平賀周

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
平賀周

平賀 周(ひらが しゅう、1882年明治15年)7月21日[1] - 1957年昭和32年)9月12日[2])は、日本の政治家弁護士内務官僚衆議院議員、官選石川県知事

経歴[編集]

千葉県出身。平賀藤右衛門の二男として生まれる[3]第二高等学校を卒業[4]1908年11月、文官高等試験行政科試験に合格[4]1909年東京帝国大学法科大学英法科を卒業して内務省に入省し秋田県属となる[4]

以後、茨城県事務官、奈良県警察部長、警察講習所教授、兼内務省参事官宮城県警察部長、山形県内務部長、大分県内務部長、大阪府内務部長、内務監察官などを歴任[2]

その後退官し弁護士となり、国技館取締役、日本大学大阪分校教授兼学監も務めた[2][3]1928年2月、第16回衆議院議員総選挙に大阪府第一区から立憲政友会の所属で出馬して当選し、衆議院議員を一期務めた[2]

1931年12月、犬養内閣が成立すると石川県知事に登用されたが、1932年5月、五・一五事件犬養毅首相が暗殺され翌月6月28日、知事を休職となった[3][5]

著作[編集]

  • 『警察行政法』帝国地方行政学会、1923年。
  • 『満洲国と北支の新情勢』日本商工倶楽部、1936年。

脚注[編集]

  1. ^ 衆議院『第五十五回帝国議会衆議院議員名簿』〈衆議院公報附録〉、1928年、4頁。
  2. ^ a b c d 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』535頁。
  3. ^ a b c 『新編日本の歴代知事』458頁。
  4. ^ a b c 『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』192頁。
  5. ^ 『官報』第1648号、昭和7年6月29日。

参考文献[編集]

  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。