山本経勝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

山本 経勝(經勝、やまもと つねかつ、1904年明治37年)11月23日[1] - 1958年昭和33年)7月8日[1][2][3])は、昭和期の労働運動家、政治家参議院議員

経歴[編集]

愛媛県[2][3]北宇和郡[1]日吉村[4](現鬼北町)で生まれる。日吉村高等小学校を卒業した[2][3]

1928年(昭和3年)全国農民組合南予地方協議会青年部長に就任し農民運動に加わり、社会大衆党愛媛県連青年部長も務めた[1][2][3][4]。1932年(昭和7年)10月、帝国主義反対闘争のため治安維持法違反で検挙され、1937年(昭和12年)まで5年間入獄した[1][2][3][4]。出獄後、宇和島新報記者となるが[1]、同年11月に同社編集長の紹介で福岡県遠賀郡水巻村(現水巻町)の日本炭礦(日炭)遠賀鉱業所[注 1]に坑内夫として入所した[1][3]

戦後、労働組合の結成に参画し、1945年(昭和20年)日炭高松炭鉱労働組合書記長に就任[1][2][3][4]。1946年(昭和21年)日本共産党福岡地方委員となる[4]。1949年(昭和24年)日炭高松炭鉱労働組合委員長に就任し[1]、同年、共産党から脱党した[4]。1950年(昭和25年)日本炭鉱労働組合(炭労)が結成され同福岡地方本部事務局長となり、1952年(昭和27年)同執行委員長に就任[1][2][3][4]。さらに炭労九州地方本部執行委員長、炭労政治局員、福岡地方労働委員会委員(2期)を務めた[1][2][3]

團伊能の衆院選立候補に伴い1955年(昭和30年)3月に実施された、第2回参議院議員通常選挙福岡県地方区補欠選挙左派社会党公認で出馬して初当選し[1][2][3][5]、1956年(昭和31年)7月の第4回通常選挙日本社会党公認で出馬して再選され[1][6]、参議院議員に連続2期在任した[2][3]。この間、参議院社会労働委員として鉱山保安問題、珪肺などの職業病対策に尽力し[1]、また国土総合開発審議会委員などを務めた[3]。1958年7月、議員在任中に死去した[6]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 『ふるさと人物記』502頁では高松抗。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n 『福岡県百科事典』下巻、1030頁。
  2. ^ a b c d e f g h i j 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』661頁。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』438-439頁。
  4. ^ a b c d e f g 『ふるさと人物記』502頁。
  5. ^ 『国政選挙総覧 1947-2016』517頁。
  6. ^ a b 『国政選挙総覧 1947-2016』518頁。

参考文献[編集]

  • ふるさと人物記刊行会編『ふるさと人物記』夕刊フクニチ新聞社、1956年。
  • 『福岡県百科事典』下巻、西日本新聞社、1982年。
  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』日外アソシエーツ、2003年。
  • 『国政選挙総覧 1947-2016』日外アソシエーツ、2017年。