小川洋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
小川 洋
おがわ ひろし
生年月日 (1949-05-17) 1949年5月17日(68歳)
出生地 日本の旗 日本 福岡県福岡市
出身校 京都大学法学部
前職 国家公務員通商産業省経済産業省

福岡県の旗 公選第17代 福岡県知事
当選回数 2回
在任期間 2011年4月25日 - 現職
テンプレートを表示

小川 洋(おがわ ひろし、1949年5月17日 - )は、福岡県知事(2期)。日本通産経産官僚政治家特許庁長官、知的財産戦略推進事務局長、内閣広報官を歴任した。

人物[編集]

福岡市出身。福岡県立修猷館高等学校[1][2][3]から京都大学法学部に進み、卒業後、通商産業省に入省。同期入省には、通商産業事務次官の望月晴文、後に同じく特許庁長官となった鈴木隆史らがいる。

2011年4月10日に執行された福岡県知事選挙で初当選。立候補にあたっては自由民主党福岡県連合会所属の一部党員から擁立の動きがあり[4]、その後引退を決めていた麻生渡(やはり元特許庁長官)も「後継者」に指名。2月11日、福岡市内で正式に立候補する意思を示した。その際特定政党の支援は受けず、「県民党」の立場で立候補することも表明[5]

就任にあたっては暦のいたずらにより4月22日金曜日に麻生から引き継ぎを受け、明けて翌週25日月曜日に就任した。選挙時から訴えた施政方針は、「県民幸福度日本一を目指す」。

裏金問題[編集]

1996年から1997年にかけて、通商産業省(現、経済産業省)の大臣官房企画室長の立場にあった間、同室がプールしていた裏金を自らの名義の銀行口座に入れて管理していたとして、2005年8月に経済産業省から懲戒処分を受けており、その直後の同年9月に同省を退官している。

裏金は、日本自転車振興会の補助金を財源とする調査研究業務を行っていた通産省の外郭団体「財団法人 産業研究所」の研究にかかる残余金を、事業を所管する企画室が長年にわたって管理していたもので、小川氏は同室室長であった間に、裏金をそれまで預金されていた口座から自らの名義で新たに開設した口座に移すなど、新たな隠ぺいを行ったことがわかっている。

なお、福岡県知事選挙時に使用したパンフレットやビラのプロフィール欄には、大臣官房企画室長の記載を行っていなかった[6]

経歴[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]

福岡県公式サイト「ようこそ知事室へ」
公職
先代:
今井康夫
日本の旗 特許庁長官
2004年6月22日 - 2005年9月6日
次代:
中嶋誠