蔚州郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:郡庁の建物外観の画像提供をお願いします。2013年1月
蔚山広域市 蔚州郡
Ulsan Petroglyph Museum2.JPG
蔚山岩刻画博物館
位置
Ulju-gun ULSAN.PNG
各種表記
ハングル: 울주군
漢字: 蔚州郡
片仮名転写: ウルチュ=グン
ローマ字転写 (RR): Ulju-gun
統計
面積: 757.4 km²
総人口: 222,710人(2014年12月末) 人
行政
国: 韓国の旗 大韓民国
上位自治体: 蔚山広域市
下位行政区画: 4邑8面

蔚州郡(ウルチュぐん、ウルジュぐん)は、大韓民国蔚山広域市南西部に位置するである。郡庁は郡内ではなく、蔚山広域市南区にある。

行政[編集]

行政区域[編集]

  • 温山邑(オンサン=ウプ) (온산읍)
  • 彦陽邑(オニャン=ウプ) (언양읍)
  • 温陽邑(オニャン=ウプ) (온양읍)
  • 凡西邑(ポムソ=ウプ) (범서읍)
  • 西生面(ソセン=ミョン) (서생면)
  • 青良面(チョンニャン=ミョン) (청량면)
  • 熊村面(ウンチョン=ミョン) (웅촌면)
  • 斗東面(トゥドン=ミョン) (두동면)
  • 斗西面(トゥソ=ミョン) (두서면)
  • 上北面(サンブン=ミョン) (상북면)
  • 三南面(サムナム=ミョン) (삼남면)
  • 三同面(サムドン=ミョン) (삼동면)

警察[編集]

消防[編集]

歴史[編集]

蔚山郡(蔚州郡)[編集]

  • 1914年3月1日 - 郡面併合により、蔚山郡・彦陽郡が合併し、蔚山郡が発足。蔚山郡に以下の面が成立(25面)。
    • 上府面・下府面・内廂面・江東面・東面・農東面・農西面・北面・南面・内面・凡西面・青良面・温山面・温南面・温北面・西生面・熊村面・斗東面・斗西面・上北面・中北面・下北面・上南面・中南面・三同面
  • 1914年4月1日 (19面)
    • 上府面・内面が合併し、府内面が発足。
    • 下府面・内廂面が合併し、下廂面が発足。
    • 農東面・農西面が合併し、農所面が発足。
    • 北面・南面が合併し、大面が発足。
    • 温南面・温北面が合併し、温陽面が発足。
    • 上北面・中北面が合併し、彦陽面が発足。
  • 1917年10月1日 - 府内面が蔚山面に改称(19面)。
  • 1928年4月1日 - 上南面・下北面が合併し上北面が発足(18面)。
  • 1931年4月1日 - 東面が方魚津面に改称(18面)。
  • 1931年11月1日 - 蔚山面が蔚山邑に昇格(1邑17面)。
  • 1933年1月1日 - 三同面・中南面が合併し、三南面が発足(1邑16面)。
  • 1936年7月1日 - 方魚津面が方魚津邑に昇格(2邑15面)。
  • 1945年4月1日 - 大面が蔚山邑に編入(2邑14面)。
  • 1946年6月1日 - 蔚山邑の一部が分立し、大面が発足(2邑15面)。
  • 1962年6月1日(13面)
    • 蔚山邑・方魚津邑・大面・下廂面および青良面・凡西面・農所面の各一部が合併し、蔚山市となり、郡より離脱。
    • 蔚山郡が蔚州郡に改称。
  • 1963年1月1日 - 西生面が東莱郡に編入(12面)。
  • 1983年2月15日 - 梁山郡西生面を編入(13面)。
  • 1989年4月1日 - 三南面の一部が分立し、三同面が発足(14面)。
  • 1991年1月1日 - 蔚州郡が蔚山郡に改称(14面)。
  • 1995年1月1日 - 蔚山郡が蔚山市と合併し、蔚山市が発足。蔚山郡消滅。旧郡域は蔚山市蔚州区となる。

蔚山市蔚州区[編集]

  • 1995年1月1日 - 蔚山市と蔚山郡の合併と共に、旧蔚山郡は蔚山市蔚州区となる。
  • 1995年3月2日 - 農所面が農所邑に昇格(1邑13面)。
  • 1996年2月1日 (3邑11面)
    • 温山面が温山邑に昇格。
    • 彦陽面が彦陽邑に昇格。

蔚州郡(1997年~)[編集]

  • 1997年7月15日 - 慶尚南道蔚山市蔚州区が郡制施行し、蔚山広域市蔚州郡となる(2邑10面)。
    • 農所邑・江東面が中区の一部と合併し、北区となる。
  • 2001年3月1日(4邑8面)
    • 温陽面が温陽邑に昇格。
    • 凡西面が凡西邑に昇格。

交通[編集]

鉄道[編集]

高速道路[編集]

観光[編集]

外部リンク[編集]