沢田牛麿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
沢田牛麿

沢田 牛麿(さわだ うしまろ、1874年明治7年)2月6日 - 1958年昭和33年)1月29日[1])は、日本内務官僚政治家貴族院議員

来歴[編集]

高知県土佐郡布師田村(現:高知市)で旧土佐藩士・沢田誠一の長男として生まれる。山口中学山口高等学校を経て、1899年東京帝国大学法科大学を卒業。同年11月、文官高等試験行政科試験に合格。陸軍省に入り、陸軍属として大臣官房付となる。以後、陸軍省参事官警察監獄学校教授兼内務省参事官などを歴任。その後、東京府事務官に転じ、韓国統監府警視、兼統監府書記官、鹿児島県内務部長などを務めた。

1918年10月、青森県知事に就任。以後、佐賀県石川県福岡県の各知事を歴任した。1927年4月、北海道庁長官となり、1929年7月まで在任し退官した。

1939年(昭和14年)8月28日、貴族院勅選議員に任じられ[2][3]同和会に属し1947年(昭和22年)5月2日に貴族院が廃止されるまで在任[1]。その他、長門企業炭鉱取締役などを務めた。1958年1月29日死去。享年83。

栄典[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』127頁。
  2. ^ 『貴族院要覧(丙)』昭和21年12月増訂、47頁。
  3. ^ 『官報』第3795号、昭和14年8月29日。
  4. ^ 『官報』第7771号「叙任及辞令」1909年5月24日。

参考文献[編集]

  • 『貴族院要覧(丙)』昭和21年12月増訂、貴族院事務局、1947年。
  • 『日本の歴代知事 第1巻』歴代知事編纂会、1980年。
  • 『高知県人名事典』新版、高知新聞社、1999年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』1990年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。

関連項目[編集]