楠本長三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
楠本 長三郎
(くすもと ちょうざぶろう)
楠本長三郎
人物情報
生誕 1871年3月10日明治4年1月20日
日本の旗 日本 長崎県西彼杵郡七釜村
死没 1946年12月6日(満75歳没)
日本の旗 日本 大阪帝国大学医学部附属医院
出身校 東京帝国大学
学問
研究分野 内科学
研究機関 大阪帝国大学
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

楠本 長三郎(くすもと ちょうざぶろう、1871年3月10日明治4年1月20日) - 1946年昭和21年)12月6日)は、日本内科学者府立大阪医科大学を昇格させ大阪帝国大学を創設した。その後、大阪帝国大学第二代総長となり、微生物病研究所産業科学研究所等を設置し、大阪帝国大学拡大に貢献した。位階正三位勲等勲一等

生い立ち[編集]

九州大村藩の医家楠本家の四代元正の二男として1871年明治4年)1月20日長崎県西彼杵郡七釜村(現在の西海市西海町中浦)に生まれる。幼少の頃から父を失い、3人の妹と共に祖父と母によって養育された。祖父が1882年(明治15年)10月に亡くなってからは、母が長三郎ら4人を女手ひとりで苦労しながら養育した。慈母の愛情にこたえて、第一高等学校を卒業し、東京帝国大学医科大学医学科卒業、大阪府立高等医学校教諭、府立大阪医科大学教授を経て、大学長・同病院長となった。故郷に対する思いは強く、1921年大正10年)には、貧困学生や推薦学生に供給するために多額の奨学金と公会堂を郷土に寄付した[1]

医師としての研究と活躍[編集]

1906年明治39年)ドイツ留学中にザリチンの作用、食餌と糞便の胆脂との関係、コプロステリンなどの研究を行った。帰国後、後に知られるビタミンB1について語っていた。1909年(明治42年)には「腎臓に於ける出血の発生に就いて」の論文で東京帝国大学から博士学位を授けられた。努力は研究よりも臨床に大きく傾けられ、患者に対して親切丁寧に対応していた。勤務というよりも趣味のように好んで患者を診ていた。54歳で府立大阪医科大学学長に就任した後も、患者の診療に当たって常に親切を旨とし、治療にかけては名人とも言われた[1]大阪の実業界・言論会その他の方面への信望は非常なもので、誰しもその厄介になった。

大阪帝国大学への貢献[編集]

大阪帝国大学の創立[編集]

府立大阪医科大学学長就任以来、懸案の大阪帝国大学の創立に日夜努力した。1930年昭和5年)4月から半年間欧米各国へ出張して大学制度の実情を視察・研究した。帰国後、学内教官団、並びに大阪府大阪市、財界、言論会等の官民一致の協力を得て、大阪帝大の実現に向けて奔走した。1931年(昭和6年)5月1日浜口雄幸総理井上準之助蔵相らの理解を得て大阪帝国大学へと昇格した。大阪帝大創設費として大阪府からの寄付金は総額185万円(現在の価値で30億円[2])にものぼり、うち95万円は長三郎の経理運営の刷新から得た府立大阪医科大学病院の収入残余であった[1]

初代総長人事[編集]

初代総長の人事については、地元の大阪側では国立総合大学設立の推進運動の中心で合った長三郎の就任を強く要望したが、文部省側は少し前まで文部次官だった粟屋謙を主張して譲らなかった。間にたった文相田中隆三理化学研究所から推薦のあった長岡半太郎に承諾を頼んだ。半太郎はしばらくの間躊躇していたが、後任を長三郎とすること、なるべく早く退任することを条件として承諾した[1]。実際に半太郎は当初より就任期間を短くして退任した。

第二代総長在任中[編集]

1934年昭和9年)6月に大阪帝国大学総長就任後、財界から寄付を集め、同年9月に微生物研究所を設立、1935年昭和10年)8月には大阪癌治療研究会を組成した。癌治療研究会ではチェコスロバキアからラジウム3gを購入しラジウムによる癌治療の端緒が開かれることになり、新聞でも大きく報じられた[3]。その後も1937年(昭和12年)1月に日本学術振興会附属災害科学研究所を設置、1939年(昭和14年)11月に産業科学研究所/産業科学研究協会設立[4]など大学の規模拡大に大きく貢献した。1942年(昭和17年)9月には現在の緒方洪庵適塾の土地・建物が、緒方家と日本生命保険株式会社社長成瀬達との協議の結果、楠本長三郎へ寄附された。

楠本賞[編集]

楠本長三郎退官を機に、1943年(昭和18年)2月「楠本前総長記念奨学会」が組織され、1945年(昭和20年)3月に財界・個人から募集した奨学資金で「楠本博士記念奨学会」が発足された。同奨学会では、長三郎の「在職中の意志を継承し、人文及び自然科学の発達を促進助成する」趣旨のもと、同年12月、「大阪帝国大学各部の優秀なる卒業生に対する表彰などの事業を行う」などの既定を制定した[1]大阪大学では現在も毎年、楠本奨学会から各学部・学科の優秀な卒業生(主に各学部の主席卒業生)に「楠本賞」が贈られている。

著名人との親交[編集]

長岡半太郎[編集]

長岡半太郎とは同郷の先輩後輩関係でかねてから親交があったのみならず、半太郎は妻や幼子の医療を長三郎に全面的に頼んでいた。長三郎の長女菊江は半太郎の次男正男(のち日本光学社長)に嫁ぎ、楠本家と長岡家は親戚関係となった[1]

伊藤忠兵衛[編集]

伊藤忠兵衛日露戦争当時から長三郎の世話になり、大変信頼し、伊藤家の主治医に迎えた。産業科学研究所設立の際には、親密な関係から、忠兵衛より買い受ける予定の土地を無理矢理寄贈してもらった[1]

経歴[編集]

略歴[編集]

主催学会[編集]

  • 第27回 日本内科学会総会・講演会会頭
  • 第8回 日本医学会総会副会頭
  • 第12回 日本医学会総会会頭

その他[編集]

  • 医術開業試験委員
  • 教学刷新評議会委員
  • 大阪高等工業学校評議員
  • 科学振興調査会委員
  • 学校報国隊大阪地方部長
  • 産業科学研究所商議員

栄典[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g 大阪大学出版会『大阪大学歴代総長餘芳』
  2. ^ 日本銀行 『日本銀行や金融についての歴史・豆知識』
  3. ^ 大阪朝日新聞1935年昭和10年)10月9日
  4. ^ 東京朝日新聞、1938年(昭和13年)3月15日
  5. ^ 読売新聞昭和18年(1943年)2月11日

参考文献[編集]

  • 大阪大学出版会『大阪大学歴代総長餘芳』
  • 福浦佳子、大阪大学医学部第一内科開講100周年記念事業実行委員会『大阪大学医学部第一内科開講100周年記念誌』