渡辺清 (政治家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
渡辺 清
渡辺清 (政治家)
生年月日 1835年4月12日天保6年3月15日
出生地 日本の旗 日本肥前国大村
没年月日 1904年明治37年)12月30日
出身校 五教館
称号 従三位
勲一等瑞宝章
男爵
親族 渡辺昇(弟)
石井筆子(子)

福岡県の旗 第5代 福岡県令
在任期間 1874年9月8日 - 1881年7月29日

在任期間 1881年7月29日 - 1890年10月20日

選挙区 男爵議員
在任期間 1890年7月 - 1904年12月

在任期間 1891年6月15日 - 1892年8月20日
テンプレートを表示
渡辺清
渡辺清(左)と(右)

渡辺 清(わたなべ きよし、天保6年3月15日1835年4月12日) - 明治37年(1904年12月30日)は、日本武士大村藩士)、官僚政治家は武勝、通称は清左衛門、は東山。

福岡県令元老院議官貴族院議員福島県知事を歴任。爵位男爵

経歴[編集]

肥前国大村に大村藩士・渡辺巌の長男として生まれる。弟の渡辺昇とともに明治維新志士として活動した。

江戸城総攻撃予定日の前日に、英国公使ハリー・パークスと会見し、パークスが江戸攻撃には反対である旨を西郷隆盛に伝えた(江戸開城)。

戊辰戦争では、東征軍監、奥羽追討総督参謀として従軍し、磐城の戦いなどに参戦。その功により明治2年(1869年)6月2日に賞典禄450を受けた[1]。続いて6月10日には三陸巡察使付属と磐城巡察使付属を兼ねた[2]。同年中に巡察使が按察使に変更され、さらに按察使府が設けられると渡辺は三陸両羽磐城按察使府の判官となった[3]

明治に入り政府に出仕。徴士民部官権判事、同権大丞、民部大丞厳原県権知事、大蔵大丞などを歴任。明治7年(1874年)9月、福岡県令となり、同14年(1881年)7月まで務め、退任後に元老院議官に就任。

明治20年(1887年)5月、戊辰戦争の功により男爵を叙爵した。明治23年(1890年)7月、貴族院男爵議員に選出され死去するまで在任した。同年10月20日、錦鶏間祗候を仰せ付けられた[4]

明治24年(1891年)6月、福島県知事に就任し、同25年(1892年)8月に退任した。

その他、高等法院予備裁判官などを務めた。

栄典[編集]

親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『太政官日誌』明治2年第61号(東京城第24、賞典1)。
  2. ^ 久我通久ヲ以テ三陸巡察使トシ渡辺清左衛門ヲ附属ト為ス」『太政類典』第1編(慶応3年から明治4年)第30巻(官規・任免6)、113。
  3. ^ 西岡香織「維新後の奥羽按察使と仙台藩について」9頁。
  4. ^ 『官報』第2195号、明治23年10月22日。
  5. ^ 『官報』第1324号「叙任及辞令」1887年11月26日。
  6. ^ 『官報』第1928号「叙任及辞令」1889年11月30日。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]