釜山交通公社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
釜山交通公社
Busan Transportation Corporation
種類 公企業
市場情報 非上場
本社所在地 韓国の旗 韓国
釜山広域市釜山鎮区中央大路644番キル20
設立 1988年7月1日
業種 陸運業
事業内容 地下鉄運営
代表者 박종흠 (社長)
資本金 4兆4392億4585万985ウォン(2014年)
売上高 2929億3784万2063ウォン(2014年)
従業員数 3,723人(2014年)
外部リンク http://www.humetro.busan.kr/default/main.do
テンプレートを表示
釜山交通公社
Busan Transportation Corporation.JPG
釜山交通公社本社
各種表記
ハングル 부산교통공사
漢字 釜山交通公社
発音 プサンギョトンゴンサ
日本語読み: ふざんこうつうこうしゃ
英語表記: Busan Transportation Corporation
テンプレートを表示
路線図(釜山-金海軽電鉄を含む)

釜山交通公社(プサンこうつうこうしゃ)は、大韓民国釜山広域市の都市鉄道(地下鉄)を運営している公社である。4つの路線を保有・運営している。2006年1月1日から社名を釜山交通公団から釜山交通公社へ変更した。

通称は釜山都市鉄道(案内上は「都市鉄道」と略される)、愛称は「Humetro(ヒューメトロ)」(HumanとMetroを組み合わせた造語)である。

路線[編集]

路線名称 区間 キロ程
  1号線 新平駅 - 老圃駅 32.5km
  2号線 萇山駅 - 梁山駅 45.2km
  3号線 水営駅 - 大渚駅 18.1km
  4号線 美南駅 - 安平駅 10.8km
  5号線(工事中) 沙上下端線 沙上駅 - 下端駅 6.9km

車両[編集]

すべて電車である(4号線のみ新交通システム)。

沿革[編集]

  • 1981年1月1日 - 釜山市地下鉄建設本部が開設
  • 1981年6月13日 - 1号線 ポムネゴル駅~老圃洞駅(現・老圃駅)間を着工
  • 1985年7月19日 - 1号線 梵魚寺駅~ポムネゴル駅間が開業
  • 1986年12月19日 - 1号線 梵魚寺駅~老圃洞駅(現・老圃駅)間が開業
  • 1987年5月15日 - 1号線 ポムネゴル駅~中央洞駅(現・中央駅)間が開業
  • 1987年11月28日 - 釜山交通公団法が制定・公布
  • 1988年5月19日 - 1号線 中央洞駅(現・中央駅)~土城洞駅(現・土城駅)間が開業
  • 1988年7月1日 - 釜山交通公団が創立
  • 1990年2月28日 - 1号線 土城洞駅(現・土城駅)~西大新洞駅(現・西大新駅)間が開業
  • 1991年11月28日 - 2号線 湖浦駅~西面駅間を着工
  • 1994年6月23日 - 1号線 西大新洞駅(現・西大新駅)~新平駅間が開業
  • 1997年11月 - 3号線 大渚駅~水営駅間を着工
  • 1998年1月20日 - 蓮堤駅が市庁駅に改称
  • 1999年6月30日 - 2号線 湖浦駅~西面駅間が開業
  • 2001年8月8日 - 2号線 西面駅~金蓮山駅間が開業
  • 2002年1月16日 - 2号線 金蓮山駅~広安駅間が開業
  • 2002年8月29日 - 2号線 広安駅~萇山駅間が開業
  • 2003年12月3日 - 4号線 美南駅~安平駅間を着工
  • 2005年7月13日 - 釜山交通公団法の廃止を公布
  • 2005年11月28日 - 3号線 大渚駅~水営駅間が開業
  • 2006年1月1日 - 釜山交通公社が設立
  • 2008年1月10日 - 2号線 湖浦駅~梁山駅間が開業
  • 2009年10月1日 - 2号線 釜山大梁山キャンパス駅が開業
  • 2009年11月20日 - 1号線 多大駅延長への起工式が多大浦海水浴場夕焼け噴水広場で開催
  • 2010年2月24日 - 16駅を改称 うち14駅は「洞」を削除、2駅は「前」を削除
  • 2011年3月30日 - 4号線 美南駅~安平駅間が開業
  • 2012年4月4日 - 列車進入チャイムをメロディに変更
  • 2014年1月 - 「仁川国際空港シャトルトレイン」を運行
  • 2014年12月5日 - 門田駅を国際金融センター・釜山銀行駅に改称
  • 2015年9月24日 - 2号線 甑山駅が開業

乗車カード[編集]

カード販売・チャージ機

ロッテグループのEB CARDが発行する非接触ICカード「cashbee(キャッシュビー(韓国読みではケシビー))」が利用できる。「マイビーカード」「ハナロカード」を統合した。NTTドコモauが展開する「モバイルcashbee」(交通対応機種用)は、当区間には2015年9月現在、未対応。カードの購入・チャージ機は、韓国語のほか、英語、中国語、日本語に対応している。また釜山-金海軽電鉄でも利用でき、乗継割引が適用される。さらにソウルメトロなどで利用できる「T-money」も使用可能で、乗継割引・チャージ共に対応している。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]