白根竹介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
白根竹介

白根 竹介(しらね たけすけ、1883年明治16年)5月25日 - 1957年昭和32年)3月5日[1])は、日本内務官僚政治家貴族院議員

来歴・人物[編集]

山口県出身。1908年東京帝国大学法科大学政治学科卒業後、高等文官試験行政科に合格。内務省に入省。静岡県[2]。官選の岐阜県知事石川県知事富山県知事埼玉県知事静岡県知事広島県知事兵庫県知事などを歴任。兵庫県知事時代には勅命を奉じゴーストップ事件の仲裁に入った。

1935年岡田内閣内閣書記官長に就任。1936年(昭和11年)9月2日、貴族院勅選議員に任じられ[3]研究会に所属して1947年(昭和22年)5月2日の貴族院廃止まで在任した[1]1947年から1949年まで千葉工業大学理事を務めた。

1957年3月5日死去。享年73。

栄典[編集]

親族[編集]

父は南埼玉郡白根勝次郎[5]。妻・末資枝は小田伴輔の長女[5]。子の白根斐夫海軍エース・パイロット(9機)。男爵白根松介は従兄弟[5]。祖父は埼玉県令を務めた白根多助[5]。叔父に官選知事を務めた白根専一河野忠三がいる。もう一人の息子・白根勝臣の妻はマルハニチロ創業者中部幾次郎の孫娘(マルハ2代目社長・中部兼市の娘で、3代目社長・中部謙吉の姪)。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』130-131頁。
  2. ^ 『日本官僚制総合事典』東京大学出版会、2001年11月発行、195頁
  3. ^ 『貴族院要覧(丙)』昭和21年12月増訂、45頁。
  4. ^ 『官報』第2858号・付録「辞令」1922年2月14日。
  5. ^ a b c d 『人事興信録 第8版』シ114頁。

参考文献[編集]

  • 人事興信所編『人事興信録 第8版』人事興信所、1928年。
  • 『貴族院要覧(丙)』昭和21年12月増訂、貴族院事務局、1947年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。