岩重隆治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

岩重 隆治(いわしげ りゅうじ、1895年明治28年)6月21日[1] - 没年不詳)は、日本の内務警察官僚弁護士陸軍司政長官、最後の官選福岡県知事

経歴[編集]

山口県出身。岩重弥七の長男として生まれる[2]第三高等学校を卒業[3]1921年11月、高等試験行政科試験に合格。1922年東京帝国大学法学部法律学科(独法)を卒業。内務省に入省し長野県属兼警部となる[1][2][3]

以後、鹿児島県警察部保安課長、福岡県警察部保安課長、同警務課長、岡山県警察部特別高等課長、愛知県警察部特別高等課長、岡山県学務課長、同社寺課長、兵庫県商工課長、同水産課長、同地方課長、千葉県書記官・学務部長、京都府書記官・学務部長、青森県書記官・経済部長、三重県書記官・総務部長[4]などを歴任[1][2]

1942年7月7日、陸軍司政長官に発令され[5]、同年8月15日、第16軍軍政監部付・バニュマス州長官に就任し終戦を迎えた[2][6]

1947年3月14日、最後の官選福岡県知事に就任。県議会議員選挙、知事選挙などを執行した[1]。同年4月12日に依願免本官となり退官[7]。陸軍司政長官の経歴により公職追放となる[8]。その後、弁護士を務めた[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 『日本の歴代知事』第3巻 下、62頁。
  2. ^ a b c d 『人事興信録』第14版 上、イ261頁。
  3. ^ a b 『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』229頁。
  4. ^ 『官報』第4201号、昭和16年1月10日。
  5. ^ 『官報』第4647号、昭和17年7月8日。
  6. ^ 『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』139頁。
  7. ^ 『官報』第6074号、昭和22年4月16日。
  8. ^ 『公職追放に関する覚書該当者名簿』「一般該当者名簿」193頁。

参考文献[編集]

  • 歴代知事編纂会編『日本の歴代知事』第3巻 下、歴代知事編纂会、1982年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。
  • 人事興信所編『人事興信録』第14版 上、1943年。
  • 総理庁官房監査課編『公職追放に関する覚書該当者名簿』日比谷政経会、1949年。