福島県道355号須賀川二本松線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Japanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 5.svgJapanese Route Sign Number 5.svg
福島県道355号標識
二本松市高越松ケ作付近
二本松市成田町1丁目付近

福島県道355号須賀川二本松線(ふくしまけんどう355ごう すかがわにほんまつせん)は、福島県須賀川市から二本松市に至る一般県道である。

路線概要[編集]

  • 起点:須賀川市高久田字境
  • 終点:二本松市榎戸2丁目
  • 総延長:41.330km[1]
    • 実延長:36.850km
  • 路線認定年月日:1964年10月23日[2]

全線を通して旧陸羽街道・旧国道4号である区間が多い。郡山市街地(郡山駅前周辺)では一方通行に規制されている区間がある。

重用区間[編集]

道路施設[編集]

須賀川橋(須賀川市 釈迦堂川
上人坦橋(須賀川市)
  • 全長:163m
    • 主径間
  • 幅員:9.75m×2
  • 形式:2径間PC連結ポステンT桁橋×2+単純PCバイプレI桁橋(計5径間)
  • 竣工:1997年[3]
東詰は須賀川市中宿、西詰は上人坦に位置し、JR東北本線と当路線の旧道、須賀川市道須賀川駅江持線を渡る。第ニ奥州街道踏切の立体交差化による除却と、1984年より整備が進められてきた都市計画道路須賀川東部環状線の工事の一環として建設され、1997年に竣工した。上部工総工費は6億7400万円[4]
安積橋(郡山市)
郡山駅西口市街地北部にて一級水系阿武隈川水系逢瀬川を渡る。南詰は郡山市大町2丁目、北詰は同市富久山町久保田に位置する。南側の大町の住居表示が行われる以前は大重町という名称であったことから大重橋とも呼ばれていた。橋上は上下対向2車線で供用されており、上り線の右折車線と合わせ計3車線で供用されている。南詰の安積橋南交差点で福島県道57号郡山大越線と交差する。

通過する自治体[編集]

接続・交差する道路[編集]

沿線[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 道路現況(一般県道) - 福島県土木部
  2. ^ 福島県路線図 - 福島県土木部
  3. ^ 平成28年度 橋梁点検結果(福島県管理道路) - 福島県土木部
  4. ^ 福島県の橋梁 平成10年度版 - 福島県土木部
  5. ^ 平成28年度 橋梁点検結果(福島県管理道路) - 福島県土木部
  6. ^ 安積橋(大重橋)1957-5 - 土木学会附属土木図書館デジタルアーカイブス

関連項目[編集]