伊藤謹二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
伊藤謹二

伊藤 謹二(いとう きんじ、1901年明治34年)4月[1] - 1968年昭和43年)9月3日[2])は、日本の内務厚生官僚。官選石川県知事厚生次官

経歴[編集]

広島県出身。伊藤辰吉の二男として生まれる[1]修道中学校を経て、第六高等学校を卒業。1922年11月、高等試験行政科試験に合格。1924年東京帝国大学法学部法律学科(独法)を卒業。内務省に入省し岡山県属となる[1][3]

以後、北海道庁事務官岩手県書記官・学務部長、兵庫県書記官・学務部長、内務省神社局指導課長、神祇院教務局指導課長、関東局司政部長、厚生省保険局長、同健民局長などを歴任[1][4]

1945年10月、石川県知事に就任。1946年6月、引揚援護院次長に転じた[4]1946年7月、厚生次官事務取扱、翌月、厚生次官に就任し1948年3月まで在任し退官した[5]。その後、日本赤十字社副社長、社会福祉事業振興会会長、日本児童福祉給食会理事長[2]などを務めた。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 『人事興信録』第14版 上、イ57頁。
  2. ^ a b 『朝日新聞』(東京本社発行)1968年9月3日夕刊、11面の訃報より。
  3. ^ 『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』234頁。
  4. ^ a b 『新編日本の歴代知事』463頁。
  5. ^ 『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』71頁。

参考文献[編集]

  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。
  • 人事興信所編『人事興信録』第14版 上、1943年。

関連項目[編集]