本宮町 (福島県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
もとみやまち
本宮町
みずいろ公園
本宮町旗
本宮町章
本宮町旗 本宮町章
廃止日 2007年1月1日
廃止理由 新設合併
本宮町白沢村本宮市
現在の自治体 本宮市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 東北地方
都道府県 福島県
安達郡
市町村コード 07323-7
面積 39.54km2
総人口 22,612
推計人口、2007年1月1日)
隣接自治体 郡山市大玉村白沢村二本松市
町の木 まゆみ
町の花 ぼたん
町の鳥 やまどり
本宮町役場
所在地 969-1192
福島県安達郡本宮町字万世212番地Motomiya town-office.jpg
座標 北緯37度30分47秒 東経140度23分38秒 / 北緯37.51317度 東経140.39389度 / 37.51317; 140.39389 (本宮町)座標: 北緯37度30分47秒 東経140度23分38秒 / 北緯37.51317度 東経140.39389度 / 37.51317; 140.39389 (本宮町)
Location of Motomiya town, Fukushima prefecture, Japan.svg
ウィキプロジェクト
テンプレートを表示

本宮町(もとみやまち)は、福島県中通りにあった2007年平成19年)1月1日白沢村と新設合併して本宮市となった。

地理[編集]

福島県のほぼ中央に位置し、南は郡山市、北は二本松市に隣接する。

隣接していた自治体[編集]

歴史[編集]

年表[編集]

行政区域変遷[編集]

  • 変遷の年表
本宮町町域の変遷(年表)
月日 旧本宮町町域に関連する行政区域変遷
1889年(明治22年) 4月1日 町村制施行により、以下の村が発足[1][2]
  • 本宮町 ← 本宮村単独で町制施行
  • 荒井村 ← 荒井村単独で村制施行
  • 青田村 ← 青田村単独で村制施行
  • 仁井田村 ← 仁井田村単独で村制施行
  • 岩根村 ← 岩根村・関下村
  • 和木沢村 ← 和田村・糠沢村・高木村
1954年(昭和29年) 3月31日 本宮町・荒井村・青田村・仁井田村が合併し本宮町が発足。
1955年(昭和30年) 4月30日 和木沢村の一部(高木と糠沢の一部)は本宮町に編入。
1956年(昭和31年) 4月30日 岩根村は本宮町に編入。
2007年(平成19年) 1月1日 本宮町は白沢村と合併し本宮市が発足。本宮町は消滅。
  • 変遷表
本宮町町域の変遷表
1868年
以前
明治元年 - 明治22年 明治22年
4月1日
明治22年 - 昭和64年 平成元年 - 現在 現在
本宮村 本宮町 昭和29年3月31日
本宮町
平成19年1月1日
本宮市
本宮市
荒井村 明治9年
荒井村
荒井村
  仁井田村
  仁井田村 仁井田村
青田村 青田村
羽瀬石村 明治9年
岩根村
岩根村 昭和31年4月30日
本宮町に編入
苗代田村
関下村
高木村 和木沢村
の一部
昭和30年4月30日
本宮町に編入
糠沢村の一部

産業[編集]

農業[編集]

農業粗生産額:16億0000万円(平成14年) 肥沃な水田では良質の米(コシヒカリ)が生産される。

工業[編集]

製造品出荷額:2,904億9300万円(平成14年) 高速道路(東北道と磐越道)が交差、工業団地が広がる。アサヒビール福島工場が有名。専用の浄水場が設けられている。

特産品[編集]

公園[編集]

教育[編集]

高等学校[編集]

中学校[編集]

小学校[編集]

交通[編集]

鉄道[編集]

道路[編集]

高速道路

一般国道

主要地方道

一般県道

路線バス[編集]

町内に本宮営業所があった

出身の有名人[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 角川日本地名大辞典編纂委員会『角川日本地名大辞典 7 福島県』、角川書店、1981年 ISBN 4040010701より
  2. ^ 日本加除出版株式会社編集部『全国市町村名変遷総覧』、日本加除出版、2006年、ISBN 4817813180より

関連項目[編集]

外部リンク[編集]