熊谷喜一郎 (内務官僚)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
熊谷喜一郎

熊谷 喜一郎(くまがい きいちろう、1866年5月26日慶應2年4月12日)- 1949年昭和24年)10月9日)は、日本の内務官僚樺太庁民政長官、県知事

経歴[編集]

熊谷禎蔵の長男として江戸で生まれる。1892年帝国大学法科大学を卒業。同年7月、内務省試補となり社寺局に配属された。

1893年11月、北海道庁参事官に就任。以後、内務書記官拓殖務省書記官、農商務省陸軍省・内務省の各参事官、兼台湾総督府事務官などを歴任。1905年8月、樺太民政署が設置されると民政長官に就任。1907年4月、樺太民政署が樺太庁に改編され、引き続き民政長官を務めた。

樺太庁では長官の楠瀬幸彦と不仲になり、第1次西園寺内閣内務大臣である原敬1908年4月24日に両名を更迭し、熊谷は同年6月12日付けで山梨県知事に就任した[1]。山梨県政においては明治40年の大水害からの復興に尽力した。1912年(明治45年)3月27日から4月4日には皇太子嘉仁親王(大正天皇)の山梨県行啓が行われている[2]。熊谷は3月9日に上京して皇太子行啓の内示を受けている[3]。同年12月14日には江戸時代の甲府藩主で大老格柳沢吉保に対して贈従三位の策命にあたり、策命使をつとめる[4]

1913年6月、山梨県知事を休職。1914年4月、石川県知事に就任。1915年4月、石川県知事を辞し退官した。

栄典[編集]

著書[編集]

  • 述『要塞地帯法講義』憲兵練習所、1900年。

脚注[編集]

  1. ^ 伊藤(2014)、p.52
  2. ^ 小畑(2014)、p.22(39)
  3. ^ 小畑(2014)、p.22(39)
  4. ^ 『三富開拓誌』47頁。
  5. ^ 『官報』第7159号・付録「叙任及辞令」1907年5月14日。
  6. ^ 『官報』第8243号「叙任及辞令」1910年12月12日。

参考文献[編集]

  • 三富史蹟保存会『三富開拓誌』1929年。
  • 『昭和物故人名録 昭和元年-54年』日外アソシエーツ、1983年。
  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。
  • 小畑茂雄「明治45年3~4月皇太子(大正天皇)山梨行啓について(1)」『山梨県立博物館 研究紀要 第8集』山梨県立博物館、2014年
  • 伊藤之雄『原敬 下 外交と政治の理想』講談社選書メチエ、2014年