赤松小寅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
赤松小寅

赤松 小寅(あかまつ ことら、1890年明治23年)4月3日 - 1944年昭和19年)4月25日)は、日本の内務官僚府県知事

経歴[編集]

東京府出身、本籍・静岡県。旧幕臣海軍中将赤松則良の五男として生まれる。学習院中等学科、同高等学科を経て、1915年2月、京都帝国大学法科大学政治学科を卒業。同年10月、文官高等試験行政科試験に合格。1916年2月、内務省に入り、長崎県工場監督官補として警察部保安課勤務となる。

1917年10月、長崎県属として内務部地方課勤務に転じた。以後、同地方課長心得、長崎県理事官三重県農商課長、山梨県理事官、内務省社会局事務官・工場監督官などを歴任。

1924年12月、福井県書記官警察部長に就任。以後、山口県書記官警察部長、同県内務部長、長崎県内務部長などを歴任。

1931年12月、高知県知事に就任。1932年3月、内務省社会局労働部長に転じ、1937年2月、土木局長となる。同年11月、福岡県知事に発令された。1939年4月、京都府知事となる。1940年4月に京都府知事を辞し退官した。

その他、ジュネーヴで開催された、1923年の第5回国際労働総会1924年の第6回総会には政府代表委員随員として、1933年の第17回国際労働総会と1935年の第18回総会には政府代表委員として参加した。

親族[編集]

参考文献[編集]

  • 秦郁彦編『日本近現代人物履歴事典』東京大学出版会、2002年。
  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。