金亨権郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
金亨権郡
位置
DPRK2006 Ryanggang-Kimhyonggwon.PNG
各種表記
ハングル 김형권군
漢字 金亨權郡
発音 キミョングォングン
ローマ字転写 Kimhyŏnggwŏn kun
テンプレートを表示

金亨権郡(キミョングォンぐん)は朝鮮民主主義人民共和国両江道に属する郡。金亨権金日成の叔父で、抗日運動の闘士だったとされる。旧名は豊山郡(プンサンぐん)で、豊山犬の産地として知られる。

地理[編集]

蓋馬高原の西南端に位置し、虚川江が郡内に発して東北方向に流れ、いくつかのダムが作られている。

両江道が咸鏡南道に食い込んだ最南端にあり、北から西にかけて両江道の豊西郡、東に咸鏡南道虚川郡徳城郡、南に咸鏡南道新興郡がある。

歴史[編集]

この節の出典[1]

  • 1914年4月1日 - 郡面併合により、咸鏡南道甲山郡の一部(天南面・里仁面・熊耳面)、北青郡の一部(安山面)が合併し、豊山郡が発足。豊山郡に以下の面が成立。(5面)
    • 天南面・里仁面・熊耳面・安山面・安水面
  • 1934年 - 里仁面が豊山面に改称。(5面)
  • 1952年12月 - 郡面里統廃合により、咸鏡南道豊山郡安山面・安水面および豊山面の一部地域をもって、豊山郡を設置。豊山郡に以下の邑・里が成立。(1邑19里)
    • 豊山邑・直雪里・新元里・士雅里・広徳里・梨浦里・陽坪里・下地境里・地境里・長安里・黄水院里・東興里・擺撥里・老隠里・米甘里・長坪里・水東里・平山里・水上里・内中里
  • 1954年10月 - 行政区画の見直しにより、両江道豊山郡となる。(1邑19里)
  • 1961年 - 水上里が平山里に編入。(1邑18里)
  • 1983年 - 平山里が平山労働者区に昇格。(1邑1労働者区17里)
  • 1990年8月 - 豊山郡が金亨権郡に改称。(1邑1労働者区17里)
    • 豊山邑が金亨権邑に改称。

行政[編集]

現在の中心地は新豊里。1邑・1労働者区・17里を管轄する。

  • 金亨権邑(キミョングォヌプ)
  • 平山労働者区(ピョンサンロドンジャグ)
  • 広徳里(クァンドンリ)
  • 内中里(ネジュンリ)
  • 東興里(トンフンリ)
  • 老隠里(ロウンリ)
  • 梨浦里(リポリ)
  • 米甘里(ミガムリ)
  • 士雅里(サアリ)
  • 水東里(スドンリ)
  • 新元里(シヌォンリ)
  • 陽坪里(ヤンピョンリ)
  • 長安里(チャンアンリ)
  • 長坪里(チャンピョンリ)
  • 地境里(チギョンリ)
  • 直雪里(チクソルリ)
  • 擺撥里(パバルリ)
  • 下地境里(ハジギョンリ)
  • 黄水院里(ファンスウォンリ)

産物[編集]

  • 豊山犬
北朝鮮の天然記念物となっている。2000年6月の南北首脳会談金大中金正日)の際、北から南へ豊山犬2頭、南から北へ珍島犬2頭が交換された。この2頭の豊山犬は現在ソウル大公園の動物園に飼われている。

外部リンク[編集]

関連項目[編集]

  1. ^ 양강도 김형권군 역사