古賀ゆきひと

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
古賀 ゆきひと
古賀 之士
こが ゆきひと
生年月日 (1959-04-09) 1959年4月9日(58歳)
出生地 日本の旗 福岡県久留米市
出身校 明治大学政治経済学部
前職 FBS福岡放送アナウンサー
現職 民進党国民運動局長
所属政党 民進党
称号 学士
公式サイト 古賀ゆきひと 公式ホームページ

選挙区 福岡県選挙区
当選回数 1回
在任期間 2016年7月26日 - 現職
テンプレートを表示

古賀 ゆきひと(こが ゆきひと、1959年4月9日 - )は、日本の政治家。民進党所属の参議院議員(1期)。元FBS福岡放送エグゼクティブアナウンサー。九州地区の局アナ出身者で史上初の国会議員。現在1期目。本名は古賀 之士(読み同じ)。福岡県久留米市出身。

人物・経歴[編集]

本名が非常に読み難いため、報道番組やスポーツ中継など一部を除き普段は名前の部分を平仮名で表記する。

福岡県立明善高等学校を経て明治大学卒業後、FBS福岡放送に入社[1]。司会を務めた『ズームイン!!朝!』で、今の担当番組『めんたいワイド』のリポーターでもある安田栗之助からFBSキャスター職を引き継ぎ、ほぼ毎日(交替制で)中継参加したこと、担当期間中に福岡ダイエーホークスが誕生したこと[要出典]もあり、当時相棒だった堤信子(後結婚退社)ともども全国的な知名度を得た。

1994年5月、『ナイトシャッフル』の司会に起用され、1995年9月まで務める。

1995年(平成7年)10月に全ての担当番組を降りて『めんたいワイド』司会に就任。2015年まで務め、その間さまざまな経験を得る。

2015年3月、「NEWSめんたいPlus」のキャスター就任。しかし同年11月13日、翌年実施される第24回参議院議員通常選挙の候補者になるのではないかとされたため降板し、翌週月曜(16日)の番組冒頭で別のキャスターが経緯を説明した。同日取材に対して「これ以上、会社と番組に迷惑はかけられない。」と降板の理由を語った[2]

2015年12月1日、「キャリアを生かし、福岡の知名度を上げるような仕事をしたい」と福岡選挙区にて民主党からの立候補を表明した。これより前、当時議員の職にあった大久保勉の後継指名を受けており、選考に古賀のみが応募した[3]。これに伴い同年12月31日付でFBSを退社、アナウンス部トップを松吉ゆかりに引き継いだ。

2016年7月10日第24回参議院議員通常選挙において福岡県選挙区より立候補。9人の候補が乱立する中、トップで初当選を果たす。この結果、九州地区の局アナ出身者として史上初の国会議員となった。複数選挙区でのトップ当選を果たしたのは、同じ会派では福岡県選挙区の古賀之士と東京都選挙区の蓮舫の2人しかいない。現在1期目。

[4]

エピソード[編集]

『ズームイン!!』担当により全国規模で知名度を有するアナウンサーならではのエピソードに事欠かない。

  • モノポリー日本選手権九州地区大会で1990年、1991年の2年連続優勝。
  • 仕事で印象に残っていることのひとつに、1999年(平成11年)のホークス福岡移転後の初優勝がある[5]この時は福岡ドーム(現:福岡ヤフオク!ドーム)にて号泣しながら他のファンと抱き合って喜んだ[要出典]
  • 2008年(平成20年)、王貞治が監督を辞任した際には、冬休み返上で番組に出演。同じく号泣しながら王へ感謝を述べ、ホークスのその年のホーム最終戦を観戦した[要出典]
  • 2008年(平成20年)8月30日に『24時間テレビ 「愛は地球を救う」31』のプレ番組として放送された、FBS制作ローカルドラマ『私は一本の木に恋をした』で、入来茉里演じる平岡れいの父・利男役を演じドラマ初出演、利男の妻役で特別出演した田中好子とのテレビ共演も果たした。
  • 近視のため、長年に渡って眼鏡を着用して番組に出演していたが、2009年平成21年)1月レーシック手術を受け視力が回復し、現在は眼鏡を着用していない。手術の様子は『めんたいワイド』内で放送された。
  • 札幌市のアマチュア天文家渡辺和郎は発見した小惑星に「Kogayukihito」と命名し、国際天文学連合2009年(平成21年)10月4日付けで登録を公表した。
  • 『めんたいワイド』では、妻の実家に帰省中のところをコーナー担当者に偶然“逆取材”されたことがある。古賀もコーナー担当者も最初は一瞬呆気にとられていた。[要出典]
  • 同僚の財津ひろみは中学・高校の後輩。古賀が出身中学に招かれて50周年記念講演を行った際、その聴衆の中に財津がいて、財津は古賀の話を聞いてアナウンサーを志したという[6]
  • 趣味は鉄道模型。また、ボードゲームモノポリー」の愛好者であり、ホークスの助っ人外国人選手に声を掛けてプレイすることもあるとか。更には高校時代からの天文ファンでもある。
  • めんたいワイド時代、後に地デジCMで共演することとなった川上政行進行のRKB毎日放送今日感テレビ』などと夕方の顔を争っていた。
  • 好きなスポーツは野球、サッカー、ラグビー、テニス、ボクシング、プロレス、スキー、山歩き、スキューバダイビング(ライセンス所持)。

政治家としての政策[編集]

  • 選択的夫婦別姓制度についての選択式アンケートにおいて「賛成」としている[7]
  • 参議院議員選挙に立候補した際の所信表明において、平和安全法制が「憲法学者の9割、国民の8割以上が説明不足と言われるなかで行われた。日本にとって大転換だった、危機感さえ覚えた」として、「物事を決めたプロセスに大きな欠陥があったと言わざるを得ない。日本の平和を大きく左右する今回の安保法案の決め方には、皆さんと同じように強い疑問を感じていた。」と発言、同法に反対する意思を明確に示している[8]

過去の担当番組[編集]

映画[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]