西海市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
さいかいし
西海市
Flag of Saikai Nagasaki.svg
西海市旗
Symbol of Saikai Nagasaki.svg
西海市章
市旗・市章、共に2005年平成17年)4月1日制定
日本の旗 日本
地方 九州地方
都道府県 長崎県
団体コード 42212-6
面積 241.59km2
総人口 28,428
推計人口、2016年6月1日)
人口密度 118人/km2
隣接自治体 長崎市佐世保市南松浦郡新上五島町
市の木 ヤマモモ
市の花 カノコユリ
他のシンボル ハマボウ(花木)
アラカブ(魚)
ウグイス(鳥)
西海市役所
所在地 857-2302
長崎県西海市大瀬戸町瀬戸樫浦郷2222
北緯32度55分59.2秒東経129度38分34.8秒座標: 北緯32度55分59.2秒 東経129度38分34.8秒
西海市役所
外部リンク 西海市ウェブサイト

西海市位置図

― 市 / ― 町

 表示 ウィキプロジェクト

西海市(さいかいし)は、長崎県西彼杵半島の北部に位置する

地理[編集]

三方を五島灘佐世保湾大村湾に囲まれた西彼杵半島北部と、周辺に点在するからなる。ほとんどの地域がリアス式海岸で、海岸線は複雑に入り組んでいる。半島部の最高峰は標高561mの長浦岳(ながうらだけ、山頂は長崎市)である。海岸までは丘陵地で照葉樹林スギヒノキ林、果樹園、農耕地などがあり、平野部は狭い。市章は青い丸の中に小さな白い丸が5つ、「S」字に並んでいる。5つの丸は合併した5つの町を、Sは西海(Saikai)の頭文字を表している。

主な河川
    • 西彼杵半島東部
      • 大明寺川(だいみょうじ、旧西彼町)
      • 鳥加川(とりか、旧西彼町)
      • 木場川(こば、旧西海町)
    • 西彼杵半島西部
  • 大村湾内 - 特に鳥加(とりか)・大串(おおぐし)[1]周辺は島が多い。このうち竹島と前ノ島は有人島である。
  • 五島灘沖
    • 有人島
      • 松島(まつしま)- 旧大瀬戸町。瀬戸港の目前にあり、送電線はあるが、橋は架かっていない。
      • 南串島(なぐしじま)- 旧西海町。国道202号が通っており、柳地区と七釜地区を結んでいる。
      • 崎戸島 -(本郷橋)- 蛎浦島 -(中戸大橋)- 大島-(寺島大橋)- 寺島-(大島大橋)-西彼杵半島
        • 崎戸島(さきとじま)- 旧崎戸町。本郷橋で蛎浦島と結ばれている。
        • 蛎浦島(かきのうらしま)- 旧崎戸町。中戸大橋で大島と結ばれている。
        • 大島(おおしま)- 旧大島町。寺島大橋で寺島と結ばれている。
        • 寺島(てらしま)- 旧大島町。大島大橋で西彼杵半島と結ばれている。
      • 西彼杵半島よりも五島列島中通島に近い島
        • 江島(えのしま)- 旧崎戸町。西彼杵半島からは約30km。しかし、五島列島中通島(南松浦郡新上五島町)からは約20km。
        • 平島(ひらしま)- 旧崎戸町。西彼杵半島からは約40km。しかし、五島列島中通島からは約6km。

隣接する自治体[編集]

地域[編集]

人口[編集]

Demography42212.svg
西海市と全国の年齢別人口分布(2005年) 西海市の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 西海市
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
西海市(に相当する地域)の人口の推移
1970年 42,769人
1975年 41,941人
1980年 41,064人
1985年 39,670人
1990年 37,610人
1995年 36,327人
2000年 35,288人
2005年 33,680人
2010年 31,183人
総務省統計局 国勢調査より

地名[編集]

西海市の地名は○○町○○のように合併前の町名を冠した後に字名が付く。合併などによる名称変更など、地名の変遷は各町のページを参照のこと。

西海町(さいかいちょう)
  • 西海町横瀬郷(よこせごう)
  • 西海町面高郷(おもだかごう)
  • 西海町天久保郷(あまくぼごう)
  • 西海町丹納郷(たんのうごう)
  • 西海町黒口郷(くろくちごう)
  • 西海町太田和郷(おおたわごう)
  • 西海町中浦北郷(なかうらきたごう)
  • 西海町中浦南郷(なかうらみなみごう)
  • 西海町七釜郷(ななつがまごう)
  • 西海町水浦郷(みずうらごう)
  • 西海町太田原郷(おおたはらごう)
  • 西海町木場郷(こばごう)
  • 西海町川内郷(かわちごう)
西彼町(せいひちょう)
  • 西彼町伊ノ浦郷(いのうらごう)
  • 西彼町小迎郷(こむかえごう)
  • 西彼町八木原郷(やきはらごう)
  • 西彼町大串郷(おおくしごう)
  • 西彼町鳥加郷(とりかごう)
  • 西彼町喰場郷(じきばごう)
  • 西彼町上岳郷(かみだけごう)
  • 西彼町下岳郷(しもたけごう)
  • 西彼町白崎郷(しろさきごう)
  • 西彼町中山郷(なかやまごう)
  • 西彼町宮浦郷(みやうらごう)
  • 西彼町亀浦郷(かめうらごう)
  • 西彼町風早郷(かざはやごう)
  • 西彼町白似田郷(しらにたごう)
  • 西彼町平原郷(ひらばるごう)
大瀬戸町(おおせとちょう)
  • 大瀬戸町多以良内郷(たいらうちごう)
  • 大瀬戸町多以良外郷(たいらそとごう)
  • 大瀬戸町松島内郷(まつしまうちごう)
  • 大瀬戸町松島外郷(まつしまそとごう)
  • 大瀬戸町瀬戸板浦郷(せといたのうらごう)
  • 大瀬戸町瀬戸福島郷(せとふくしまごう)
  • 大瀬戸町瀬戸樫浦郷(せとかしのうらごう)
  • 大瀬戸町瀬戸羽出川郷(せとはでがわごう)
  • 大瀬戸町瀬戸下山郷(せとしたやまごう)
  • 大瀬戸町瀬戸西濱郷(せとにしはまごう)
  • 大瀬戸町瀬戸東濱郷(せとひがしはまごう)
  • 大瀬戸町雪浦幸物郷(ゆきのうらこうぶつごう)
  • 大瀬戸町雪浦久良木郷(ゆきのうらきゅうらぎごう)
  • 大瀬戸町雪浦河通郷(ゆきのうらごうつうごう)
  • 大瀬戸町雪浦奥浦郷(ゆきのうらおくうらごう)
  • 大瀬戸町雪浦上郷(ゆきのうらかみごう)
  • 大瀬戸町雪浦小松郷(ゆきのうらこまつごう)
  • 大瀬戸町雪浦下郷(ゆきのうらしもごう)
  • 大瀬戸町雪浦下釜郷(ゆきうらしものかまごう)
大島町
  • 大島町

大島町は5町で唯一「郷」を設置しなかった。

崎戸町(さきとちょう)
  • 崎戸町蛎浦郷(かきのうらごう)
  • 崎戸町本郷(ほんごう)
  • 崎戸町江島(えのしま)
  • 崎戸町平島(ひらしま)


歴史[編集]

五島灘沿いの西彼杵半島西部および離島の各港は1630年代江戸時代寛永年間)から捕鯨基地として栄えた。明治以降は石炭採掘が始まり、各地の港は大いに賑わった。しかし捕鯨産業が成り立たなくなり、炭鉱も全て閉山した現在は人口の流出が多い。

沿革[編集]

  • 1889年明治22年)4月1日 - 町村制により、亀岳村・大串村・面高村・七釜村・瀬川村・黒瀬村・神浦村(雪浦郷)・崎戸村・江ノ島村・平島村・多以良村・松島村・瀬戸村が発足する。
  • 1928年昭和3年)6月1日 - 瀬戸村が町制を施行し、瀬戸町となる。
  • 1931年(昭和6年)10月1日 - 崎戸村が町制を施行し、崎戸町となる。
  • 1949年(昭和24年)
    • 4月1日 - 黒瀬村が町制を施行し、黒瀬町となる。
    • 7月1日 - 黒瀬町が町名を大島町に改称する。
  • 1955年(昭和30年)
    • 2月11日 - 多以良村・松島村・瀬戸町および雪浦村が合併(新設合併)し、大瀬戸町となる。
    • 4月1日 - 面高村と七釜村が合併(新設合併)し、西海村となる。
  • 1955年(昭和30年)12月1日 - 西海橋が開通。
  • 1956年(昭和31年)9月1日 - 崎戸町が江ノ島村・平島村を編入する。
  • 1957年(昭和32年)3月31日 - 西海村が瀬川村を編入する。
  • 1961年(昭和36年)
    • 6月29日 - 亀岳村と大串村が合併(新設合併)し、西彼村となる。
    • 中戸大橋が完成し、蛎浦島と大島が結ばれる。
  • 1967年(昭和42年)- 崎戸橋が開通。(蛎浦島の入り江を結ぶ橋)
  • 1969年(昭和44年)1月1日 - 西海村が町制を施行し、西海町となる。同日、西彼村が町制を施行し、西彼町となる。
  • 1971年(昭和46年)- 本郷橋が完成し、崎戸島と蛎浦島が結ばれる。
  • 1973年(昭和47年)2月7日 - 大島造船所が設立。
  • 1981年(昭和56年)1月16日 - 松島火力発電所1号機が稼働開始。
  • 1988年(昭和63年)- 寺島大橋が完成。大島と寺島が結ばれる。
  • 1999年平成11年)1111 - 大島大橋(長さ 約1,095m/有料)が開通。
    • 寺島と西彼杵半島が結ばれたことにより、崎戸島・蛎浦島・大島・寺島・西彼杵半島すべてがつながった。
  • 2005年(平成17年)4月1日 - 大瀬戸町・西彼町・西海町・大島町・崎戸町が合併(新設合併)し、西海市となる(平成の大合併)。西海市役所は旧大瀬戸町役場に置かれ、他の旧町役場は「総合支所」となった。
  • 2006年(平成18年)3月5日 - 新西海橋が開通。
  • 2009年(平成21年)3月31日 - 西海市が加盟していた佐世保地域広域市町村圏組合が解散。
  • 2010年(平成22年)4月1日 - パスポート業務が長崎県から西海市に移管。これにより、西海市民は西海市役所本庁でパスポートの申請・受け取りができるようになった。[2]
  • 2011年(平成23年)4月1日 - 大島大橋が無料化。西海市立病院(大島町)が民営化され、社会福祉法人福医会さいかい病院となる。[3]
  • 2014年(平成26年)7月3日 - 気象庁が設置する雨量計で当時の最新記録を上回る78.5mmの雨を観測。各地で冠水や土砂崩れが起こり、後に50年に1度の大雨と発表される。

行政[編集]

市政[編集]

市長[編集]

  • 初代 - 山下純一郎(2005年5月1日 - 2009年4月30日 1期)
  • 第2代 - 田中隆一(2009年(平成21年)5月1日就任 1期目)-現職

市議会[編集]

  • 西海市議会 定数20

組織[編集]

  • 西海市役所(旧大瀬戸町役場、大瀬戸町瀬戸樫浦郷2222番地)
    • 市長
      • 副市長
        • 総務部
          • 総務課 - 総務法規班、秘書班、人事班、契約班
            • 松島出張所(離島、大瀬戸町松島内郷1384-11)
          • 財務課 - 財産管理班、財政班
          • 安心安全課 - 消防防災班、基地対策班、安心生活班
        • さいかい力創造部
          • 政策企画課 - 政策調整班、情報電算班
          • まちづくり推進課 - 地域再生振興班、企業誘致促進班
        • 市民環境部
          • 市民課 - 総務戸籍班、総合窓口班(パスポート窓口)[2]
          • 税務課 - 市民税班、資産税班、収納班
          • 環境政策課 - 総務環境班、廃棄物政策班、施設整備班
        • 保健福祉部(福祉事務所
          • 健康づくり課 - 予防班、保健班
          • 医療保険課 - 医療保険班
          • 福祉課 - 総務福祉班、児童母子班、障がい者福祉班
          • 社会課 - 生活保護班
          • 長寿介護課 - 長寿政策班、介護保険班、地域支援班
        • 産業振興部
          • 農林課 - 農林畜産班、農村整備班、有害鳥獣対策班
          • 水産課 - 水産企画班、水産振興班
          • 商工観光課 - 商工雇用班、観光振興班
        • 建設水道部
          • 建設課 - 土木整備班、土木管理班
          • 住宅建築課 - 建築整備班、住宅管理班
          • 上水道課 - 水道総務班、維持管理班、施設整備班
          • 下水道課 - 総務管理班、施設整備班
        • 総合支所(各総合支所に地域課・市民課を設置。)
          • 西彼総合支所(西彼町喰場郷1686-3、長崎オランダ村跡地[4]
            西彼総合支所。旧長崎オランダ村
          • 西海総合支所(西海町木場郷2235)
          • 大島総合支所(大島町1894-5) - 地域課・市民課に加え、管理課建設管理班を設置。
          • 崎戸総合支所(崎戸町蠣浦郷1646-7)
            • 江島出張所(離島、崎戸町江島1475)
            • 平島出張所(離島、崎戸町平島830)
      • 会計課 - 会計班、審査班
      • 議会事務局 - 総務班、議事調査班
      • 教育長 - 教育委員会
        • 教育総務課 - 総務班、財務管理班(旧西海町役場)
        • 学校教育課 - 指導班、学務班(同上)
        • 社会教育課 - 生涯学習班、文化班(同上)
        • スポーツ振興課 - スポーツ振興班(大瀬戸総合運動公園)
        • 事務所 - 西海事務所(西海公民館)、西彼事務所(西彼地区教育文化センター内)、大瀬戸事務所(大瀬戸コミュニティセンター内)、大島事務所(大島離島開発センター内)、崎戸事務所(崎戸中央公民館内)
      • 農業委員会 - 委員会班
      • 選挙管理委員会 - 選挙班
      • 監査委員 - 監査班

庁舎[編集]

[5]

  • 本庁(旧大瀬町役場、大瀬戸町瀬戸樫浦郷2222)
  • 第1別館(福祉事務所、大瀬戸町瀬戸樫浦郷2278-1) -さいかい力創造部政策企画部情報電算班、保健福祉部、選挙管理委員会
  • 第2別館(大瀬戸コミュニティーセンター) - 総務部財務課財産管理班、契約班
  • 第3別館(旧西海市社会福祉協議会大瀬戸支部跡)- 産業振興部、農業委員会
  • 第4別館(大瀬戸土木維持管理事務所2階、大瀬戸町瀬戸板浦郷1128-16)- 建設水道部
  • 大瀬戸総合運動公園(大瀬戸瀬戸西濱郷950) - 教育委員会スポーツ振興課
  • 旧西海町役場庁舎(現 西海総合支所、西海町木場郷2235) - 教育委員会教育総務課・学校教育課・社会教育課

消防[編集]

  • 佐世保市に委託している。
    • 佐世保市消防局
      • 東消防署
        • 西彼主張所(西海市西彼町小迎郷3098-3)
        • 大崎出張所(西海市大島町3384-11)
          • 西海市消防団崎戸方面団
            • 江島コミュニティセンター
            • 平島コミュニティセンター
        • 大瀬戸出張所(西海市大瀬戸町瀬戸樫浦郷1662-1)

医療[編集]

市立
  • 西海市役所保健福祉部
    • 江島診療所
    • 平島診療所
    • 松島診療所
    • 雪浦診療所
かつて市立病院として「大島病院」が存在したが、2011年(平成23年)4月に民営化され現在は「社会福祉法人福医会さいかい病院」となっている。

姉妹都市[編集]

交流都市・団体[編集]

県政所管[編集]

県の機関[編集]

警察[編集]

県議会[編集]

国政[編集]

国の機関[編集]

厚生労働省

衆議院選挙[編集]

国防[編集]

国際機関[編集]

アメリカ海軍

産業[編集]

遠見岳より松島火力発電所を展望。

海に囲まれていて沿岸漁業がさかん。南東部の大村湾沿岸ではナマコカキ真珠など、北部・西部の五島灘ではアラカブ(カサゴ)、クエブリアワビイセエビウニワカメヒジキなど、多くの水産物が漁獲される。

農産物ではミカンスイカ、西海町のゆで干し大根、大島町の完熟トマトなどが特産品として売り出されている。 また、松島には電源開発松島火力発電所、大島には大島造船所、蛎浦島には崎戸製所がある。

金融[編集]

  • 銀行
  • 農業協同組合JAバンク
    • 長崎西彼農業協同組合
      • 支店 - 西海支店、面高支店、七釜支店、多以良支店、西彼支店、大串支店、大瀬戸支店、雪浦支店、大崎支店
      • 営業所 - 太田和営業所、大島郷営業所、江島営業所、平島営業所、
      • 出張所 - 小迎出張所
      • その他、資材センター、自動車整備センター、農機具センター、Aコープ、給油所、斎場等の運営を行っている。
  • 漁業協同組合JFマリンバンク)- 大瀬戸町漁協、西海大崎漁協
  • 郵便局ゆうちょ銀行)- 全部で21局。
    • 集配局 - 窓口業務に加え、該当地域の郵便物の集配業務を行う局。(5局)
      • 亀岳郵便局(〒851-33/851-34で始まる地域)、西海郵便局(〒851-35)、大瀬戸郵便局(〒857-23/857-22/857-25)、肥前大島郵便局(〒857-24)、崎戸郵便局(〒857-31)
    • 無集配局 - 窓口業務のみを行う郵便局(7局)
      • 面高郵便局、横瀬郵便局、大串郵便局、雪浦郵便局、松島郵便局、平島郵便局、七釜郵便局
    • 簡易郵便局(9局)
      • 江島簡易郵便局、崎戸本郷簡易郵便局、馬込簡易郵便局、黒口簡易郵便局、丹納簡易郵便局、小迎簡易郵便局、多以良簡易郵便局、西海南簡易郵便局、太田和簡易郵便局

教育[編集]

高等学校[編集]

県立3校
西海市は長崎県教育委員会により、長崎市や西彼杵郡と同様に「県南学区」に指定されており、以下の全日制普通科高等学校にも志願・入試・通学が可能である。[8]

中学校[編集]

市立
  • 6校(うち休校1校)(2013年(平成25年)4月現在)
    • 西彼中学校(せいひ、西彼町喰場郷1173)
    • 大瀬戸中学校(おおせと、大瀬戸町瀬戸樫浦郷1624)
    • 西海中学校(さいかい、西海町黒口郷518)- 2012年(平成24年)4月に西海北中学校と西海南中学校を統合し開校。
    • 大崎中学校(おおさき)- 2013年(平成25年)に大島中学校(おおしま)と崎戸中学校(さきと)が統合され、長崎県立大崎高等学校と連携型中高一貫教育を開始。
    • 江島中学校(えのしま、小学校と併設、離島、崎戸町江島204)-2010年(平成22年)4月より中学生卒業(生徒在籍数0)のため、休校。
    • 平島中学校(ひらしま、小学校と併設、離島、崎戸町平島741)
廃止となった中学校については長崎県中学校の廃校一覧#西海市を参照。

小学校[編集]

市立 
  • 14校(2016年(平成28年)4月現在)
    • 白似田小学校(しらにた、西彼町白似田郷934)
    • 亀岳小学校(かめだけ、西彼町下岳郷2118)
    • 大串小学校(おおぐし、西彼町平山郷2333)
    • 西彼北小学校(せいひきた、西彼町小迎郷2530)
    • 雪浦小学校(ゆきのうら、大瀬戸町雪浦下郷1313-2)
    • 大瀬戸小学校(おおせと、大瀬戸町瀬戸樫浦郷2159)-2013年に瀬戸小学校・多以良小学校(たいら)・松島小学校の3校と雪浦小学校幸物分校を統合。
    • 西海東小学校(さいかいひがし、西海町丹納郷2030)
    • 西海小学校(さいかい、西海町中浦南郷215)- 2016年4月 西海市立西海西小学校と西海市立西海南小学校2校を統合の上開校。
    • 西海北小学校(さいかいきた、西海町横瀬郷660)
    • 大島東小学校(おおしまひがし、大島町1922-2)
    • 大島西小学校(おおしまにし、大島町7720)
    • 崎戸小学校(さきと、崎戸町蠣浦郷1771)
    • 江島小学校(えのしま、中学校と併設、離島、崎戸町江島204)-2007年(平成19年)より休校していたが、2010年(平成22年)小学生の入学で復校。
    • 平島小学校(ひらしま、中学校と併設、離島、崎戸町平島741)
廃止となった小学校については長崎県小学校の廃校一覧#西海市を参照。

特別支援学校[編集]

幼稚園[編集]

市立
  • 大島幼稚園
私立
  • 天真幼稚園(西彼町平山郷2324-16)
  • 西彼中央幼稚園(西彼町喰場郷413)
  • あかつき幼稚園(西海町木場郷1398)
  • 崎戸幼稚園

保育所[編集]

市立
  • 間瀬保育所(大島1876-2)
  • 横瀬保育所(西海町横瀬郷2938)
私立
  • 亀岳保育園(西彼町上岳郷148)
  • 小迎保育園(西彼町小迎郷2734-1)
  • 瀬川保育園(西海町丹納郷2766-5)
  • はすの実保育園(西海町太田和郷907-1)
  • 樹心保育園(西海町天久保郷1325)
  • たんぽぽ保育園(西海町川内郷1093)
  • 西海保育園(西海町七釜郷1888)
  • 瀬戸保育園(大瀬戸町瀬戸福島郷1458-33)
  • 遊林保育園(大瀬戸町瀬戸西濱郷63)
  • 淳心保育園(大瀬戸町雪浦下郷1206-1)
  • 松島保育園(大瀬戸町松島内郷298-1)
  • 多以良保育園(大瀬戸町多以良内郷1336-1)
  • 太田尾保育園(大島町太田尾4617)
  • まさご保育園(大島町真砂1813-8)

図書館[編集]

  • 西海市立西彼図書館(西彼町喰場郷736)
  • 西海市立大島図書館(大島町1922-2)
  • 西海市西海歴史民俗資料館図書室(西海町黒口郷488-1)
  • 西海市崎戸中央公民館図書室(崎戸町蠣浦郷1645)
  • 西海市大瀬戸歴史民俗資料館図書室(大瀬戸町瀬戸西浜郷61-1)

交通[編集]

空路[編集]

  • 長崎空港
    • 長崎空港は、大村湾をはさみ西海市のある西彼杵半島からは対岸に位置しているため、車での移動は時間がかかる。
      • 西海市の南部に接する長崎市琴海地区、パサージュ琴海から長崎空港行きの高速船が完全予約制で大村湾観光汽船によって運行されている。
      • 琴海地区よりも南にある西彼杵郡の時津港から長崎空港行きの定期高速船が安田産業汽船によって運行されている。
  • 上五島空港 - 平島から船で約15分の場所にあったが、現在就航便はなく、2006年(平成18年)4月より閉鎖されている。

海路[編集]

市外への路線
瀬川汽船
  • 瀬川汽船(旧 西海町渡船)[9]
    • 高速船「せがわ」、「さんせがわ」
      • 路線1 : 佐世保港 - 寄船港 - 横瀬西港 - 小郡港 - 畑下港 - 川内港 (いずれも旧西海町地区)
      • 路線2 : 佐世保港 - 横瀬西港(距離 10km/所要時間 せがわ-15分、さんせがわ-18分)
  • 崎戸商船
    • フェリー「みしま」
      • 路線 : 佐世保港 - 蛎浦島 崎戸港 - 江島丸田漁港 - 平島漁港 - 友住港(南松浦郡新上五島町有川地区)
        • 総距離 71.5m/所要時間 3時間29分
  • 西海沿岸商船
    • フェリー「フェリーおおしま」「フェリーかしま」
    • 高速船「れぴーど」「れぴーどエクセル」「れぴーど2」
      • 路線 : 佐世保港 - 面高港 - 肥前大島港 - 松島釜浦桟橋 - 瀬戸港 - 池島港(長崎市外海町の離島) - 神浦港(長崎市外海地区)
市内路線
  • 西海市営交通船
    • 「New松島」
      • 路線 : 瀬戸港 - 松島釜浦港
        • 総距離2.4km/所要時間約12分
  • 江崎海陸運送
    • 旅客カーフェリー「シャトル5」
      • 路線 : 瀬戸港 - 松島吉原港

鉄道[編集]

道路[編集]

大島大橋

バス路線[編集]

音浴博物館

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事・レジャー[編集]

雪浦海水浴場

出身有名人[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 鳥加・大串ともに旧西彼町。大串は長崎バスの終点としても有名である。
  2. ^ a b 長崎県パスポートインフォメーション
  3. ^ 4月1日(金)さいかい病院除幕式、大島大橋無料化記念式典
  4. ^ 2010年(平成22年)5月に西彼総合支所は長崎県央振興局農林部西海事務所とともに、長崎オランダ村跡地に移転した。
  5. ^ 各庁舎の案内 - 西海市ウェブサイト
  6. ^ a b c 西海市基本計画(PDF)- 西海市ウェブサイト
  7. ^ 英語版WikipediaBowen, Queenslandを参考。姉妹都市としては合併前の大瀬戸町(Oseto-cho)のままで書かれている。
  8. ^ 平成23年度 ハイスクールガイダンス 長崎県教育委員会
  9. ^ 1972年(昭和47年)3月に瀬川渡船株式会社に譲渡された。詳しくは瀬川汽船ウェブサイト

参考文献[編集]

外部リンク[編集]