長崎オランダ村

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

座標: 北緯32度59分55.83秒 東経129度45分28.39秒 / 北緯32.9988417度 東経129.7578861度 / 32.9988417; 129.7578861

長崎オランダ村
Nagasaki Holland Village 2011.JPG
出国窓口(現在の西海市役所西彼総合支所)
施設情報
テーマ 中世オランダ
面積 約16万5,000m2[1]
来園者数 約200万人(1990年度)[2]
約21万9,000人(2000年度)[2]
開園 1983年7月22日
閉園 2001年10月21日
所在地 851-3305
長崎県西彼杵郡西彼町喰場郷1686-3(閉園時点)
位置 北緯32度59分49.22秒
東経129度45分26.88秒

長崎オランダ村(ながさきオランダむら、英語表記:Nagasaki Holland Village)は、かつて長崎県西彼杵郡西彼町(現・西海市)にあったテーマパーク佐世保市のテーマーパークハウステンボスのルーツとなった施設である。1983年昭和58年)開園、2001年平成13年)に閉園。

跡地は2003年(平成15年)に西海市が購入し、2005年(平成17年)に食のテーマパークキャスビレッジ(cas village)として再生したが、約半年で破綻した。キャスビレッジ破綻後の跡地の一部には、2010年(平成22年)5月6日西海市役所西彼総合支所長崎県央振興局農林部西海事務所が移転した。西海市は2015年(平成27年)春にも一部を再オープンさせる方針で管理運営事業者を公募した[3]結果、同市にある動物園長崎バイオパークの運営企業等が設立する新法人ホーランド・ヴィレッジ(仮称)が選定され、2016年(平成28年)3月開業を目指し施設を整備することなった[4][5][6]

2016年4月16日にポートホールン長崎として再開した。

長崎オランダ村概要[編集]

長崎オランダ村は、西彼町(現・西海市)の役場職員であった創業者の神近義邦が1983年(昭和58年)7月22日に開園した。開園当初は生簀料理店を改装した小規模なものだったが、興銀など6つの金融機関から成る協調融資団による巨額融資を受け、80社以上の企業が参加し拡張していった[7]

神近の「長崎県にゆかりの深いオランダの街並みを、路面に敷かれたレンガ一つまで忠実にそっくりそのまま大村湾の入江に再現する」という大胆なコンセプトは、バブル景気湾岸戦争による国内旅行需要増加も手伝い、長崎観光の新しい目玉に成長した。村上龍の小説『長崎オランダ村』の題材にもなり知名度も高まった。ドラマなどのロケ地にもなり、1985年(昭和60年)に放映された特撮番組『電撃戦隊チェンジマン』では2週連続放送、1987年(昭和62年)5月10日放送のドラマ『あぶない刑事』(第31話『不覚』)でもオランダ村が舞台となっている。

九州各地からの来客を見込んでCMも積極的に流し、「長崎、オランダ、ヴィレッジ」の歌詞は地元で有名になった。1986年(昭和61年)頃にはテレビ西日本(TNC)などで午後(夜)9時(21時)の時報としてカロヨンの鐘を使ったCMを展開した。民族衣装を着たオランダ人スタッフが常駐し、オランダからのパフォーマーがショーを演じるほか、春にはチューリップ祭り、秋には出島祭りを開催するなどして人気を集めた。

1992年(平成4年)には佐世保市に、オランダ村とコンセプトを同じく、より大規模なハウステンボスがオープン。長崎オランダ村はハウステンボスのサテライトパークとして営業を続けたが、ハウステンボスの経営不振などによって2001年(平成13年)10月21日に閉園。その後、跡地の併合など利用が検討課題となった。

プリンス・ウィレム号のレプリカ。2003年に売却後焼失した

主な施設[編集]

ウィレムスタッド、ブルーメンダム、ザーンス・スカンス、ホールンといったオランダ各地の古い街並みが再現され[8]、以下のような施設が建設された。

  • 風車 - ザーンダムにある野外博物館ザーンセスカンスの風車を再現
  • ミニチュアタウン - ハーグにあるミニチュアパーク「マドローダム」の再現
  • 出島の1/15模型
  • ホールン・タワー - 17世紀にオランダ東インド会社の出港地のひとつとして栄えた港町ホールンのシンボルタワー(1532年造)の再現
  • ポルセレイン・ミュージアム - 陶磁器とオランダ民俗の博物館。有田焼など3000点の飾り磁器に彩られたシャルロッテンブルク宮殿「磁器の間」が復元。
  • 大航海体験館 - 大航海をテーマにした大型スクリーンによる映像館。
  • プリンス・ウィレム号 - 17世紀最大のオランダ帆船(全長73.5メートル、約2000トン)の復元。1985年に14億円をかけてオランダの造船所で復元したが[9]、ハウステンボス破綻後の2003年にオランダのテーマパークに1億3000万円で売却、2009年に焼失した[10]
  • 海事博物館 - 帆船模型、海図など日蘭貿易の歴史をテーマにした博物館
  • マリン・シャトル - ウィレムスタッド地区と対岸のホールン地区を繋ぐ連絡船
  • 海洋歴史博物館 - 観光丸、咸臨丸の模型、長崎海軍練習場の写真などの展示
  • 帆船映画劇場
  • 観光丸 - オランダ国王から幕府に贈られた軍用蒸気帆船の復元船による大村湾クルージング
  • マーケット広場 - オランダ・チーズやダイヤモンドなど多彩な売店が集まった広場
  • ドンケルブルック教会
  • マルケン広場 - 17世紀の漁村を再現
  • オランダ座 - ショー・パフォーンマンス会場
  • 天体運命館ヘームステーゼ - 中世オランダの古城を再現。天体時計を使った占星術館。
  • オランダ村博物館 - スフラーフラランドの貴族館と庭園を再現。オランダ絵画の展示など

跡地利用[編集]

キャスビレッジ[編集]

閉鎖後、地元自治体、経済界などが跡地の活用策を模索していた。学校の誘致や高齢者向け施設などの案もあがったが、最終的に手を上げたのは、日本テレビ系のバラエティ番組『マネーの虎』で名を馳せた小林敬だった。食のテーマパークと銘打ち、飲食施設のほか、有機野菜ファーム、調理師学校なども整備する予定だった。

2005年(平成17年)3月の開業時には、和食洋食中華料理レストランファストフード店など12店舗をはじめ、結婚式場や、食器・調理器具などをそろえたショップを整備。施設周辺の豊富な食材をその場で調理・販売・消費する「地産地消」を前面に掲げ、初年度の集客50万人、売上高19億円をめざした。

しかし、過剰な設備投資(旧オランダ村の改築費に15億円以上)に加えて、多大な広告を行いながら(長崎県内を小林社長のラッピングバスが多数走っていた)集客が思うように伸びないなどビジネスプランに破綻をきたし、開業からわずか半年あまり後の2005年(平成17年)10月3日に、運営会社CASジャパン(本社西海市、代表取締役・小林敬)が自己破産した。即日閉鎖され、百数十名の従業員は全員解雇された。

その後[編集]

跡地は「行政」「福祉」「商業」の3ゾーンに分けた上で活用されることが2009年(平成21年)11月に発表されている[11]

「行政」ゾーンについては、2010年(平成22年)1月下旬より壁の塗り替えなどの改修工事を行い、5月6日に西海市役所西彼総合支所が移転開庁した。オランダ村時代に出国窓口であった2階建ての建物が使われており、1階は市民課と地域課、2階は会議室になっている。

残りの建物は商業施設や福祉施設に活用する予定であり、改修工事が行われているものの、大半の建物がシロアリの被害などに遭っており、全ての建物を再利用するのは困難な状況となっている。風車は固定されており、現時点では動くことはない。なお、2011年(平成23年)5月から敷地の一部を市民に無料開放する予定が公表され、5月からホールン地区の開放が始まった[11]

オランダ村の一部(約9,500m2)の管理運営事業者を公募していた西海市は、2014年(平成26年)9月12日に、長崎バイオパークの運営企業等が設立する新法人ホーランド・ヴィレッジ(仮称)を選定したと発表した。同社は、既存の建物を利用しつつ、海に面した景観を活かして港町を演出し、レストラン、地元特産品などの物販施設、古美術品を展示する有料の美術館を整備して、2016年(平成28年)3月の開業を目指す計画である。入場は無料にし、バイオパークとの間に無料シャトルバスを運行して相乗効果を狙う[4][5][6]

また、2014年(平成26年)11月28日には、ハウステンボスも、長崎オランダ村跡地で最先端のテーマパークを展開することを前向きに検討していると明らかにしている[12]

2016年、西海市と地元の観光リゾート運営会社ホーランドビレッジ(バイオパークが2014年に設立。同社会長の坂本信吾が社長に就任)が、ホールン地区の約1万平方メートル、20施設を使って、入場無料の市民交流型観光施設「ポート ホールン長崎」を4月に開業することを発表した[13][14]

ポートホールン長崎[編集]

2016年4月16日、旧オランダ村の一部を利用した「ポートホールン長崎」が開業した[15][16]

入園は無料とし、無料駐車場を用意した[17]

土地・施設を所有する西海市から約9500平方メートルの敷地、建物を10年間無償で運営会社が借り受けた[16]。市は建物の外装に4億円、運営会社は内装やインフラに1億5千万円を投じて改修した[15]

所在地[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 長崎オランダ村 / ワードBOX / 西日本新聞
  2. ^ a b 読売新聞 2001年10月22日 西部朝刊 『オランダ村 18年の歴史に幕/長崎』
  3. ^ “長崎・オランダ村再オープンへ 西海市、15年春にも”. 共同通信. (2014年2月24日). http://www.47news.jp/CN/201402/CN2014022401002668.html 2014年2月24日閲覧。 
  4. ^ a b 長崎)旧オランダ村一部、物販施設に 16年3月開業へ 朝日新聞デジタル、2014年9月13日
  5. ^ a b オランダ村跡地活用、運営事業者決まる 読売新聞(YOMIURI ONLINE)、2014年9月13日
  6. ^ a b オランダ村の運営会社決定、28年春再開へ 長崎 産経ニュース、2014年9月13日
  7. ^ 21世紀型テーマパーク・ハウステンボス尾上典子、亜細亜大学経営学紀要 17(1/2), 1-89, 2010-0
  8. ^ BCS賞受賞作品 第31回受賞作品(1990年)長崎オランダ村日本建設業連合会
  9. ^ 浮きドックで母国へ出帆/長崎オランダ村の復元帆船四国新聞、2003/11/04
  10. ^ Prins Willim afgebrand.Hans van der Veen, 1 Aug 2009
  11. ^ a b asahi.com:オランダ村 再生へ動き-マイタウン長崎 - 2011年6月8日
  12. ^ 好調ハウステンボス 王国第5弾は「健康」 読売新聞(YOMIURI ONLINE)、2014年11月29日[リンク切れ]
  13. ^ 旧オランダ村跡の観光施設長崎新聞、2016年1月13日[リンク切れ]
  14. ^ 旧オランダ村新施設名称は 「 ポートホールン長崎 」 NBC長崎放送公式チャンネル、 12 Jan 2016[リンク切れ]
  15. ^ a b “長崎)旧オランダ村に「ポートホールン長崎」16日開業”. 朝日新聞. (2016年4月9日). http://www.asahi.com/articles/ASJ4833PHJ48TOLB001.html 2016年5月18日閲覧。 
  16. ^ a b “ポートホールン開業”. 長崎新聞. (2016年4月17日). http://www.nagasaki-np.co.jp/news/photonews/2016/04/17091140047472.shtml 2016年5月18日閲覧。 
  17. ^ 堀内京子 (2016年5月10日). “入場無料・グルメや散策が楽しい「ポートホールン長崎」長崎オランダ村跡地にオープン!”. たびねす (ベンチャーリパブリック). http://guide.travel.co.jp/article/18052/ 2016年5月18日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]