東海線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

東海線(トンヘせん、とうかいせん)とは、朝鮮半島東側を通る鉄道路線の名称。以下の定義が存在する。

  1. 日本統治時代の朝鮮半島において計画されていた朝鮮総督府鉄道鉄道路線
  2. 大韓民国釜山広域市東区の釜山鎮駅と慶尚北道浦項市の(旧)浦項駅を結ぶ路線(旧・東海南部線)と、慶尚北道慶州市の牟梁信号場と浦項市の(新)浦項駅を結ぶ路線で構成される、韓国鉄道公社(KORAIL)の鉄道路線。国土交通部の「鉄道距離表」における正式名称は東海本線
  3. 大韓民国国土交通部の「鉄道距離表」における「東海線」に分類される路線の総称。上記の東海本線のほか、支線牛岩線釜田線温山線長生浦線蔚山港線槐東線東海北部線が含まれる。

本項では1.と2.について詳述する。


朝鮮総督府鉄道・東海線[編集]

釜山から慶州江陵襄陽を経由して元山へ至る鉄道路線として、朝鮮総督府鉄道が施設計画を立てた。「東海」という名は、路線が東海(大韓民国における日本海別称)に沿って沿線を結ぶことに由来している。1929年に最初の区間が部分開業したが、その後は大日本帝国昭和恐慌に陥ったことや日支事変から大東亜戦争へと戦線を拡大したことで建設はほとんど進まず、終戦時点で開通していたのは元山から襄陽までの東海北部線、釜山から慶州を経て浦項までの東海南部線、そして墨湖から北坪(現在の東海)を経て三陟までの区間(現在の墨湖港線三陟線に当たる)だけあった。

1945年日本の降伏後、朝鮮は北緯38度線を境としてアメリカ占領区域とソ連占領区域の南北に分断され(連合国占領時代の始まり)、東海線の線路も東海北部線がソ連、その他の路線がアメリカの管轄とされた。東海北部線は1948年朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)へと引き継がれたが、1950年朝鮮戦争勃発により運行が中断された。

その後、1953年朝鮮戦争休戦協定軍事境界線が引かれると、東海北部線は途中で境界線を跨ぐことになり、重要性の低さから南北いずれでも復旧されずに荒廃するままで放置され、南側では1967年までに正式な廃線となった。一方、東海南部線と東海一帯の路線は大韓民国に引き継がれ、朝鮮戦争の一時期を除いて、鉄道庁によって営業が続けられた。また、嶺東線建設に合わせ、東海線の一部区間になる予定であった東海 - 江陵間が嶺東線の一部として1962年に新規開業した。だが、その他の区間については、建設の費用対効果が乏しいことから手が付けられないまま20世紀を終えた。

このような状況は、1998年金大中政権が誕生して太陽政策を始めると大きく変わった。2000年南北首脳会談が開かれると、京義線と共に東海線を完成させることが南北会議で合議された(京義線・東海線鉄道および道路の連結事業参照)。また、アジア太平洋経済社会委員会 (ESCAP)が2001年に策定したアジア横断鉄道計画の中で、東海線が韓国・日本からロシアヨーロッパ貨物を運ぶ鉄道網の一角に組み込まれたため、東海線の建設はシベリア鉄道を有するロシア等の朝鮮以外からも注目されるようになった。

既に北朝鮮側では東海北部線の元山~外金剛(金剛山青年)間が金剛山青年線として1996年に再開通していたため、軍事境界線を越える区間が優先的に建設された。その後、北朝鮮側の一方的な中断などがあって延期されていたものの、南北間交渉の進展によって両者は2007年5月17日に試運転を行うことで合意し、試運転は金剛山青年(北側)~猪津(南側)間で正式に履行された。だが、それ以降は南北関係の冷却によって南北の連結事業が事実上中断となっており、2016年時点で軍事境界線を越える定期列車は運行されていない。

一方韓国国内では、韓国鉄道施設公団が日本海沿岸の浦項(東海南部線)と三陟(三陟線)を南北に繋ぐ新線(東海中部線)の建設を行っており、2019年頃に開業する予定である。だが、江陵から襄陽を経て猪津駅(東海北部線)に至る区間については一切が未定となっている。

KORAIL東海線[編集]

KTX東海線[編集]

韓国高速鉄道(KTX)の浦項乗り入れ計画にあわせ、韓国鉄道施設公団京釜高速線東海南部線を結ぶ連結線の建設と、複線電鉄化事業中の東海南部線の一部区間で先行して移設を行なった。そして2015年3月の暫定開業に合わせ、KORAILは京釜高速線との分岐点から東海南部線との合流点を経て浦項駅へ至る区間の名称を「東海線」と命名した。 今後、太和江 - 新慶州 - 牟梁(信)間を含め、東海南部線の複線電鉄化が完了した際には旧東海南部線からの駅の移設も行われる。(羅原については旅客駅化は現時点では不明。)

広域電鉄東海線[編集]

東海電鉄線で運用されている381000系電車(釜田駅にて)。

東海南部線釜田駅 - 太和江間65.7kmを首都圏電鉄のように広域電鉄化する事業である。首都圏以外では初の広域電鉄となり、当初は首都圏同様「大都市圏広域交通管理に関する特別法」(略称:大広法)によって整備されることになっていたが、蔚山広域市が財政難により負担を拒否し、全額国費による事業となった。

よって法的には広域電鉄ではなく一般鉄道路線であり、同時期に開業する首都圏電鉄京江線と異なり、全駅でホームドアはない(設置義務が適用されないため[1])。 ただし、他社線やバス路線との乗継割引は適用され、都市鉄道路線の一部としての機能を果たすことになる。KORAILと釜山市の協議の結果、負担割合は首都圏の6対4ではなく、5対5になった。 既に開業している1-4号線が高頻度で運行しているため、釜山市側はそれぞれ10分、20分間隔以下での運行を要望していたが、KORAIL側は車両数と運転士確保にかかるコスト増加分の負担を市側に要求しており[2]、開業後はピーク時15分毎、通常時30分毎[3]に通勤型電車(381000系)が運行されることになり、同時に東海南部線も全区間が東海線に編入される

また、周辺交通連携構築のため、当初釜田 - 日光間のみ2016年10月末開業予定だったが、釜山市が鉄道施設公団に11月12日開業を要請していた[4]。 結局鉄道労組のストライキの影響で、釜田 - 日光間の広域電鉄開業は無期限延期となり、12月30日に決定された。

運賃[編集]

10kmまでが1200ウォン、10km以上が1,400ウォンと釜山交通公社の路線と同水準となり、指定駅では乗継時の割引も適用される[5]

運行[編集]

朝夕の出退勤時間帯は15分毎、その他は30分毎になる[5]

歴史[編集]

  • 4月2日 - 牟梁信号場 - 浦項間開業とともにKTXが乗り入れ開始
  • 4月29日 - 東海南部線区間の東海線への編入と、巨堤駅をが巨堤ヘマジ駅・南門口駅を巨堤駅、水営駅をセンタム駅に、海雲台駅を新海雲台駅・旧佑一駅をBEXCO駅など数駅の改名を告示(施行は年末の開業時)[6]
  • 6月30日 - 日光駅までの複線電化工事完了[7]
  • 8月 - 広域電鉄試運転開始。
  • 10月28日 - 鉄道労組ストライキ長期化の影響で試運転期間中の運転士要員確保に支障をきたしているため、広域電鉄開業を無期限延期[8]
  • 12月29日 - 釜山駅 - 日光駅間複線電化開業式典開催[5]
  • 12月30日 - 釜山駅 - 日光駅間複線電化に伴い広域電鉄運行開始、4月29日の告示を施行(東海南部線編入・駅移設・駅名改称)。教大駅・オシリア駅開業[6][5]
  • 6月19日 - (東海中部線)国土交通部、浦項駅~盈徳駅を東海線への編入と駅名、距離を告示。
  • 10月20日 - 浦項駅~盈徳駅営業試運転開始[9]
  • 12月 - 浦項駅~盈徳駅開業予定
  • 2017年末 - 日光駅 - 太和江駅間複線電化に伴い広域電鉄運行開始、佑洞駅[10]開業予定。
  • 2018年 - 太和江駅 - 新慶州駅 - 牟梁信号場間開業予定。

路線データ[編集]

  • 路線距離:35.1km→142.5km
  • 軌間:1435mm
  • 駅数:3駅→39駅(信号場含む)
  • 複線区間:釜山鎮駅 - 釜田駅 4.6km、牟梁信号場 - 浦項駅35.1km、釜田駅 - 日光駅28.5km
  • 電化区間:釜田駅 - 日光駅28.5km、牟梁信号場 - 浦項駅(交流25kv, 60Hz
  • 保安装置:ATS
東海線
各種表記
ハングル 동해선
漢字 東海線
発音 トンヘソン
日本語読み: とうかいせん
英語 Donghae Line
テンプレートを表示

駅一覧[編集]

釜山鎮 - (旧)浦項[編集]

駅番号 駅名 駅間キロ
(km)
累計キロ
(km)
I
T
X







接続路線・備考 所在地
日本語 ハングル 英語
釜山鎮駅 부산진역 Busanjin 0.0 0.0     韓国鉄道公社京釜線牛岩線貨物線 釜山広域市 東区
凡一駅 범일역 Beomil 2.1 2.1 韓国鉄道公社: 釜山鎮区
K110 釜田駅 부전역 Bujeon 2.5 4.6 韓国鉄道公社:釜田線慶全電鉄線
釜山交通公社1号線
K111 巨堤ヘマジ駅[11] 거제해맞이역 Geojehaemaji 2.3 6.9 | | 旧称:巨堤駅 蓮堤区
K112 巨堤駅[11] 거제역 Geoje 1.0 7.9 | | 旧称:南門口駅
釜山交通公社:3号線
K113 教大駅[11] 교대역 Busan Nat'l Univ. of Edu. 0.7 8.6 | | 新設駅
釜山交通公社:1号線
K114 東莱駅 동래역 Dongnae 1.2 9.8 | | 釜山交通公社:4号線(楽民駅) 東莱区
K115 安楽駅 안락역 Allak 0.9 10.7 | |  
K116 院洞駅(仮称) 원동역 Wondong | | 2018年開業予定の計画駅
K117 栽松駅 재송역 Jaesong 2.3 13.0 | |   海雲台区
K118 センタム駅[11] 센텀역 Centum 1.0 14.0 | 2015.10.12-2016.11の旧称は水営
K119 BEXCO駅 벡스코역 BEXCO 1.4 15.4 | | 旧称:佑一駅
釜山交通公社:2号線(旧市立美術館駅)
K120 新海雲台駅[11] 신해운대역 Sinhaeundae 4.5 19.9 旧称:海雲台駅
K121 松亭駅 송정역 Songjeong 2.9 22.8



|
K122 オシリア駅[11] 오시리아역 OSIRIA 1.1 23.9 | 新設駅 機張郡
K123 機張駅 기장역 Gijang 5.7 29.6
K124 日光駅 일광역 Ilgwang 3.0 32.6 |  
K125 佐川駅 좌천역 Jwacheon 5.3 37.9  
K126 月内駅 월내역 Wollae 3.4 41.3  
K127 西生駅 서생역 Seosaeng 2.9 44.2 |   蔚山広域市 蔚州郡
K128 南倉駅 남창역 Namchang 8.5 52.7 韓国鉄道公社:温山線
K129 望陽駅 망양역 Mangyang | 2018年再開業予定
K130 徳下駅 덕하역 Deokha 9.3 62.0 |  
K131 仙岩駅 선암역 Seonam 2.5 64.5 |   南区
K132 太和江駅 태화강역 Taehwagang 4.8 69.3 韓国鉄道公社:長生浦線蔚山港線
孝門駅 효문역 Hyomun 3.4 72.7 |   北区
虎渓駅 호계역 Hogye 6.2 78.9  
毛火駅 모화역 Mohwa 7.2 86.1 |   慶尚北道 慶州市
入室駅 입실역 Ipsil 3.9 90.0 |  
竹洞駅 죽동역 Juktong 3.9 93.9  
仏国寺駅 불국사역 Bulguksa 4.1 98.0  
東方駅 동방역 Dongbang 4.5 102.5 |  
慶州駅 경주역 Gyeongju 6.5 109.0 韓国鉄道公社:中央線(直通運転)
羅原駅 나원역 Nawon 5.1 114.1 | 韓国鉄道公社:金丈三角線(直通運転)
青令駅 청령역 Cheongnyeong 3.7 117.8 |  
士方駅 사방역 Sabang 2.7 120.5 |  
安康駅 안강역 Angang 5.8 126.3  
良子洞駅 양자동역 Yangjadong 2.9 129.2 |  
扶助駅 부조역 Bujo 2.9 132.1 | 韓国鉄道公社:東海線(牟梁 - (新)浦項)(直通運転)
孝子駅 효자역 Hyoja 6.4 138.5   韓国鉄道公社:槐東線 浦項市
(旧)浦項駅 포항역 Pohang 4.0 142.5 (閉鎖)
  • 孝子駅 - (旧)浦項駅間は既に閉鎖されており事実上廃線であるが、戸籍上は現在も存続している。

牟梁 - 盈徳[編集]

浦項以北は2017年6月末時点での国土交通部告示に準拠[12]。実際の駅名としてKorailが採用することを必ずしも裏付けるものではない。

駅名 駅間キロ (km) 累計キロ (km)
等級
駅種別 K
T
X




接続路線 所在地
日本語 ハングル 英語
牟梁信号場 모량신호장 Moryang 0.0 0.0 信号場 |   韓国鉄道公社乾川連結線(KTX直通運転、京釜高速線に接続) 慶尚北道 慶州市
扶助信号場 부조신호장 Bujo 24.8 24.8 信号場 | | 韓国鉄道公社:東海線(釜山鎮 - (旧)浦項)(ムグンファ号直通運転)
(新)浦項駅 포항역 Pohang 10.3 35.1 2級 管理駅 韓国鉄道公社東海中部線(建設中) 浦項市
月浦駅 월포역 Wolpo 15.3 50.4      
長沙駅 장사역 Jangsa 9.1 59.5 信号場   盈徳郡
江口駅 강구역 Ganggu 7.6 67.1 信号場  
盈徳駅 영덕역 Yeongdeok 6.6 73.7    
(終点) (종점) 0.6 74.3    

関連項目[編集]

脚注[編集]