金野郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
金野郡
位置
DPRK2006 Hamnam-Kumya.PNG
各種表記
ハングル 금야군
漢字 金野郡
発音 クミャ=グン
ローマ字転写 Kŭmya kun
テンプレートを表示

金野郡(クミャぐん)は、朝鮮民主主義人民共和国咸鏡南道の南部に位置する郡。

かつては永興郡(えいこうぐん/ヨンフンぐん)と呼ばれた。

地理[編集]

北は定平郡、北西に耀徳郡、南西に高原郡と隣接している。東は日本海海岸に位置し、南は虎島半島によって外海から隔てられた永興湾である。

耀徳郡に源を発する金野江が郡内に平野をひらき、永興湾に注いでいる。

行政区画[編集]

1邑・4労働者区・50里を管轄する。

  • 金野邑(クミャウプ)
  • 加津労働者区(カジンロドンジャグ)
  • 葛田労働者区(カルチョンロドンジャグ)
  • 光明星労働者区(クァンミョンソンロドンジャグ)
  • 仁興労働者区(イヌンロドンジャグ)
  • 広徳里(クァンドンリ)
  • 九龍里(クリョンリ)
  • 金沙里(クムサリ)
  • 金豊里(クンプンリ)
  • キンジェ里(キンジェリ)
  • 大鷹里(テウンリ)
  • 徳山里(トクサンリ)
  • 東興里(トンフンリ)
  • 両灘里(リャンタンリ)
  • 蓮洞里(リョンドンリ)
  • 龍南里(リョンナムリ)
  • 龍山里(リョンサンリ)
  • 龍上里(リョンサンリ)
  • 龍巌里(リョンアムリ)
  • 龍源里(リョンウォンリ)
  • 龍川里(リョンチョンリ)
  • 文下里(ムナリ)
  • 白山里(ペクサンリ)
  • 范浦里(ポンポリ)
  • 鳳山里(ポンサンリ)
  • 鳳興里(ポンフンリ)
  • 緋緞里(ピダンリ)
  • 社峴里(サヒョンリ)
  • 三峯里(サンボンリ)
  • 上中里(サンジュンリ)
  • セ洞里(セドンリ)
  • 成ジェ里(ソンジェリ)
  • ソルパッ里(ソルパンリ)
  • 松ジェ里(ソンジェリ)
  • 水源里(スウォンリ)
  • 薪塘里(シンダンリ)
  • 新城里(シンソンリ)
  • 安東里(アンドンリ)
  • 永豊里(ヨンプンリ)
  • 温井里(オンジョンリ)
  • 芍東里(チャクトンリ)
  • 正洞里(チョンドンリ)
  • 中南里(チュンナムリ)
  • 中東里(チュンドンリ)
  • 智仁里(チインリ)
  • 鎮岫里(チンスリ)
  • 鎮興里(チヌンリ)
  • 清洞里(チョンドンリ)
  • 青白里(チョンベンリ)
  • 平和里(ピョンファリ)
  • 豊南里(プンナムリ)
  • 豊城里(プンソンリ)
  • 海中里(ヘジュンリ)
  • 虎島里(ホドリ)
  • 興坪里(フンピョンリ)

歴史[編集]

現在の金野郡(旧・永興郡)の範囲は、北朝鮮によって1952年に再編成されたものがもとになっている。それまでの咸鏡南道永興郡の範囲は、現在の耀徳郡を含んでいた。永興郡が金野郡に改められたのは1977年である。

この一帯は古代の高句麗の地で、高麗に入ると和州が置かれて辺境防衛の要地となった。13世紀半ばにはモンゴル帝国の圧迫を受けるとこれに降り、モンゴルによって双城総管府が設置された。1356年、双城総管府が陥落して高麗が支配を回復し和州牧を置くが、このとき功績があったのが李子春とその子李成桂(のちの朝鮮王朝建国者)であった。

1393年に永興府が置かれ、一時は朝鮮東北地域を統治する観察使の役所も置かれた。

日本統治下では永興湾が要塞に指定され(永興湾要塞)、虎島に砲台が築かれた。

1952年、耀徳郡・仁興郡を分離し、永興面・憶岐面・長興面全域と順寧面の主要部、鎮坪面・横川面・仁興面の各一部によって永興郡が再編された。

年表[編集]

この節の出典[1]

  • 高句麗 - 長嶺鎮がおかれ、博平郡とも称された。
  • 高麗 - 和州と呼ばれた。
  • 995年 - 安辺都護府に属した。
  • 1028年 - 和州防禦使が置かれた。
  • 1258年 - モンゴル帝国により双城総管府が置かれた。
  • 1356年 - 高麗に復し、和州牧が置かれた。
  • 1369年 - 和寧府となった。
  • 1393年 - 永興府と改称した。
  • 1470年 - 観察使営が永興府に置かれた(永安道)。
  • 1509年 - 観察使営が咸興府に移転し(咸鏡道)、永興は永興大都護府となる。
  • 1895年 - 咸興府永興郡となる(二十三府制
  • 1896年 - 咸鏡南道永興郡となる。
  • 1914年4月1日 - 郡面併合により、咸鏡南道永興郡の一部(雲谷面)が高原郡に編入。永興郡に以下の面が成立。(13面)
    • 洪仁面・復興面・順寧面・憶岐面・鎮坪面・古寧面・虎島面・仁興面・徳興面・長興面・宣興面・耀徳面・横川面
  • 1935年 - 洪仁面が永興面に改称。(13面)
  • 1943年 - 永興面・復興面が合併し、永興邑が発足。(1邑11面)
  • 1945年(光復直後) - 永興邑が永興面に降格。(12面)
  • 1952年12月 - 郡面里統廃合により、咸鏡南道永興郡永興面・憶岐面・長興面および順寧面・鎮坪面・横川面・仁興面の各一部地域をもって、永興郡を設置。永興郡に以下の邑・里が成立。(1邑25里)
    • 永興邑・中南里・平和里・葛田里・順安里・龍江里・徳山里・興坪里・鳳興里・九龍里・海中里・成ジェ里・鳳山里・新城里・水源里・龍興里・文下里・永豊里・龍源里・社峴里・上中里・中陽里・豊南里・鎮興里・両灘里・正洞里
  • 1953年 (1邑25里)
    • 海中里の一部が仁興郡広徳里に編入。
    • 鎮興里の一部が仁興郡鎮岫里に編入。
    • 中陽里の一部が仁興郡金豊里に編入。
  • 1954年10月 - 九龍里の一部が仁興郡龍山里に編入。(1邑25里)
  • 1972年 - 葛田里が葛田労働者区に昇格。(1邑1労働者区24里)
  • 1974年1月 - 仁興郡仁興邑・加津労働者区・金豊里・清洞里・豊洞里・白山里・東興里・智仁里・芍東里・温井里・松ジェ里・范浦里・大鷹里・三峯里・旺場里・中東里・薪塘里・鎮岫里・龍山里・広徳里・独九味里・原平里・安東里・蓮洞里・青白里・虎島里を編入。(1邑3労働者区48里)
    • 仁興邑が仁興労働者区に降格。
  • 1977年3月 - 永興郡が金野郡に改称。(1邑3労働者区48里)
    • 永興邑が金野邑に改称。
    • 龍興里が緋緞里に改称。
    • 順安里がキンジェ里に改称。
    • 中陽里がソルパッ里に改称。
    • 龍江里がセ洞里に改称。
  • 1986年5月 - 耀徳郡龍南里・龍巌里・龍川里・龍上里を編入。(1邑3労働者区52里)
  • 1991年 - 旺場里が金沙里に改称。(1邑3労働者区52里)
  • 1995年 - 豊洞里が豊城里に改称。(1邑3労働者区52里)
  • 2001年 (1邑4労働者区50里)
    • 原平里および独九味里・海中里の各一部が合併し、光明星労働者区が発足。
    • 独九味里の残部が安東里に編入。

仁興郡[編集]

  • 1952年12月 - 郡面里統廃合により、咸鏡南道永興郡徳興面・古寧面・虎島面および仁興面・鎮坪面・順寧面の各一部地域をもって、仁興郡を設置。仁興郡に以下の邑・里が成立。(1邑24里)
    • 仁興邑・大鷹里・旺場里・三峯里・虎島里・白山里・金豊里・広徳里・馬場里・温井里・中東里・松ジェ里・高寧里・青白里・豊洞里・鎮岫里・芍東里・蓮洞里・安東里・独九味里・智仁里・龍山里・原平里・清洞里・東興里
  • 1953年 (1邑24里)
    • 仁興邑が范浦里に降格。
    • 馬場里が仁興邑に昇格。
    • 永興郡海中里の一部が広徳里に編入。
    • 永興郡鎮興里の一部が鎮岫里に編入。
    • 中東里の一部が旺場里、新上郡新坪里に分割編入。
    • 旺場里の一部が中東里に編入。
    • 永興郡中陽里の一部が金豊里に編入。
  • 1954年10月 (1邑25里)
    • 大鷹里・鎮岫里・松ジェ里の各一部が合併し、薪塘里が発足。
    • 松ジェ里・鎮岫里・智仁里の各一部が仁興邑に編入。
    • 永興郡九龍里の一部が龍山里に編入。
    • 新上郡文興里の一部が旺場里に編入。
  • 1963年 - 高寧里が加津労働者区に昇格。(1邑1労働者区24里)
  • 1974年1月 - 仁興郡廃止。
    • 仁興邑・范浦里・大鷹里・薪塘里・旺場里・三峯里・虎島里・白山里・金豊里・広徳里・温井里・中東里・松ジェ里・加津労働者区・青白里・豊洞里・鎮岫里・芍東里・蓮洞里・安東里・独九味里・智仁里・龍山里・原平里・清洞里・東興里が永興郡に編入。

交通[編集]

出身者[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]