中通島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
中通島
Yagatame Park Shinkamigoto.JPG
矢堅目(矢堅崎)
座標 北緯32度59分 東経129度05分 / 北緯32.983度 東経129.083度 / 32.983; 129.083座標: 北緯32度59分 東経129度05分 / 北緯32.983度 東経129.083度 / 32.983; 129.083
面積 168.34 km²
海岸線長 278.8 km
最高標高 (番岳)442 m
最高峰 番岳(新上五島町小串郷・立串郷・曽根郷)
所在海域 五島灘
所属諸島 五島列島
所属国・地域 日本の旗 日本長崎県南松浦郡新上五島町
地図
Pfeil links unten rot.svg 五島列島における中通島の位置
Pfeil links unten rot.svg
テンプレートを表示

中通島(なかどおりじま)は、長崎県の西に浮かぶ五島列島を構成するの一つである。全島が長崎県南松浦郡新上五島町に属する。

地理[編集]

面積は約168.34km2で、五島列島の主要な島の中で最も東に位置し、福江島に次いで2番目に大きな島である。日本の島では利尻島よりやや小さく、19番目に大きい[1]2010年国勢調査時点での人口は20,167人[2]

島は東西約18km、南北約39kmで、南北に細長い[3]。最高峰は北部に細長く突き出た魚目地区の半島部にある番岳(標高442m)で、平野部は少なく、ほとんどの地域で急峻な傾斜地が海岸まで迫る。周囲278kmに及ぶリアス式海岸の複雑な海岸線をもち、高さ100m以上の険しい海食崖から遠浅の砂浜、砂泥干潟まで変化に富む。地質は第三紀層の砂岩などからなる「五島層群」を基盤とし、凝灰岩、熱変成岩安山岩などから構成されている[3][4]

気候は対馬暖流の影響が強く、一年を通じて温暖である。植生は照葉樹林で、ヤブツバキシイ類、カシ類などが自生する[2]。海岸ではアコウハマゴウツルナなど海浜植物も見られる。一方、動物では内湾性の希少種カブトガニの記録もある[5]

南西の若松島とは若松大橋で結ばれ、東の頭ヶ島とは頭ヶ島大橋で結ばれている。若松島との間の海峡「若松瀬戸」には、桐ノ小島などの島々が点在する[6]

名所・観光[編集]

  • 津和崎灯台 - 北に小値賀・宇久の島嶼群(平戸諸島)を望める
  • 赤岳(あかだき)断崖 - 1978年(昭和53年)に長崎県指定天然記念物
  • 蛤浜海水浴場
  • 高井旅海水浴場
  • 奈良尾神社 - 境内のアコウは樹齢約650年で、1961年(昭和36年)に国指定天然記念物[7]
  • 米山展望台

交通[編集]

長崎港長崎市)・佐世保港(長崎県佐世保市)・福江港五島市)および博多港福岡県福岡市)からの航路がある。

かつては長崎空港福岡空港から上五島空港(東隣の頭ヶ島)への航空路もあったが、現在は運休中である。

島内では西肥自動車路線バスが運行している。

カトリック教会[編集]

五島列島の他の島と同様に、江戸期に西彼杵半島外海地区(現・長崎市)からキリスト教カトリック)の信徒が迫害を逃れて移住してきた歴史があり[3][4]、島内には29箇所のカトリック教会が点在する。集落によっては住民のほぼ全員が信者である。また、入り組んだ中通島の形は「十字架」に例えられることもある。

主な教会[編集]

  • 青砂ヶ浦教会(国の重要文化財)
  • 大曽教会(長崎県指定有形文化財)
  • 福見教会
  • 鯛ノ浦教会
  • 江袋教会 - 1882年建立、実際に使用されている木造教会としては国内最古の教会だったが、2007年漏電による火災で焼失。2010年5月に復元工事が完了した。
  • 仲知(ちゅうち)教会

脚注[編集]

  1. ^ 国立天文台(編) 平成19年 理科年表 p.565 ISBN 4621077635
  2. ^ a b ながさきのしま|長崎のしま紹介【五島】|五島のプロフィール 長崎県 企画振興部 地域振興課
  3. ^ a b c 角川日本地名大辞典 42 長崎県』1987年 ISBN 9784040014203
  4. ^ a b 財団法人 日本離島センター,1998.「日本の島ガイド SHIMADAS」872-888p.ISBN 4931230229
  5. ^ 新上五島町立魚目小学校 学校ブログ『今度はカブトガニのお目見え!!』2009年07月14日更新 2016年7月16日閲覧
  6. ^ ながさきにこり(長崎県広報課)。2015年10月25日閲覧。
  7. ^ 長崎県の文化財 奈良尾のアコウ 2016年7月16日閲覧

関連項目[編集]