五島市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ごとうし
五島市
大瀬崎断崖、大瀬埼灯台
大瀬崎断崖、大瀬埼灯台
Flag of Goto, Nagasaki.svg Emblem of Goto Nagasaki chapter.svg
五島市旗
2004年8月1日制定
五島市章
2004年8月1日制定
日本の旗 日本
地方 九州地方
都道府県 長崎県
団体コード 42211-8
法人番号 7000020422118
面積 420.10km2
総人口 35,429[編集]
推計人口、2018年10月1日)
人口密度 84.3人/km2
隣接自治体 南松浦郡新上五島町(海域を挟む)
市の木 アコウ
市の花 ハマユウ
市の鳥
市の花木
メジロ
ヤブツバキ
五島市役所
市長 野口市太郎
所在地 853-8501
長崎県五島市福江町1番1号
北緯32度41分44秒東経128度50分26.9秒座標: 北緯32度41分44秒 東経128度50分26.9秒
Goto city office.JPG
外部リンク 公式ウェブサイト

五島市位置図

― 市 / ― 町

 表示 ウィキプロジェクト
石田城大手門
福江の武家屋敷通り
高浜海水浴場

五島市(ごとうし)は、長崎県の西部、五島列島の南西部に位置する

地理[編集]

長崎港から約100キロメートルの位置にあり、11の有人島と52の無人島により構成されている。

[編集]

五島市の主要な島

その他の有人島

河川[編集]

二級河川

[編集]

  • 鬼岳

隣接自治体[編集]

海に囲まれており、海域を挟んで隣接している。

地名[編集]

五島市の地名を参照。

人口[編集]

Demography42211.svg
五島市と全国の年齢別人口分布(2005年) 五島市の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 五島市
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
五島市(に相当する地域)の人口の推移
1970年 68,649人
1975年 63,410人
1980年 60,947人
1985年 57,736人
1990年 54,143人
1995年 51,295人
2000年 48,533人
2005年 44,765人
2010年 40,622人
2015年 37,327人
総務省統計局 国勢調査より

歴史[編集]

肥前国風土記に記されている伝承によれば、景行天皇筑紫巡幸のみぎり、五島列島は値嘉島(ちかのしま)と呼ばれ、小近の大耳、大近の垂耳という「土蜘蛛」が居たという。また福江島の北西部に位置する柏崎は東シナ海を横断する遣唐使船の最後の停泊地として有名であった。

古代
  • 804年 第16次遣唐使船、美彌楽崎(みみらくのさき・現柏崎)を中国大陸に向け出帆。空海最澄橘逸勢ら同乗。
  • 806年 空海が帰国の途中暴風雨に遭遇し、福江島玉之浦の大宝港に寄港、そこで真言密教を開宗
中世
近世
近現代

行政区域の変遷[編集]

五島市の行政[編集]

市長[編集]

氏名 よみがな 就任年月日 退任年月日 備考
初代 中尾郁子 なかおいくこ 2004年9月5日 2008年9月4日 九州初の女性市長
2代 2008年9月5日 2012年9月4日
3代 野口市太郎 のぐちいちたろう 2012年9月5日 2016年9月4日
4代 2016年9月5日 市制施行初、無投票による当選

市議会[編集]

  • 定数:22人
  • 常任委員会
    • 総務委員会(定数8人)
    • 文教厚生委員会(定数7人)
    • 経済土木委員会(定数7人)
    • 予算委員会(定数21人)
  • 議会運営委員会(定数8人)

会派構成[編集]

会派名 人数
政風会 11人
政策研究会7 4人
日本共産党 2人
市民クラブ 2人
つばき会 2人
新風会 1人

行政・司法機関[編集]

警察[編集]

消防[編集]

国の機関[編集]

法務省

財務省

厚生労働省

  • 長崎労働局長崎労働基準監督署五島駐在事務所
  • 長崎労働局五島公共職業安定所

農林水産省

国土交通省

環境省

防衛省

裁判所

県の機関[編集]

医療関係[編集]

教育関係[編集]

高等学校[編集]

※規模適正化で統廃合になった高等学校は長崎県高等学校の廃校一覧#五島市を参考。

中学校[編集]


※規模適正化で統廃合になった中学校は長崎県中学校の廃校一覧#五島市を参考。

小学校[編集]


※規模適正化で統廃合になった小学校は長崎県小学校の廃校一覧#五島市を参考。

特別支援学校[編集]

交通[編集]

離島であるため市外からのアクセスは航路、空路を利用する。なお、本土からの距離が遠く船舶でのアクセスは多少時間がかかる。市内の交通の中心は自動車(自家用車、路線バス、タクシー)。道路整備は旧福江市内を中心に郊外の隅々まで行われている。

港湾[編集]

福江港

空港[編集]

福江空港

路線バス[編集]

コミュニティバス[編集]

道路[編集]

一般国道[編集]

長崎県道[編集]

主要地方道

  • 長崎県道27号福江荒川線
  • 長崎県道31号富江岐宿線
  • 長崎県道49号福江富江線
  • 長崎県道50号玉之浦大宝線
  • 長崎県道63号福江空港線

一般県道

  • 長崎県道162号河務福江線
  • 長崎県道164号玉之浦岐宿線
  • 長崎県道165号大浜福江線
  • 長崎県道166号椛島線
  • 長崎県道167号久賀島線
  • 長崎県道168号奈留島線
  • 長崎県道233号貝津岳浜ノ畔線

観光[編集]

2001年より、アイアンマンジャパントライアスロン五島長崎(現:バラモンキング)が行われており、日本各地、世界各国から沢山の人が訪れている。また自然、歴史的に名の知れた建築物や場所もあり、それを求め訪れる観光客も多くいる。

経済[編集]

ごと芋で有名、大相撲の懸賞など。

スポーツ[編集]

イベント[編集]

堂崎天主堂
鬼岳
現在は「バラモンキング」と改称し、毎年父の日ごろに行われている。
  • 福江みなとまつり(秋頃、福江地区)

観光地[編集]

名産品・特産品[編集]

かんころもち

著名な出身者[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]