国家鉄道公団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
韓国鉄道施設公団から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
国家鉄道公団
국가철도공단
Korea Rail Network Authority
Korail&Korea Rail Network Authority headquarters.jpg
本社
略称 KR
前身 韓国高速鉄道建設公団(1992年3月9日設立)
設立 2004年1月7日
種類 鉄道
法的地位 委託執行型準政府機関
目的 鉄道施設の建設・管理
本部 大韓民国大田広域市東区中央路242
会員数
職員数:1347名(2012年[1]
関連組織 韓国鉄道公社
予算 [1]
ウェブサイト http://www.kr.or.kr(朝鮮語)
テンプレートを表示
国家鉄道公団
各種表記
ハングル 국가철도공단
漢字 國家鐵道公團
発音 クッカチョルトコンダン
日本語読み: こっかてつどうこうだん
2000年式
英語案内:
Gukga cheoldo gongdan
Korea Rail Network Authority
テンプレートを表示

国家鉄道公団(こっかてつどうこうだん、: 국가철도공단: Korea Rail Network Authority, KR)は、大韓民国国土交通部傘下の鉄道施設の建設・管理を行う準政府機関

主に韓国の鉄道路線の建設などを行っており、日本の鉄道建設・運輸施設整備支援機構に相当する。2005年に鉄道庁の運営部門を継承し発足した韓国鉄道公社(KORAIL)の施設を保有している。本部は大田広域市にある。

概要[編集]

  • 組織形態:委託執行型準政府機関(公共機関の運営に関する法律の適用)
  • 本社:大田広域市東区中央路242
  • 組織:4本部 1室 5地域本部 1研究室
  • 人員:1,347人(2012年)

沿革[編集]

2004年鉄道庁の建設・施設部門と韓国高速鉄道建設公団が統合、韓国鉄道施設公団として発足し、2020年に現名称に改称した。

主な業務[編集]

  • 鉄道施設の建設・管理
    • 韓国鉄道施設公団は、大韓民国のほとんどの鉄道施設を建設し、管理する。
  • 鉄道施設に関する技術開発・管理・サポート
    • 韓国鉄道施設公団は、鉄道施設の技術開発、管理、サポートをしている。なおHSR-350xTTXなど一般的な鉄道技術の研究は、韓国鉄道技術研究院で進めている。

所属機関[編集]

  • 研究院

海外支社[編集]

  • 米国支社(T/F)
  • 中国支社(T/F)

地域本部[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 韓国鉄道施設公団の概要”. 韓国鉄道施設公団. 2015年11月22日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]