齋藤透

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

齋藤 透(さいとう とおる、1870年明治3年3月[1]) - 没年不明)は、明治から昭和時代前期の台湾総督府官僚台東庁長。

経歴[編集]

金沢出身[2]加賀藩士・齋藤鎭里の五男[1]。陸軍雇員として渡台[1]1896年(明治29年)3月、台南県警部を皮切りに、塩水港庁澎湖庁南投庁に歴任し、1916年(大正5年)7月、台東庁警務課長に任じた[2]。ついで南投庁警視を経て、1920年(大正9年)9月、台中州能高郡守に任じ、同州大甲郡[2]高雄州屏東郡守を歴任したのち[1]1924年(大正13年)台東庁長に就任した[3]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d 人事興信所 1928, サ79頁.
  2. ^ a b c 橋本 1924, 186頁.
  3. ^ 橋本 1928, 350頁.

参考文献[編集]