新海雲台駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
新海雲台駅
駅入口
駅入口
신해운대
シンヘウンデ
Sinhaeundae
K119 BEXCO (4.5km)
(2.9km) 松亭 K121
所在地 釜山広域市海雲台区萇山路427
位置座標
駅番号 K120
所属事業者 韓国鉄道公社(KORAIL)
駅種別 普通駅
駅等級 3級
所属路線 東海電鉄線
キロ程 19.9km(釜山鎮起点)
駅構造 半地下駅
ホーム 2面4線
開業年月日 1934年7月16日
新海雲台駅
各種表記
ハングル 신해운대역
漢字 新海雲臺驛
片仮名
(現地語読み仮名)
シネウンデヨク
英語 Sinhaeundae Station
テンプレートを表示

新海雲台駅(シンヘウンデえき)は、大韓民国釜山広域市海雲台区佐洞152番地にある韓国鉄道公社(KORAIL)東海線(旧東海南部線)の駅である。

駅構造[編集]

のりば[編集]

1 東海線 釜田ソウル方面
2 広域電鉄 釜田方面
3 広域電鉄 日光方面
4 東海線 太和江慶州方面


駅周辺[編集]

  • 国軍釜山病院
  • 上党初等学校
  • 上党中学校
  • 養雲高等学校
  • 釜山広域市海雲台教育支援庁
  • 佐洞初等学校
  • 海雲台図書館
  • 佐4洞住民センター
  • 佐洞地区隊

歴史[編集]

  • 4月29日 - 国土交通部告示により新海雲台駅(英語表記はShin-Haeunde)に改称、また路線も東海線に編入(施行は広域電鉄開業時)。[1]
  • 12月9日 - ダイヤ改正で釜田駅経由・ソウル直通のITX-セマウル運行開始。
  • 12月29日 - 当駅で広域電鉄開業式典[2]
  • 12月30日 - 新海雲台駅へ正式改称とともに距離変更(釜山鎮起点19.9km)、東海電鉄線運行開始。センタム駅との間にBEXCO駅が開業[1]
  • 2017年12月18日 - 国土交通部、第2016年-224号での英語表記変更告示(Shin-Haeundae→Sinhaeundae)。これにより開業後のKorailの表記を追認する形となった[3]

隣の駅[編集]

韓国鉄道公社
東海線(旧東海南部線)
ITX-セマウル
釜田駅 - 新海雲台駅
ムグンファ号
センタム駅 - 新海雲台駅 - 機張駅
広域電鉄東海線
BEXCO駅 - 新海雲台駅 - 松亭駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b (朝鮮語)国土交通部による路線距離告示(第2016-224号)官報第18750号2016年4月29日(金) Archived 2017年3月5日, at the Wayback Machine.
  2. ^ (朝鮮語)동해남부선 부전~일광 30일 개통2016年12月19日,国際新聞
  3. ^ (朝鮮語)第19155号 (PDF)”. 大韓民国電子官報. p. 43 (2017年12月18日). 2017年12月18日閲覧。 (オレンジ色のアイコン)国土交通部告示第2017-839号(鉄道走行距離変更)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]