釜山-金海軽電鉄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
釜山-金海軽電鉄
釜山-金海軽電鉄の車両(空港駅にて撮影)
釜山-金海軽電鉄の車両
空港駅にて撮影)
基本情報
大韓民国の旗 韓国
所在地 釜山広域市慶尚南道金海市
種類 空港連絡鉄道
路線網 釜山都市鉄道
起点 沙上駅
終点 加耶大駅
駅数 21駅
開業 2011年9月17日
所有者 釜山広域市金海市
運営者 釜山-金海軽電鉄運営株式会社(2011年 - 2017年)
釜山-金海軽電鉄株式会社(2017年 -)
車両基地 新明車両基地韓国語版
路線諸元
軌間 1,435mm
複線区間 全線
電化区間 全線
電化方式 第三軌条方式直流750V
保安装置 自動列車制御装置ATO(自動運転)
最高速度 80km/h(営業時70km/h)
テンプレートを表示
釜山-金海軽電鉄
各種表記
ハングル 부산-김해 경전철
漢字 釜山-金海輕電鐵
発音 プサン-キメキョンジョンチョル
日本語読み: ふさん-きんかいけいでんてつ
英語 Busan-Gimhae Light Rail Transit
テンプレートを表示

釜山-金海軽電鉄(プサン-キメけいでんてつ、ハングル:부산-김해경전철、:Busan Gimhae Light Rail Transit、略称:BGL)は、大韓民国釜山広域市沙上区にある沙上駅から慶尚南道金海市にある加耶大駅までを結ぶ、釜山-金海軽電鉄株式会社が運営するライトレール鉄道路線である。

路線図や乗り換え案内で使用されるラインカラーは」。

本項では運営事業者である釜山-金海軽電鉄株式会社と、過去の運営事業者である釜山-金海軽電鉄運営株式会社についても記述する。

概要[編集]

釜山都市鉄道ネットワークを構成する路線の一つで、釜山広域市金海市を結ぶ。全線が高架で建設された。途中に金海国際空港の最寄り駅である空港駅があることから、空港連絡鉄道としての役割も担っている。

起点の沙上駅釜山交通公社2号線に、途中の大渚駅で同3号線に連絡する。運賃は既存の釜山交通公社各線とは別体系となっていることから、釜山交通公社各線の乗車券と本路線の乗車券を相互に使用することはできず、乗り継ぎ割引は交通カード使用時に限り適用される。

当初は2011年4月に開通予定[1]だったが、安全性の問題などで数回延期[2]された後、同年9月17日に開通した(開通式は同月16日)[3]

沿革[編集]

車両[編集]

駅一覧[編集]

駅番号 駅名 駅間キロ (km) 累計キロ (km) 接続路線 所在地
日本語 ハングル 英語
1 沙上駅 사상역 Sasang 0.0 0.0 釜山交通公社2号線 (227)、沙上下端線 (501・建設中)
韓国鉄道公社広域電鉄慶全線(建設中)
釜山広域市 沙上区
2 掛法ルネシテ駅
(江辺公園)
괘법르네시떼역
(강변공원)
Gwaebeop Renecite 0.8 0.8  
3 西釜山流通地区駅
(錦湖マウル)
서부산유통지구역
(금호마을)
Seobusan Yutongjigu 2.3 3.1 韓国鉄道公社:広域電鉄慶全線(金海空港駅・建設中) 江西区
4 空港駅 공항역 Gimhae Int'l Airport 0.9 4.0  
5 徳斗駅 덕두역 Deokdu 1.3 5.3  
6 登亀駅 등구역 Deunggu 1.9 7.2  
7 大渚駅 대저역 Daejeo 2.0 9.2 釜山交通公社:3号線 (317)
8 平江駅 평강역 Pyeonggang 1.0 10.2  
9 大沙駅 대사역 Daesa 1.2 11.4  
10 仏岩駅 불암역 Buram 1.1 12.5   慶尚南道 金海市
11 池内駅 지내역 Jinae 0.7 13.2  
12 金海大学駅
(安洞)
김해대학역
(안동)
Gimhae College 0.8 14.0  
13 仁済大駅
(活川)
인제대역
(활천)
Inje Univ. 1.3 15.3  
14 金海市庁駅 김해시청역 Gimhae City Hall 1.0 16.3  
15 府院駅 부원역 Buwon 0.6 16.9  
16 鳳凰駅
(金海旅客ターミナル)
봉황역
(김해여객터미널)
Bonghwang 1.0 17.9  
17 首露王陵駅
(金海保健所)
수로왕릉역
(김해보건소)
Royal Tomb of King Suro 0.7 18.6  
18 博物館駅 박물관역 Gimhae National Museum 0.8 19.4  
19 蓮池公園駅 연지공원역 Yeonji Park 1.1 20.5  
20 長神大駅
(花停)
장신대역
(화정)
Presbyterian Univ. 1.2 21.7  
21 加耶大駅
(三渓)
가야대역
(삼계)
Kaya Univ. 0.9 22.6  

本路線の運営事業者[編集]

釜山-金海軽電鉄株式会社[編集]

釜山-金海軽電鉄株式会社[13]
Busan-Gimhae Light Rail Transit Co., Ltd.[14]
種類 株式会社
略称 BGL
本社所在地 大韓民国の旗 韓国
慶尚南道金海市生林大路38[15]
設立 2003年1月13日[4]
業種 運輸業
代表者 イ・ハンウン[13]
主要子会社 釜山-金海軽電鉄運営株式会社
外部リンク http://www.bglrt.com/main.web
テンプレートを表示
釜山-金海軽電鉄株式会社
各種表記
ハングル 부산-김해경전철주식회사
漢字 釜山-金海輕電鐵株式会社
発音 プサン-キメキョンジョンチョルチュシクェサ
日本語読み: ふさん-きんかいけいでんてつかぶしきかいしゃ
英語 Busan-Gimhae Light Rail Transit Co., Ltd.
テンプレートを表示

釜山-金海軽電鉄株式会社[13](プサン-キメキョンジョンチョル、ハングル:부산-김해경전철주식회사[13]:Busan-Gimhae Light Rail Transit Co., Ltd.[14])は、釜山-金海軽電鉄(鉄道路線)を運営する大韓民国鉄道事業者である。会社を設立した当初の目的は路線の建設と保有であったが、後に路線の運営も担うこととなった。

沿革[編集]

  • 2003年1月13日 - 会社設立[4]
  • 2012年9月17日 - 公式ウェブサイトを開設[4]
  • 2017年4月17日 - 施工の(旧)釜山-金海軽電鉄株式会社(BGL)、運営の釜山-金海軽電鉄運営株式会社(BGM)、路線保守のVITZRO C&C コンソーシアム(BGT)が統合し、(新)釜山-金海軽電鉄株式会社(BGL)が発足[16]。これにより路線の運営は直営化された。


釜山-金海軽電鉄運営株式会社[編集]

釜山-金海軽電鉄運営株式会社
Busan-Gimhae Light Rail Transit Operation Co., Ltd.
種類 株式会社
略称 B&G Metro
本社所在地 大韓民国の旗 韓国
慶尚南道金海市生林大路38
設立 2010年2月2日
業種 運輸業
従業員数 125人
主要株主 ソウルメトロ釜山交通公社金海市
特記事項:出典:[1]
テンプレートを表示
釜山-金海軽電鉄運営株式会社
各種表記
ハングル 부산-김해경전철운영주식회사
漢字 釜山-金海輕電鐵運營株式会社
発音 プサン-キメキョンジョンチョルウニョンチュシクェサ
日本語読み: ふさん-きんかいけいでんてつうんえいかぶしきかいしゃ
英語 Busan-Gimhae Light Rail Transit Operation Co., Ltd.
テンプレートを表示

釜山-金海軽電鉄運営株式会社(プサン-キメキョンジョンチョルウニョン、ハングル:부산-김해경전철운영、英:Busan-Gimhae Light Rail Transit Operation Co., Ltd.)は、過去に釜山-金海軽電鉄(鉄道路線)を運営していた大韓民国鉄道事業者である。ソウルメトロ(現:ソウル交通公社)と釜山交通公社、および金海市の共同出資で設立された。愛称はB&G Metroであった。

沿革[編集]

  • 2月2日 - 設立[17]
  • 7月19日 - 保守契約をビチュロシス(VITZRO SYS)社と締結。軌道保守などをその子会社ビチュロC&C社が担う[18][19]
  • 2017年4月17日 - 釜山-金海軽電鉄株式会社へ統合されて解散。


関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ “부산~김해 경전철 7월 1일 개통(釜山~金海軽電鉄7月1日開通)”. 釜山日報. (2011年4月25日). http://news20.busan.com/news/newsController.jsp?sectionId=1010010000&subSectionId=1010010000&newsId=20110425000071 2012年3月1日閲覧。 
  2. ^ “부산~김해 경전철 언제 출발 하능교?”. 釜山日報. (2011年7月1日). http://news20.busan.com/news/newsController.jsp?sectionId=1010010000&subSectionId=1010010000&newsId=20110701000043 2012年3月1日閲覧。 
  3. ^ 釜山~金海間のライトレール開通、金海国際空港も経由 連合ニュース2011年9月9日17時49分配信(2011年9月16日閲覧)
  4. ^ a b c d e (朝鮮語)연혁(沿革) 釜山-金海軽電鉄公式ウェブサイト 2018年8月19日閲覧
  5. ^ (朝鮮語)<고침> 지방(부산-김해 경전철 시험운행 시작) 2009年11月26日 聯合ニュース/Naver
  6. ^ (朝鮮語)부산-김해경전철, 김해구간 역사명 확정 2009年11月27日 ノーカットニュース
  7. ^ (朝鮮語)부산∼김해 경전철 부산구간 역명 확정 2009年12月17日 聯合ニュース/Naver
  8. ^ (朝鮮語)서울메트로, 부산-김해 경전철사업자로 선정 2009年12月21日 ノーカットニュース
  9. ^ (朝鮮語)부산∼김해 경전철 시험운행..내년 4월 개통2010年3月30日 聯合ニュース
  10. ^ (朝鮮語)줄줄 비새는 부산-김해경전철, 7월말 개통도 불투명 2011年7月1日 ノーカットニュース
  11. ^ (朝鮮語)부산~김해 경전철, 소음 문제로 월말 개통 또 연기 2011年7月20日 京郷新聞
  12. ^ a b (朝鮮語)부산∼김해 경전철 9월 9일 개통 8일간 무료시승… 국내 최초 무인 자동방식 운행 2011年9月8日 国民日報
  13. ^ a b c d (朝鮮語)CEO인사말(CEOのご挨拶) 釜山-金海軽電鉄公式ウェブサイト 2018年8月19日閲覧
  14. ^ a b (英語)CEO’s Greetings(CEOのご挨拶) 釜山-金海軽電鉄公式ウェブサイト 2018年8月19日閲覧
  15. ^ (朝鮮語)찾아오시는길 釜山-金海軽電鉄公式ウェブサイト 2018年8月19日閲覧
  16. ^ (朝鮮語)부산·김해경전철 3社 통합 직영 '뉴 BGL' 출범 2017年4月17日 聯合ニュース
  17. ^ (朝鮮語)부산김해경전철운영(주) サラミン
  18. ^ (朝鮮語)비츠로시스, 부산-김해 경전철 유지보수 계약 2010年7月19日 朝鮮日報
  19. ^ (朝鮮語)부산-김해간 경량전철건설 민간투자사업 유지보수 도급계약 2010年7月20日 ビチュロシス社公式

外部リンク[編集]