伊藤久松

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

伊藤 久松(いとう ひさまつ、1896年明治29年)9月28日[1] - 1983年昭和58年)1月4日[2])は、日本の内務官僚弁護士。官選大分県知事

経歴[編集]

山口県出身[2]。伊藤政吉の長男として生まれる[1]第一高等学校を卒業。1922年11月、高等試験行政科試験に合格。1923年東京帝国大学法学部法律学科を卒業。内務省に入省し熊本県属となる[1][3]

以後、熊本県飽託郡長、1935年9月、秋田県学務部長、1938年1月、埼玉県学務部長、1939年5月、奈良県総務部長、1941年6月、大阪府学務部長などを歴任[1]

1942年6月、大分県知事に就任。戦時下の対応に尽力。1943年7月、知事を退任[1]。同年に退官。戦後に公職追放となる[3]1949年、弁護士を開業した[2]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 『新編日本の歴代知事』1072頁。
  2. ^ a b c 『ジャパン WHO was WHO 物故者事典 1983-1987』66頁。
  3. ^ a b 『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』234頁。

参考文献[編集]

  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。
  • 日外アソシエーツ編『ジャパン WHO was WHO 物故者事典 1983-1987』日外アソシエーツ、1988年。