ポンペイ州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ポンペイ州
Pohnpei state

ポンペイ州の地図
座標: 北緯6度51分 東経158度13分 / 北緯6.850度 東経158.217度 / 6.850; 158.217
ミクロネシア連邦
行政
 - Governor of Pohnpei John Ehsa (since 2008)
面積
 - 計 345km2 (133.2mi2)
人口
 - 計 34,685人
ISO 3166コード FM-PNI

ポンペイ州: Pohnpei state)は、ミクロネシア連邦の4つの州(ヤップ州チューク州、ポンペイ州、コスラエ州)の1つである。州の中心は、ポンペイ島(旧称:ポナペ島)であり、州都はコロニア。人口はチューク州よりも少ないもののミクロネシア連邦の首都パリキールが存在している。

歴史[編集]

戦後、太平洋諸島信託統治領としてアメリカ合衆国に統治されていた。当時は、コスラエ州もポンペイ州の一部だったが、後に別々になった。

地理[編集]

ポンペイ州は、太平洋中西部にあり、カロリン諸島の東部、ホノルルマニラのだいたい中間に位置する。

ポンペイ島以外で同州に属す主な島や環礁は次の通り。

ポンペイ州の面積は、約345平方キロメートル。最高峰は、ポンペイ島のナーナラウト山(798m)。カピンガマランギ環礁はミクロネシア連邦最南の島である。