新興郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
新興郡
位置
DPRK2006 Hamnam-Sinhung.PNG
各種表記
チョソングル: 신흥군
漢字: 新興郡
片仮名転写: シヌン=グン
ローマ字転写 (MR): Sinhung kun
統計
行政
国: 朝鮮民主主義人民共和国の旗 朝鮮民主主義人民共和国
テンプレートを表示

新興郡(シヌンぐん)は、朝鮮民主主義人民共和国咸鏡南道中部、内陸の山岳地帯に位置する郡。

地理[編集]

北に咸鏡山脈(赴戦嶺山脈)が走り、明堂峰(1800m)などの山々が聳える。また、郡の東南部には咸鏡山脈の支脈・八峰山脈が横たわる。咸鏡山脈南麓に発する河川は城川江(ソンチョンガン/성천강)となり、郡内を南西(栄光郡方面)へと流れて咸興平野に流下する。

隣接行政区[編集]

行政区画[編集]

1邑・3労働者区・21里を管轄する。

  • 新興邑(シヌンウプ)
  • 発電労働者区(パルチョンノドンジャグ)
  • 富興労働者区(プフンノドンジャグ)
  • 新興労働者区(シヌンノドンジャグ)
  • 慶興里(キョンフンニ)
  • 麒麟里(キリンニ)
  • 吉峯里(キルポンニ)
  • 大洞里(テドンニ)
  • 東谷里(トンゴンニ)
  • 東興里(トンフンニ)
  • 盤石里(パンソンニ)
  • 釜淵里(プヨンニ)
  • 上元川里(サンウォンチョンニ)
  • 西谷里(ソゴンニ)
  • 西南里(ソナムニ)
  • 永高里(ヨンゴリ)
  • 英雄里(ヨンウンニ)
  • 右上里(ウサンニ)
  • 元東里(ウォンドンニ)
  • 中坪里(チュンピョンニ)
  • 倉西里(チャンソリ)
  • 杻上里(チュクサンニ)
  • 下元川里(ハウォンチョンニ)
  • 興慶里(フンギョンニ)
  • 興福里(フンボンニ)

歴史[編集]

日本統治時代の1914年に新設された郡で、咸鏡南道に属した。1945年8月15日時点の新興郡は、8面132里から構成されていた。

1952年12月の行政区画改編により、南西部が栄光郡、北部が赴戦郡に組み込まれ、新興郡(1邑23里)が再編成された。1954年には赴戦郡の一部を新興郡の管轄に戻している。2006年末現在、1邑22里3労働者区からなる。

年表[編集]

この節の出典[1]

  • 1914年4月1日 - 郡面併合により、咸鏡南道咸興郡の一部(東元平面・西元平面・上東古川面・下東古川面・永川面・高山面・西古川面・加平面)、洪原郡の一部(上元川面・下元川面)、長津郡の一部(東上面の一部)が合併し、新興郡が発足。新興郡に以下の面が成立。(8面)
    • 元平面・東古川面・永高面・西古川面・加平面・上元川面・下元川面・東上面
  • 1915年 (8面)
    • 咸興郡岐谷面の一部が加平面に編入。
    • 洪原郡鶴泉面の一部が東古川面に編入。
    • 洪原郡希賢面の一部が下元川面に編入。
  • 1930年 - 東古川面が新興邑に昇格。(1邑7面)
  • 1945年 - 新興邑が新興面に降格。(8面)
  • 1952年12月 - 郡面里統廃合により、咸鏡南道新興郡新興面・加平面・元平面・西古川面をもって、新興郡を設置。新興郡に以下の邑・里が成立。(1邑23里)
    • 新興邑・花蔵里・中里・陵里・観水里・豊上里・柘洞里・中坪里・元東里・元平里・典洞里・千仏山里・道洞里・大洞里・興福里・豊興里・中上里・西南里・右上里・倉西里・吉峯里・梨田里・富興里・新豊里
  • 1953年 - 吉峯里の一部が倉西里に編入。(1邑23里)
  • 1954年10月 - 花蔵里・中里・陵里・観水里・豊上里・柘洞里・中上里・元平里・千仏山里・典洞里が五老郡に編入。(1邑13里)
  • 1954年11月 - 両江道赴戦郡発電里・永高里・慶興里・西谷里・東谷里・上元川里・解放里・盤石里・杻上里・新豊里・英雄里・興慶里・福巨里・東興里・釜淵里・麒麟里を編入。(1邑1労働者区28里)
    • 発電里が発電労働者区に昇格。
    • 西谷里の一部が上元川里に編入。
    • 新豊里(旧)が新井里に改称。
  • 1956年9月 - 新豊里が下元川里に改称。(1邑1労働者区28里)
  • 1958年6月 (1邑1労働者区25里)
    • 道洞里が倉西里に編入。
    • 新井里が富興里に編入。
    • 東谷里の一部が上元川里に編入。
    • 富興里の一部が梨田里に編入。
    • 倉西里の一部が大洞里に編入。
    • 解放里が東谷里・盤石里に分割編入。
  • 1961年 - 倉西里の一部が新興邑に編入。(1邑1労働者区25里)
  • 1967年10月 - 福巨里が英雄里・興慶里に分割編入。(1邑1労働者区24里)
  • 1971年5月 - 豊興里が新興労働者区に昇格。(1邑2労働者区23里)
  • 1972年11月 - 富興里が富興労働者区に昇格。(1邑3労働者区22里)
  • 2001年8月 - 梨田里が咸興市に編入。(1邑3労働者区21里)

交通[編集]

鉄道[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]