韓国鉄道公社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
한국철도공사
韓國鐵道公社
Korea Railroad Corporation
Korail logo.svg
Korea Railroad Crop.jpg
韓国鉄道公社本社ビル(大田広域市東区
種類 公企業
略称 KORAIL
本社所在地 韓国の旗 大韓民国
大田広域市東区蘇堤洞 293-74番地
設立 1899年9月13日
業種 陸運業
事業内容 旅客鉄道事業 他
資本金 8兆1489億ウォン(2005年
9兆3051億ウォン(2006年
主要株主 大韓民国政府など
主要子会社 韓国鉄道流通
KORAILネットワークス
KORAILサービスネット
KORAILツアーサービス
KORVANS
関係する人物 チョン・ジャン・ヨン
外部リンク 韓国鉄道公社(韓国語)
テンプレートを表示
韓国鉄道公社
各種表記
ハングル 한국철도공사
漢字 韓國鐵道公社
発音 ハングクチョルトゴンサ
日本語読み: かんこくてつどうこうしゃ
2000年式
MR式
英語案内:
Hanguk Cheoldo Gongsa
Han'guk Ch'ŏlto Kongsa
Korea Railroad Corporation (KORAIL)
テンプレートを表示
KTXのチケット。コリアレールパス使用のため、料金が0ウォンになっている。2013年5月1日乗車
ムグンファ号のチケット。コリアレールパス使用のため、料金が0ウォンになっている。2013年5月2日乗車

韓国鉄道公社(かんこくてつどうこうしゃ、: Korea Railroad Corporation)は、大韓民国鉄道を運営している鉄道運営公社である。本社大田広域市にある。社長は鄭昌永(ジョン・チャンヨン)。愛称は、英称から KORAIL코레일(コレイル)

韓国の鉄道は、1963年から2004年まで鉄道庁が運営していたが、2005年1月1日付けで上下分離とともに公社化された(施設所有は韓国鉄道施設公団)。

旅客列車貨物列車のほか、韓国高速鉄道(KTX)や広域電鉄の運行、更には鉄道博物館の運営も行っている。

設立の根拠[編集]

  • 韓国鉄道公社法[1]

組織[編集]

  • 本社:6本部8室4段64処[2]
  • 所属機関(現業):12地域本部、20附属機関
  • 従業員数:27,981人(駅21.6%、乗務24.9%、車両16.9%、施設14.3%、電気10.1%、サポート12.2%)[3]


理事会[編集]

  • 監査委員会
    • 常任監査委員
      • 監査室 - 監査企画処、行政監査処、経営監査処、監察調査処

社長[編集]

  • 秘書室
  • 安全室 - 安全計画処、安全支援処、安全調査処
  • 広報文化室 - 言論広報処、文化広報処

副社長[編集]

  • 運送企画処
  • 旅客本部 - 旅客計画処、旅客マーケティング処、営業支援処、旅客輸送処、駅運営処
  • 広域鉄道本部 - 広域計画処、広域営業処、広域輸送処
  • 物流本部 - 物流計画処、物流営業処、物流開発処、物流輸送車両処
  • 技術本部 - 技術企画処
    • 車両技術段 - 車両計画処、高速車両処、一般車両処、電動車両処
    • 施設技術段 - 施設計画処、線路管理処、土木施設処、建築施設処
    • 電気技術段 - 電気計画処、電鉄処、情報通信処、信号制御処
  • 人事労務室 - 総務処、人事企画処、人事運営処、労使協力処、福祉厚生処
  • 輸送調整室 - 列車計画処、管制処、非常計画処
  • 海外事業段 - 国際協力処、海外事業開発処

経営総括本部長[編集]

  • 事業開発本部 - 事業企画処、駅舎開発処
  • 企画調整室 - 経営管理処、戦略企画処、予算処、情報企画処、法務処、環境経営処
  • 経営革新室 - 創意革新処、顧客サービス処、成果管理処
  • 財務管理室 - 財務会計処、資金コスト処、資材管理処、契約処

地域本部[編集]

車両整備段[編集]

  • 首都圏鉄道車両整備団
  • 大田鉄道車両整備団
    • 所在地:大田広域市大徳区桜キル150
  • 釜山鉄道車両整備団

所属機関及び海外駐在[編集]

  • 慶州高速鉄道施設・電気事務所
    • 所在地:慶尚北道慶州市乾川邑新慶州駅路80
  • ソウル情報通信事務所
    • 所在地:ソウル特別市龍山区漢江大路21ナギル7 鉄道会館8階
  • 施設設備事務所
    • 所在地:大田広域市大徳区坪村2キル59
  • 研究院
    • 所在地:大田広域市東区中央路240
  • 五松高速鉄道施設・電気事務所
  • 人材開発院
    • 所在地:京畿道義王市鉄道博物館路157
  • 情報技術団
    • 所在地:ソウル特別市中区青坡路432 鉄道ビル
  • 鉄道交通管制センター
    • 所在地:ソウル特別市九老区九一路8キル150
  • 会計統合センター
    • 所在地:大田広域市東区中央路240 韓国鉄道公社9階
  • フランス駐在

沿革[編集]

経営[編集]

鉄道庁から鉄道事業を継承し運営している(施設所有は韓国鉄道施設公団)。鉄道経営は、発足当初から2013年に至るまで一貫して赤字となっている。2013年には龍山の開発事業(龍山ドリームハブ)が債務不履行の状態となり(その後、破綻、事業精算)、非常経営体制を発足させた[4]

運行形態[編集]

ソウル特別市近郊の首都圏では、通勤輸送のため広域電鉄を運行している。首都圏を除くほとんどの一般路線では、高速鉄道KTXのほか、ITX-セマウルやムグンファ号などの列車が運行されている。なお、KTXおよび広域電鉄以外の旅客列車を総称して「一般列車」と呼ぶことがある。

韓国の優等列車は、行き先別に愛称が分かれるのではなく、種別ごとに分かれている。よって、日本のように特急や急行といった種別は正式に使用されていないが、全ての列車に列車名がついている。

いわゆる「鈍行列車」としては通勤列車がこれにあたるが、通勤列車は京元線の一部区間のみの運行であり、殆どの路線ではムグンファ号が実質的に鈍行列車の役割を持つ。ただし、ムグンファ号も全ての駅に停車するものはないため、全列車が通過する「旅客扱いのない駅」も少なくない。

一方、広域電鉄には急行が運行されている。

列車種別[編集]

一般路線[編集]

  • KTX - 高速線を使用して京釜線湖南線全羅線を走る最速達列車。
  • ITX-青春 - 在来線の最速・最高級列車。368000系電車を用いて京春線で運行されている[5]
  • ITX-セマウル - 2014年5月12日から運行開始した電車特急。セマウル号の代替として登場した。
  • セマウル号 - かつての在来線の最速・最高級列車。JRの特急に相当[6]。ITX-セマウルへの置き換えが進み、2015年4月2日以降は京釜線・長項線龍山 - 益山間でのみ運行。
  • ヌリロ号 - 2009年6月からソウル - 新昌間で運行を開始した新種別。セマウル号の補完列車でJRの急行に相当[6]200000系電車を使用。運賃はムグンファ号運賃を適用。
  • ムグンファ号 - セマウル号の補完列車でJRの急行に相当[6]。旅客列車が運行する一般路線のほとんどを走行する。
  • 通勤列車 - 各駅停車。現在は京元線の東豆川 - 白馬高地間でのみ運行。

観光列車[編集]

  • ヘラン - 2008年運行開始。個室寝台車を連結するツアー専用列車。
  • O-Train(中部内陸循環列車) - 中部内陸圏・白頭大幹への観光列車。ソウル駅から堤川、太白を経由して栄州へ運行されている。
  • V-Train(白頭大幹峡谷列車) - O-Trainを補完し白頭大幹の渓谷区間を往復する列車。栄州より嶺東線で鉄岩に向かった後、鉄岩〜汾川間を2往復し、栄州に戻る。
  • S-Train(南道海洋観光列車) - 全羅南道慶尚南道地域の観光列車。釜山〜宝城間運行、ソウル〜麗水エキスポ間運行の2編成が運転される。
  • A-Train(旌善アリラン列車) - 一般列車の運行が終了した旌善線に向かう列車。清凉里よりアウラジに向かい、アウラジ〜ミンドゥンサン間を1往復し、清凉里に戻る。
  • G-Train(西海金光列車・West Gold Train) - 長項線に向かう列車。オンドル足湯設備がある[7]。ソウル〜益山間で運行。
  • DMZ-train(平和列車) - 南北の非武装地帯への観光列車。京義線ソウル〜都羅山運行、京元線ソウル〜白馬高地間運行の2編成がある。終点で、非武装地帯を観光するバスと連絡する。

広域電鉄[編集]

廃止された種別[編集]

路線一覧[編集]

高速鉄道路線[編集]

一般旅客路線[編集]

広域電鉄路線[編集]

1号線[編集]

3号線[編集]

4号線[編集]

京義・中央線[編集]

盆唐線[編集]

水仁線[編集]

京春線[編集]

貨物路線[編集]

休止・廃止路線[編集]

駅の種別[編集]

日本でいう駅員配置の有人駅の普通駅は大きな駅で、等級も付けられている。 地域管理駅は有人駅。

簡易な駅としては駅員配置の配置簡易駅運転簡易駅、日本の無人駅に相当する無配置簡易駅、そして簡易委託駅乙種乗車券発売所の4つがある。

日本の仮乗降場臨時駅に相当する駅は臨時乗降場と呼ばれる。

また、日本の信号場に相当する、信号場および信号所も存在する。韓国ではこれらも「駅」と呼ばれることが多いが、日本と同様、基本的に旅客営業は行っていない。

食事サービス[編集]

日本のような駅弁は存在せず、コンビニ弁当タイプの弁当やサンドイッチKTXの停車駅で売られている。 また、近年釜山駅では「寿司(チョパプ)」も販売されている。

車内販売ではキムパプやお菓子等を発売しており、KTXにはお菓子や飲み物の自動販売機が設置されている。

セマウル号と一部のムグンファ号には食堂車が連結されている列車があった。セマウル号は京釜線系統と湖南線系統の大半の列車、ムグンファ号は京釜線ソウル駅~釜山駅間の朝夕の便4往復にのみ連結されていた。

食堂車の運営業者は、当初は鉄道庁の直営であったが、1983年6月からはソウルプラザホテルが運営していた。同ホテルは2004年3月に撤退し、2004年4月からはアシアナ航空の機内食も調整するランチベル社が運営していた。以前は食堂車従業員は2人乗務だったが、その後1人乗務に変わっている。運営会社が変わり、食事メニューは弁当(トシラク)中心となっていた。

2008年9月をもって、一般列車の食堂車の営業が終了し、現在は軽食販売・ネットカフェ設置の「カフェ客車」に改造されて運用されている。なお、セマウル号の後継であるITX-セマウルには、カフェ客車に相当する設備はない。

KTX-Iには当初から食堂車は連結されておらず、前述の車内販売や自動販売機に限られていたが、KTX-山川にはスナックバーコーナーが設置されている。

なお、豪華クルーズ列車ヘランには食堂車が連結されているが、こちらも厨房を装備しておらず、車内での供食は弁当類に限られる。

車両一覧[編集]

太字の車両は現在営業運転に就いている車両。

KTX[編集]

電気機関車[編集]

ディーゼル機関車[編集]

  • 2000形
  • 2100形
  • 3000形
  • 3200形
  • 4000形
  • 4100形
  • 4200形
  • 4300形
  • 4400形 - 入換用機関車として新造された国産車。貨物牽引や短距離列車の牽引も行う。
  • 5000形 - EMD SD9形ディーゼル機関車
  • 6000形 - EMD SD18形ディーゼル機関車
  • 6100形
  • 6200形
  • 6300形 - 初代7000形。客車牽引機の近代化のためにアメリカGMCから導入した。
  • 7000形 - 国産の片運転台機関車。独特な風貌が特徴。客車への電力供給を可能とした。
  • 7100形 - アメリカGMC製の貨物牽引用大型機関車。「特大型」と呼ばれる。
  • 7200形 - 特大型7100形の歯車比を変更し、客車牽引用へ変更したもの。
  • 7300形 - 現代精工製の客車牽引用国産車。外観は7500形と同一。
  • 7400形 - 7300形を基本に運転操作および検査修繕改良のため計器類などが改良されたもの。
  • 7500形 - 7100形に続いて導入した客車牽引用機関車。外観は7100形と同一だが歯車比など違いも多い。

蒸気機関車[編集]

電車(電動車、電気動車)[編集]

気動車(ディーゼル動車)[編集]

客車[編集]

不祥事[編集]

2012年6月、韓国鉄道公社は、自社が「鉄道の安全性と定時運行率は世界1位」という統計をまとめた。しかし、国土海洋部韓国高速鉄道で事故が頻発していることなどから調査を行ったところ、例えば2010年には脱線事故が4件、踏切事故が17件発生したにもかかわらず、韓国鉄道公社は脱線事故0件、踏切事故8件と報告しているなど、統計が自社に都合よく誇張・歪曲している事が発覚した[10]。これに関しては、韓国の国土交通部による鉄道民営化のための世論操作ではないかという疑惑も出ている[11]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 제1조(목적) 이 법은 한국철도공사를 설립하여 철도 운영의 전문성과 효율성을 높임으로써 철도산업과 국민경제의 발전에 이바지함을 목적으로 한다.
    この法は韓国鉄道公社を設立し鉄道の運営の専門性の効率性を高めて鉄道産業と国民の経済の発展に資することを目的になる。
  2. ^ KORAIL組織図2015年8月15日閲覧
  3. ^ [1]2015年8月14日閲覧。
  4. ^ “韓国鉄道公社、竜山開発事業で最大の危機に”. 中央日報. (2013年3月15日). http://japanese.joins.com/article/426/169426.html 2013年3月16日閲覧。 
  5. ^ 京春線の準高速鉄道 「ITX-青春」 韓国観光公社
  6. ^ a b c ソウルから地方への行き方~鉄道編~ - コネスト
  7. ^ 西海岸を疾走する金色の列車 「西海金光列車」が開通 2015年2月2日 コリアネット
  8. ^ 電気車研究会『鉄道ピクトリアル』No.649 p.5
  9. ^ 鉄道大邱広域市西区ホームページ
  10. ^ “韓国の鉄道、「世界一安全」はうそだった”. 朝鮮日報. (2012年12月26日). http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2012/12/26/2012122600971.html 
  11. ^ <http://www.vop.co.kr/A00000713911.html 民重の音> 光州市民社会 強奪免許発行、鉄道労組弾圧 を糾弾
[ヘルプ]

外部リンク[編集]