台南州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
台南州
日本台湾の州
Blank.png
1920年 - 1945年 Flag of Tainan City.svg
 
Flag of Chiayi City.svg
 
Flag of Chiayi County.svg
 
Flag of Yunlin County.svg
台南州の位置
首都 台南市
歴史
 - 創立 1920年
 - 廃止 1945年
面積
 - 1940年 5,421.46 km2 (2,093 sq mi)
人口
 - 1940年 1,487,999 
     人口密度 274.5 /km2  (710.9 /sq mi)
行政区画 2市、10郡
現在 台南市
嘉義市
嘉義県
雲林県


旧台南州庁舍、森山松之助設計。現在は国立台湾文学館になった。
台南市に位置する台南州庁の葉書

台南州臺南州たいなんしゅう)は、かつて台湾の地方行政区分だった五州三庁の一つで、現在の台南市嘉義市嘉義県雲林県を合わせた地域にあたる。

人口[編集]

昭和16年台湾常住戸口統計より

  • 総人口 1,550,695人
    • 内訳
      • 内地人 53,446人
      • 台湾人 1,489,621人
      • 朝鮮人 253人
      • その他 7,375人

行政区分[編集]

台南合同庁舎の現状

昭和20年(1945年)当時

[編集]

[編集]

(戦後)[編集]

  • 台南市と嘉義市は台湾省へ移管、台南州より離脱。
  • 1946年嘉義郡役所は民雄庄へ移転。3月安順庄は台南市へ移管。4月台南州庁は新営街へ移転。8月新営郡廃郡、同郡管内の街庄は台南州の直接管轄となる。
  • 1950年台南州と全部の郡廃止、旧嘉義.東石郡管内の街庄は現在の嘉義県に、旧新豊.新化.曽文.北門.新営郡管内の街庄は現在の台南県に、旧斗六.虎尾.北港郡管内の街庄は現在の雲林県に統合。
  • 2010年12月25日台南県と台南市を合併して、新たに中華民国の直轄市となった。

歴代知事[編集]

台南州知事(一時は県知事)公邸の現状
  • 枝徳二:1920年9月1日 -
  • 吉岡荒造:1921年10月8日 -
  • 松井栄堯:1923年12月8日 -
  • 喜多孝治:1924年12月23日 -
  • 片山三郎:1927年7月27日 -
  • 永山止米郎:1929年4月20日 -
  • 名尾良辰:1930年5月23日 -
  • 横光吉規:1931年5月8日 -
  • 今川淵:1932年3月15日 -
  • 藤田傊治郎:1936年2月26日 -
  • 川村直岡:1936年10月16日 -
  • 石井龍猪:1939年12月27日 -
  • 一番ヶ瀬佳雄:1940年5月25日 -
  • 宮木広大:1942年7月3日 -
  • 宮尾五郎:1943年3月29日 -

医療[編集]

  • 台湾総督府台南病院(現 衛生福利部台南病院)
  • 台湾総督府嘉義病院(現 衛生福利部嘉義病院)
  • 日軍台南衛戍病院(現 国立成功大学の校舎)

法院[編集]

台南地方法院

昭和20年(1945年)当時
(審判の行うことの無かったものを「裁判所」とカウントしなかった)(沿革略)

刑務所[編集]

昭和7年(1932年)当時

  • 台南刑務所
  • 台南刑務所嘉義刑務支所

警察[編集]

台南警察署の現状

昭和20年(1945年)当時

  • 台南州警務部
    • 台南警察署
    • 嘉義警察署
    • 新豊郡警察課
    • 新化郡警察課
    • 曽文郡警察課
    • 北門郡警察課
    • 新営郡警察課
    • 嘉義郡警察課
    • 斗六郡警察課
    • 虎尾郡警察課
    • 北港郡警察課
    • 東石郡警察課

林政[編集]

昭和7年(1932年)当時

  • 営林所嘉義出張所

専売局[編集]

昭和20年(1945年)当時

  • 番子田酒工場(専売局総局管内)
  • 台南支局
    • 台南酒工場
  • 嘉義支局
    • 嘉義酒工場
    • 二萬坪酒工場

気象[編集]

台南測候所の現状

昭和17年(1942年)当時

教育[編集]

台南州立第一中学校

高等教育機関[編集]

中等教育機関[編集]

日本軍駐屯地[編集]

旧台湾歩兵第2連隊営舎(現 国立成功大学の校舎)

昭和11年(1936年)の平時編制

鉄道[編集]

台南駅の現状
阿里山線の現状

昭和19年(1944年)の路線

総督府鉄道[編集]

営林所鉄道[編集]

私設鉄道[編集]

道路[編集]

昭和14年(1939年)当時

指定道路[編集]

  • 縦貫道路
  • 西螺崙背道
  • 北港崙背道
  • 斗南北港道
  • 莿桐斗六道
  • 斗南林内道
  • 林内竹山道
  • 斗六小梅道
  • 大林小梅道
  • 民雄北港道
  • 北港新港道
  • 嘉義竹崎道
  • 嘉義中埔道
  • 嘉義頂東石道
  • 嘉義白河道
  • 草店内角道
  • 後壁白河道
  • 白河関子嶺道
  • 白河前大埔道
  • 番子田六甲道
  • 六甲番社道
  • 林鳳営六甲道
  • 朴子塩水道
  • 新営布袋道
  • 北門塩水道
  • 麻豆番子田道
  • 麻豆佳里道
  • 台南北門道
  • 新市新化道
  • 台南新化道
  • 新化玉井道
  • 関廟旗山道
  • 新化関廟道
  • 台南関廟道
  • 台南湾裡道
  • 台南安平道
  • 小梅竹崎道
  • 嘉義北港道
  • 朴子北港道

港湾[編集]

昭和13年(1938年)当時

開港[編集]

  • 安平港

特別輸出入港(対中貿易専用港)[編集]

  • 東石港

油田[編集]

  • 新営油田
  • 凍子脚油田

神社[編集]

官幣中社台南神社
  • 台南神社
  • 嘉義神社
  • 開山神社(延平郡王祠
  • 北港神社
  • 新営神社
  • 五間厝神社
  • 南靖神社
  • 阿里山神社
  • 北門神社
  • 東石神社
  • 曽文神社
  • 斗六神社
  • 林内神社
  • 新化神社

国立公園[編集]

企業[編集]

州内に本社を有する資本金50万円以上の企業である(昭和7年・1932年当時)

農林水産業[編集]

  • 台湾漁業

製造業[編集]

  • 塩水港製糖(現 塩水港精糖
  • 台湾織布
  • 台湾製塩
  • 台南煉瓦
  • 台湾生薬

電気業[編集]

  • 嘉義電灯

金融業[編集]

  • 台湾南部無尽

マスメディア[編集]

ラジオ放送局[編集]

台南放送局

昭和20年(1945年)8月当時

  • 台湾放送協会台南放送局(呼出符号JFBK)
  • 台湾放送協会嘉義放送局(呼出符号JFDK)

日本語新聞[編集]

昭和7年(1932年)当時

  • 台南新報

出身有名人[編集]

この時代に生まれ育つか、または活躍した者を掲載

参考文献[編集]

関連項目[編集]