亀井光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

亀井 光(かめい ひかる、1909年明治42年)1月1日 - 1986年昭和61年)9月26日)は、日本内務労働官僚政治家参議院議員自由民主党)、福岡県知事(第6代-第9代)。陸軍司政官[1]

自由民主党元衆議院議員の太田誠一女婿

経歴[編集]

福岡県小倉市(現在の北九州市小倉北区)古船場町出身[2]。藤吉の三男[3][注 1]

旧制福岡高等学校を経て、1935年(昭和10年)東京帝国大学法学部卒業[2]内務省を経て、労働省労働基準局長[4]、労政局長などを歴任し、1960年(昭和35年)労働事務次官[2]1962年(昭和37年)参議院議員に当選、大蔵政務次官をつとめる[2]1967年(昭和42年)福岡県知事に当選[2]

1967年(昭和42年)福岡県知事に当選。県職員労働組合や教職員組合に対して強硬な姿勢で臨む[5]日産自動車九州工場を誘致するなどの施政を敷く。4選を果たすが、6億円をかけた県知事公舎[6]の建設など、県費乱用が大きく問題化し、1983年(昭和58年)の知事選で奥田八二に敗れた[7]

1984年(昭和59年)に勲一等瑞宝章を受章。

1986年(昭和61年)9月26日死去。享年77。

人物[編集]

趣味麻雀ゴルフ長唄[3]宗教浄土宗[3]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 『大衆人事録 第14版 外地・満支・海外篇』海外8頁では二男。

出典[編集]

  1. ^ 帝国秘密探偵社 1943, 海外8頁.
  2. ^ a b c d e 『政治家人名事典』(1990年、編集・発行 - 日外アソシエーツ株式会社)151頁。
  3. ^ a b c 第二十一版 人事興信録(上)』1961年 「か」一二三頁
  4. ^ 森山欽司 ─反骨のヒューマニスト─ 第一章 (PDF)”. 2007年10月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年8月17日閲覧。
  5. ^ これに対する反発として、県立高校で校長着任拒否闘争が起きた。
  6. ^ 一説には、この時期新築された県庁施設は、上空から見れば“亀井光”と読めたという。議会棟は、“亀”の甲羅の形をしており、県庁本部棟は“井”の形、そして県警本部棟にはソーラーパネル(すなわち“光”)が設置されていた(神一行『自治官僚』講談社、1986年)。
  7. ^ 『政治家人名事典』(1990年、編集・発行 - 日外アソシエーツ株式会社)152頁。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]


先代:
中西実
労働事務次官
1960年 - 1962年
次代:
富樫総一