本間善庫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
本間善庫

本間 善庫(ほんま ぜんこ、1885年明治18年)10月22日[1] - 1960年昭和35年)11月17日[2])は、台湾総督府官僚福島県郡山市長

経歴[編集]

福島県安達郡本宮町(現在の本宮市)出身[3]1911年(明治44年)に東京帝国大学法科大学政治科を卒業した[4]愛知県属、同警視、同幡豆郡[1]を務め、台湾総督府警視に転じた[4]。その後台中州警務部長、台北州警務部長、新竹州内務部長、台湾総督府内務局地方課長、澎湖庁長、台東庁長、台湾総督府交通局理事を歴任した[4]

退官後は財団法人拓殖奨励館参事、台湾青果株式会社常務取締役、同相談役、台湾協会常務理事、台湾製塩株式会社監査役などを務めた[3][5]

戦後の1947年(昭和22年)に郡山市長に選出された[3]

脚注[編集]

  1. ^ a b 愛知県幡豆郡誌 p.175 1923.
  2. ^ 『朝日新聞』(東京本社発行)1960年11月18日朝刊、11頁。
  3. ^ a b c 日本の歴代市長 第1巻 p.462 1983.
  4. ^ a b c 人事興信録 1937.
  5. ^ 人事興信録 1943.

参考文献[編集]

  • 『愛知県幡豆郡誌』 幡豆郡、1923年
  • 人事興信所編 『人事興信録 第11版(下)』 人事興信所、1937年
  • 人事興信所編 『人事興信録 第14版(下)』 人事興信所、1943年
  • 『日本の歴代市長 第1巻』 歴代知事編纂会、1983年