園池公静

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
園池公静
Sonoike Kinnshizu.jpg
園池公静
時代 江戸時代明治時代
生誕 天保6年6月25日1835年7月20日[1]
死没 1919年大正8年)10月8日[1]
官位 正二位右近衛権少将子爵
主君 孝明天皇明治天皇大正天皇
氏族 園池家
父母 父:園池実達
兄弟 公静、禎子(風早公紀室)
園池千賀子(四辻公績の六女)
実康実信、賀寿子、公直
テンプレートを表示

園池 公静(そのいけ きんしず)は、幕末公家明治期の内政官僚。第一次奈良県知事子爵

経歴[編集]

左近衛権中将[1]園池実達の二男[2]として生まれる。嘉永3年1月1850年)に元服し昇殿を許された。右京大夫を経て、元治元年6月1864年右近衛権少将に任官[2]

慶応2年8月1866年)朝廷刷新の二二卿建議(廷臣二十二卿列参事件)に加わり差控となる[2][3]慶應4年1月5日1868年1月29日)書記御用掛となる[4]

慶応4年7月29日(1868年9月15日)奈良府知事に就任。明治2年7月17日1869年8月24日)奈良府が奈良県に改称され引き続き同県知事を務めた[2][4]。明治3年8月19日1870年9月14日)知事を免官[5]。同年9月17日(10月11日)侍従に就任[4]。以後、滋宮祗候・明宮祗候を務めた[2]

1884年7月8日、子爵を叙爵した[6]1915年4月15日に隠居し[7]、同月30日に長男実康が襲爵した[8]

栄典[編集]

親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 『平成新修旧華族家系大成』上巻、804-805頁。
  2. ^ a b c d e 『明治維新人名辞典』551頁。
  3. ^ 『幕末維新大人名事典』下巻、13頁。
  4. ^ a b c 『百官履歴 上巻』293頁。
  5. ^ 『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』104頁。
  6. ^ 『官報』第308号、明治17年7月9日。
  7. ^ 『官報』第818号、大正4年4月27日。
  8. ^ 『官報』第822号、大正4年5月1日。
  9. ^ 『官報』第1351号「叙任及辞令」1887年12月28日。
  10. ^ 鷹司輔平の曾孫

参考文献[編集]

  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。
  • 霞会館華族家系大成編輯委員会『平成新修旧華族家系大成』上巻、霞会館、1996年。
  • 日本歴史学会編『明治維新人名辞典』吉川弘文館、1981年。
  • 安岡昭男編『幕末維新大人名事典』上巻、新人物往来社、2010年。
  • 修史局編『百官履歴 上巻』日本史籍協会、1928年。


日本の爵位
先代:
叙爵
子爵
園池家初代
1884年 - 1915年
次代:
園池実康