出羽島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
出羽島
Tebajima 1.jpg
「大生丸」から出羽島を望む
座標 北緯33度37分54秒 東経134度25分27秒 / 北緯33.63167度 東経134.42417度 / 33.63167; 134.42417座標: 北緯33度37分54秒 東経134度25分27秒 / 北緯33.63167度 東経134.42417度 / 33.63167; 134.42417
面積 0.4 km²
最高標高 76.0 m
所属国・地域 日本徳島県
テンプレートを表示
出羽島漁港に停泊中の渡船「大生丸」
出羽島付近の空中写真。画像左側の楕円形の島が出羽島である。中央の南北2つに分かれた岩礁は小津島。右側の無人島は津島(島全体が津島暖地性植物群落として国の天然記念物に指定されている)。1975年撮影。
国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成。

出羽島(てばじま)は、徳島県海部郡牟岐町にある

概要[編集]

面積は約0.4km2。島一周の遊歩道があり、出羽島灯台からは、東に紀州、西に室戸、南に太平洋、北に四国山脈が展望できる。島内には国の天然記念物である「出羽島大池のシラタマモ自生地」や「蛇の枕」等の観光資源がある。かつては出羽小学校があったが、児童数の減少により、現在は廃校となっている。

重要伝統的建造物群保存地区[編集]

島の北部の入江を漁港とし、その周辺に形成された漁村集落、面積約3.7ヘクタールが、「牟岐町出羽島伝統的建造物群保存地区」として、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されている[1]。選定理由は、「徳島藩の移住奨励によって形成され、江戸後期から昭和前期まで、鰹漁の隆盛に伴って拡大した漁村集落」であり、「規模や形式が揃った漁家の主屋が建ち並ぶ集落景観が発達し、我が国にとって価値が高い」とされた[2]

島内施設[編集]

  • 出羽島簡易郵便局
  • 出羽島漁村センター
  • 出羽島漁港
  • 出羽島灯台
  • 大池のシラタマモ自生地 - 国の天然記念物
  • 牟岐町立出羽小学校 - 現在は廃校

交通手段[編集]

  • 牟岐港から約3.7km、出羽島連絡船「大生丸」(定員70名)で20分の距離。1日5往復

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 平成29年2月23日文部科学省告示第19号
  2. ^ 重要伝統的建造物群保存地区の選定、文化庁

外部リンク[編集]