慶州駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
慶州駅
Gyeongju Station 20191111 01.jpg
駅舎
경주
キョンジュ
Gyeongju
所在地 慶尚北道慶州市源花路 266
所属事業者 韓国鉄道公社
駅種別 廃駅
駅構造 地上駅
ホーム 島式 2面4線
開業年月日 1918年11月1日
廃止年月日 2021年12月28日
乗入路線
所属路線 中央線
キロ程 373.8 km(清凉里起点)
西慶州 (5.1 km)
所属路線 東海線東海南部線
キロ程 109.0 km(釜山鎮起点)
東方信号場 (6.5 km)
(5.1 km) 羅原
テンプレートを表示
慶州駅
各種表記
ハングル 경주역
漢字 慶州驛
発音 キョンジュヨク
日本語読み: けいしゅうえき
英語表記: Gyeongju Station
テンプレートを表示

慶州駅(キョンジュえき)は、大韓民国慶尚北道慶州市城東洞にかつて存在した韓国鉄道公社である。駅舎は鉄道記念物に、給水塔は準鉄道記念物に指定されており、廃止後も保存されている。

路線[編集]

駅周辺[編集]

歴史[編集]

年月日 出来事 出典
1918年11月1日 開業
1936年12月1日 蔚山駅(現太和江駅) - 慶州駅が標準軌に改軌。現駅舎竣工 [1]
1947年2月2日 5級駅に昇格
1971年9月10日 民需用無煙炭到着貨物取扱駅に指定 [2]
1974年3月15日 4級駅に昇格
1979年4月1日 セマウル号がソウル駅 - 慶州駅(当駅)で運行開始
1981年6月15日 民需用無煙炭到着貨物取扱駅指定解除 [3]
1989年10月22日 セマウル号運行区間がソウル駅 - 蔚山駅(現太和江駅)に延長
1993年5月1日 有料休憩室の営業開始 [4]
1995年7月1日 有料休憩室廃止 [5]
2002年10月15日 セマウル号 ソウル駅 - 浦項駅・蔚山駅 複合列車運行開始
2006年5月1日 小荷物取扱中止
2012年11月1日 セマウル号 ソウル駅 - 浦項駅・蔚山駅 複合列車運行中止 [6]
2016年12月30日 所属していた東海南部線が東海線に編入された
2018年11月1日 開業100周年
2021年12月28日 東海線新線切替により廃止。新慶州駅に機能移転

隣の駅[編集]

韓国鉄道公社
中央線
西慶州駅 - (隍城分岐所) - 慶州駅
東海線
仏国寺駅 - (東方信号場) - 慶州駅 - (隍城分岐所) - (羅原駅) - (青令駅) - (士方駅) - 安康駅

ギャラリー[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 朝鮮総督府 官報 告示第640号 (1936年11月18日)
  2. ^ 大韓民国 鉄道庁 告示第37号 (1971年9月9日)、同 第43号 (1975年12月29日)
  3. ^ 大韓民国 鉄道庁 告示第33号 (1981年6月13日)
  4. ^ 大韓民国 鉄道庁 告示第1993-19号 (1993年4月17日)
  5. ^ 大韓民国 鉄道庁 告示第1995-24号 (1995年6月17日)
  6. ^ 大韓民国 建設交通部 告示第2007-392号 (2007年9月28日)

関連項目[編集]