韓国鉄道施設公団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
韓国鉄道施設公団
한국철도시설공단
Korea Rail Network Authority
略称 KR
設立年 1992年3月9日 韓国高速鉄道建設公団
2004年1月7日 韓国鉄道施設公団
種類 鉄道
地位 委託執行​​型準政府機関
目的 鉄道施設の建設・管理
本部 大韓民国大田広域市東区中央路242
メンバー 職員数:1347名(2012年[1]
予算 [1]
ウェブサイト http://www.kr.or.kr
韓国鉄道施設公団
各種表記
ハングル 한국철도시설공단
漢字 韓國鐵道施設公團
発音 ハングチョトシソコンダン
日本語読み: かんこくてつどうしせつこうだん
2000年式
MR式
英語案内:
Hanguk cheoldo siseol gongdan
Han'guk ch'ŏlto sisŏl kongdan
Korea Rail Network Authority (KR)
テンプレートを表示

韓国鉄道施設公団(かんこくてつどうしせつこうだん)は、大韓民国鉄道施設の建設や管理を行っている公団。2005年1月1日付けで上下分離により鉄道庁が公社化された韓国鉄道公社の施設を保有している。

主に韓国の鉄道路線の建設などを行っていて、日本の鉄道建設・運輸施設整備支援機構に相当する。

本部は大田広域市にある。

概要[編集]

  • 組織形態:委託執行型準政府機関(公共機関の運営に関する法律の適用)
  • 本社:大田広域市東区中央路242
  • 組織:4本部 1室 5地域本部 1研究室
  • 人員:1,347人(2012年)

沿革[編集]

主な業務[編集]

  • 鉄道施設の建設・管理
    • 韓国鉄道施設公団は、大韓民国のほとんどの鉄道施設を建設し、管理する。
  • 鉄道施設に関する技術開発・管理・サポート
    • 韓国鉄道施設公団は、鉄道施設の技術開発、管理、サポートをしている。なおHSR-350xTTXなど一般的な鉄道技術の研究は、韓国鉄道技術研究院で進めている。

所属機関[編集]

  • 研究院

海外支社[編集]

  • 米国支社(T/F)
  • 中国支社(T/F)

地域本部[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  1. ^ a b 韓国鉄道施設公団の概要”. 韓国鉄道施設公団. 2015年11月22日閲覧。