雪沢千代治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
雪沢千代治

雪沢 千代治(ゆきざわ ちよじ、1889年明治22年)4月1日 - 1970年昭和45年)2月20日)は、日本の内務官僚政治家府県知事衆議院議員

経歴[編集]

長崎県出身。雪沢梅太郎の二男として生まれる。第三高等学校を経て、1919年東京帝国大学法学部法律学科(英法)を卒業。同年10月、高等試験行政科試験に合格。内務省に入り静岡県属となる。

以後、岩手県理事官兵庫県警視、内務事務官新潟県書記官・学務部長、内務省土木局港湾課長、大臣官房都市計画課長などを歴任。

1937年6月、岩手県知事に就任。以後、熊本県愛知県京都府 の各知事を歴任。1944年4月、愛媛県知事兼四国地方行政協議会長となる。松山海運局長、四国軍需管理部長も務め、1945年4月に退官。日本医療団副総裁に就任。戦後公職追放となった。

1952年10月、第25回衆議院議員総選挙長崎県第1区自由党から出馬し当選。1953年4月の第26回総選挙で落選した。

その他、日本繊維工業株式会社顧問、東北電気製鉄株式会社取締役、東北製塩化学工業株式会社社長などを務めた。

1970年2月20日死去。享年80。

参考文献[編集]

  • 上田正昭他『日本人名大辞典』講談社、2001年。
  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。