 甫中里および雲峰里・蘆洞里の各一部が楸上里に編入。(1邑20里)
  • 1974年 - 興上郡廃止。
    • 興上邑・雲東里・洙興里・連浦里・浦口里・富興里・水東里・連地里・項水里・新徳里・松亭里・浦項里・新京里・王楽里・雲峰里・東峯里・蘆洞里・興峰里・豊松里・上倉里・楸上里が咸州郡に編入。

交通[編集]

外部リンク[編集]

  1. ^ 함경남도 함주군 역사