機張郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
釜山広域市 機張郡
Haedong Yonggung Ttemple in Busan, South Korea.jpg
海東竜宮寺
位置
Busan Gijang-gun.svg
各種表記
ハングル: 기장군
漢字: 機張郡
片仮名転写: キジャン=グン
ローマ字転写 (RR): Gijang-gun
統計
面積: 217.9 km²
総人口: 80,438人(2007年12月末) 人
行政
国: 韓国の旗 大韓民国
上位自治体: 釜山広域市
下位行政区画: 2邑3面
機張郡の木: クロマツ
機張郡の花: ツツジ
機張郡の鳥: カモメ
自治体公式サイト: 機張郡
機張郡庁

機張郡(キジャンぐん)は、大韓民国釜山広域市の北東部にある

歴史[編集]

유래[編集]

기장의 원래이름은 갑화양곡(甲火良谷)이다. 갑향의 갑은 음독하여 갓[邊]과 통하는 것으로 보고 갓마을[邊城-변두리마을]이라 하기도 하고, 갑을 대(大)로 보고 ’큰마을’로 보기도 한다.

나중의 한자식 명칭인 기장(機張)은 두가지 유래설이 있는데 첫째는 ≪書經≫ 고우기장주(苦虞機張註)에 기(機)는 노아(弩牙)라 하고, 또 노기기장(弩機旣張)이라 하여 갑병으로 국토를 지키기 위하여 이곳 변방인 기장을 수비한데서 명칭이 유래되었다고 하고 둘째는 기장지역의 지형적 모습과 관련하여 현 기장읍의 소재지가 일광산을 배산으로 하여 베틀(機)을 차린(張) 형국이라는데서 유래된다고도 한다.

기장은 차성(車城)이라고도 불렸는데 차(車)는 정수리(首)를 뜻한다고 하여 해안과 접하는 군사상의 요충지로서의 의미를 가지고 있으므로, 기장을 차성으로 부르게 된 듯하다.

年表[編集]

  • 신라시대 갑화양곡현 이라 불렸다
  • 757年 기장현으로 개칭하였다
  • 1018年 울주(蔚州 : 현 울산광역시)의 속현이 되었다
  • 1304年 양주(梁州 : 현 양산시)의 속현이 되었다
  • 1391年 주현으로 승격하였다
  • 1599年 기장현이 폐지되어 남부지역은 동래현에, 북부지역은 울산도호부에 편입되었다
  • 1617年 기장현이 다시 설치되었다(울산에 편입된 지역 제외)
  • 1681年 울산에 편입된 지역이 기장현으로 환원되었다
  • 1895年 二十三府制により、東菜府と機張郡になる。
    • 邑内面、南面、東面、中北面、下西面、下北面、上西面、上北面
  • 1896年 - 慶向南道に編入された。
  • 1914年4月1日 - 東菜郡に編入された。邑内面と南面が機張面に、中北面南部と東面を日光面に、上北面と中北面北部が長安面に, 下西面北部と下北面が鼎冠面に、下西面南部と上西面が鉄馬面に統合され、旧機張郡域は東菜郡管轄の5面に統廃合。
  • 1963年1月1日 - 旧機張郡域を除く東菜郡全域が釜山直轄市に編入。このとき、機張面松亭里(現・海雲台区松亭洞)を釜山直轄市に編入。
  • 1973年7月1日 - 東菜郡廃止により、梁山郡に編入。
  • 1980年12月1日 - 機張面が機張邑に昇格。
  • 1985年10月1日 - 長安面が長安邑に昇格。
  • 1986年11月1日 - 旧機張郡域を管轄する梁山郡東部事務所を設置。
  • 1995年3月1日 - 慶尚南道梁山郡東部事務所に所属する機張邑・長安邑・日光面・鼎冠面・鉄馬面が梁山郡から分離し、釜山広域市機張郡が発足(2邑3面)。
  • 2009年7月1日 - 釜山広域市、自治体として初めて公企業である機張都市施設公団設立。
  • 2012年11月18日 - 기장역사테마파크着工
  • 2014年 - 韓国プロ野球殿堂着工

行政[編集]

行政区域図

2の行政邑、3の行政面からなる。

邑(行政邑)
  • 機張邑
  • 長安邑
面(行政面)
  • 鼎冠面
  • 鉄馬面
  • 日光面

警察[編集]

消防[編集]

  • 機張消防署(鼎冠面にある)
    • 鼎冠119安全センター(消防署と兼用)
    • 機張119安全センター

交通[編集]

鉄道[編集]

高速道路[編集]