栗田有起

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

栗田 有起(くりた ゆき、1972年2月17日 - )は、日本小説家長崎県西海市(旧・崎戸町)出身。本名・加藤由起子。夫はデザイナーの池田進吾[1]

経歴[編集]

名古屋外国語大学外国語学部英米語学科卒業[2]製薬会社広報室、ホテルフロント勤務を経て、2002年、「ハミザベス」で第26回すばる文学賞を受賞し小説家デビュー[3]2003年、「お縫い子テルミー」で第129回芥川龍之介賞候補。2004年、「オテル・モル」で第131回芥川龍之介賞候補。2005年、「マルコの夢」で第133回芥川龍之介賞候補。

作品リスト[編集]

単著[編集]

  • 『ハミザベス』集英社、2003 のち文庫
    • ハミザベス(『すばる』2002年11月号)
    • 豆姉妹
  • 『お縫い子テルミー』集英社、2004 のち文庫 
    • お縫い子テルミー(『すばる』2003年6月号)
    • ABARE・DAICO(『すばる』2003年12月号)
  • 『オテルモル』(2005、集英社)のち文庫 
    • 初出:『すばる』2004年6月号
  • 『マルコの夢』(2005、集英社)のち文庫 
    • 初出:『すばる』2005年5月号
  • 『蟋蟀』(2008年筑摩書房)のち小学館文庫

(サラブレッド、あほろーとる、鮫島夫人、猫語教室、蛇口、アリクイ、さるのこしかけ、いのしし年、蟋蟀、ユニコーン)

  • 『コトリトマラズ』集英社、2010 
  • 『卵町』ポプラ文庫、2014

書籍未収録作品[編集]

  • さぼりん(『文學界』2004年6月号)
  • 鎖シェル玉パプコーン(『群像』2005年5月号)
  • ジミさんの思い出(『群像』2005年12月号)
  • しろとりどり(『新潮』2007年12月号)
  • 森林くんの奇跡(『yom yom』Vol.6)
  • 旅するザリガニ(『yom yom』Vol.10)
  • 雲使いの娘(『yom yom』Vol.11)
  • 晴れたら長靴(『yom yom』Vol.12)
  • 毛婚(『群像』2017年7月号)

アンソロジー収録作品[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 栗田有起@kuritayuki
  2. ^ きらら from BookShop  熱烈インタビュー 第14回 栗田有起 さん”. WEBきらら. 2017年10月14日閲覧。
  3. ^ 栗田有起「美しいひと」”. プレミアムビール「GARGERY」. 2017年10月14日閲覧。