館哲二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
館哲二

館 哲二 (たち てつじ、1889年8月18日 - 1968年9月27日)は、日本内務官僚政治家参議院議員(3期)、府県知事。旧姓、木津。

経歴[編集]

富山県高岡市出身。木津太郎平の二男として生まれ、後に館萩江の入夫となり改姓。富山県立高岡中学校第一高等学校を経て、1914年(大正3年)7月、東京帝国大学法科大学政治学科を卒業。同年11月、内務省に入り岐阜県属として内務部学務兵事課に配属された。1917年(大正6年)10月、文官高等試験に合格した。

1918年(大正7年)4月、岐阜県警部となる。以後、同県警視・警務課長兼工場課長、同県内務部産業課長、神奈川県外事課長、茨城県知事官房文書課長兼内務部社会課長、内閣書記官内閣官房記録課長、同総務課長などを歴任。

1931年(昭和6年)12月に 第27代鳥取県知事に任命。以降、第32代石川県知事・神社局長・第31代東京府知事を経て、1938年(昭和13年)に内務次官となる。翌年9月に内務次官を辞任し退官。その後、軍人援護会理事長、同胞援護会副会長兼理事長を務めた。

戦後1947年(昭和22年)4月に、公選初代の富山県知事に選出されるが、同年11月に公職追放を受けて富山県知事を辞任。追放解除を経て、1951年(昭和26年)11月の第2回参議院議員通常選挙補欠選挙(富山県選挙区)に出馬。当選して、3期務める。この間、参議院地方行政委員会理事・参議院予算委員長・参議院地方行政委員長・参議院予算委員長・参議院決算委員会委員を務める。

1962年(昭和37年)5月に紺綬褒章を受章し、木杯一組台付(桐紋)を拝受。1965年(昭和40年)11月には銀杯一組(菊紋)を拝受し、1968年(昭和43年)に死去した際に従三位勲一等瑞宝章を受章した。

親族[編集]

参考文献[編集]


議会
先代:
田中啓一
日本の旗 参議院地方行政委員長
1959年
次代:
新谷寅三郎
先代:
堀木鎌三
小林英三
日本の旗 参議院予算委員長
1960年 - 1961年
1955年
次代:
小山邦太郎
西郷吉之助
公職
先代:
羽生雅則
日本の旗 内務次官
第42代:1938年 - 1939年
次代:
大達茂雄