山田為暄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

山田 為暄(やまだ ためのぶ[1] / ためはる[要出典] / いけん[2]1842年12月天保13年11月) - 1911年5月12日)は、日本の内務官僚政治家県知事警視総監貴族院議員。旧姓・園田。

経歴[ソースを編集]

薩摩藩士・園田八右衛門の四男として生まれる。後、薩摩藩士、山田壮右衛門爲正へ養子入りし、山田家嫡男となる[要出典]

1874年、台湾蕃地事務都督府徴集兵第三小隊長に就任。1876年兵庫県四等警部に任官。以後、同一等警部、兵庫県警部長を歴任。1884年11月、高知県書記官に転じ、同書記官、同第一部長を務める。

1892年7月、福岡県知事に就任。1893年5月、大分県知事に転任。日清戦争の体勢整備、農水産業の振興を図った。1896年9月、警視総監に就任し、1898年1月まで在任。1904年8月22日、貴族院勅選議員に任じられ[3]、死去するまで在任。

その他、監獄建築委員長、文官普通試験委員長を歴任した。

栄典[ソースを編集]

脚注[ソースを編集]

  1. ^ 『日本人名大辞典』1979頁。
  2. ^ 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』174頁。
  3. ^ 『官報』第6345号、明治37年8月23日。
  4. ^ 『官報』第3451号「叙任及辞令」1894年12月27日。

参考文献[ソースを編集]

  • 上田正昭他『日本人名大辞典』講談社、2001年。
  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』1990年。
  • 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』日外アソシエーツ、2003年。