川路利恭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
川路利恭

川路 利恭(かわじ としあつ / としやす、1856年5月31日安政3年4月28日)- 1925年大正14年)1月12日)は、日本の内務官僚県知事。旧姓、五代。

経歴[編集]

薩摩藩士五代喜左衛門の五男として生まれる。1879年大警視川路利良の死後に、その養子となる。同年、警視庁少警部に任官。1887年、警察事務研究のため、自費でフランスドイツに留学。以後、警視庁警視滋賀県警部長沖縄県書記官、警視庁警視総監官房第一課長、警視庁第二部長、同第一部長などを歴任。

1900年10月、岐阜県知事に就任。1906年7月、奈良県知事に転じ、地方改良運動に尽力し1907年7月まで在任。1908年7月、熊本県知事となる。1912年3月、福岡県知事に就任し、1913年6月まで務めて退官した。1915年10月13日、錦鶏間祗候となる[1]

栄典・授章・授賞[編集]

位階
勲章等

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第961号、大正4年10月14日。
  2. ^ 『官報』第183号「叙任」1884年2月12日。
  3. ^ 『官報』第7193号「叙任及辞令」1907年6月22日。
  4. ^ 『官報』第3753号「叙任及辞令」1896年1月4日。
  5. ^ 『官報』第5243号「叙任及辞令」1900年12月21日。
  6. ^ 『官報』第5848号「叙任及辞令」1902年12月29日
  7. ^ 『官報』号外「叙任及辞令」1907年3月31日。

参考文献[編集]

  • 上田正昭他『日本人名大辞典』講談社、2001年。
  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年