福江港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
福江港
Fukue port Fukuejima Island Nagasaki,JAPAN.jpg
福江港ターミナルビル
所在地
日本の旗 日本
所在地 長崎県五島市
詳細
管理者 長崎県
種類 重要港湾
統計
統計年度 2008年[1]
貨物取扱量 増加1,447,593トン
旅客数 減少624千人

福江港(ふくえこう)は、長崎県五島市にある港湾。港湾管理者は長崎県である。港湾法上の重要港湾に指定されている。

五島列島のうち下五島地域(五島市域)の海の表玄関となっている。国道384号福江島内の陸上区間の終点であり、本港から奈良尾港(中通島新上五島町)までは海上区間となる。

国土交通省九州地方整備局により「みなとオアシス五島福江」として認定されている。

概要[編集]

五島市の中枢機能を擁する旧福江市市街地の海岸にある。旧福江藩城下町時代から港として用いられ、福江川河口周辺部等に船溜まりが設けられていた。幕末には石田城が港域に面して築城された。1932年(昭和7年)より近代港湾としての福江港の整備が始まり、現在に至っている。

施設[編集]

航路[編集]

入港中の九州商船「ぺがさす2」

九州本島からは博多港及び長崎港からフェリーが、長崎港からジェットフォイルが就航している。また、五島市に属する近隣離島との間に旅客船・フェリーが就航している。

  • 野母商船フェリー「太古」:博多港 - 宇久平港(宇久島佐世保市宇久町) - 小値賀港(小値賀島小値賀町) - 青方港(中通島・新上五島町) - 若松港(若松島・新上五島町) - 奈留港(奈留島・五島市) - 福江港
  • 五島旅客船「フェリーオーシャン」:福江港 - 奈留港 - 若松港
  • 五島旅客船「ニューたいよう」:福江港 - 奈留港 - 土井浦港(若松島・新上五島町) - 郷の首港(中通島・新上五島町) - 若松港 
  • 九州商船フェリー「フェリー長崎」・「万葉」:長崎港 - 福江港 ※奈良尾港(中通島・新上五島町)、奈留港寄港便あり。
  • 九州商船ジェットフォイル「ぺがさす」・「ぺがさす2」:長崎港 - 福江港 ※奈良尾港寄港便あり。
  • 五島産業汽船「ありかわ8号」:佐世保港 - 福江港
  • 木口汽船「フェリーひさか」・「シーガル」:福江港 - 久賀島(五島市)
  • 木口汽船「ソレイユ」:福江港 - 椛島(五島市)
  • 黄島海運「おうしま」:福江港 - 赤島(五島市) - 黄島(五島市)

この他、五島汽船が長崎港との間に貨物航路を運航している。

港勢[編集]

下記のデータは2008年時点のもの。

船舶乗船人員[編集]

  • 624千人

海上出入[編集]

  • 貨物量
    • 総貨物量:1,447,593トン
    • 内国貿易
      • 移出:616,950トン
      • 移入:830,643トン

沿革[編集]

  • 1951年(昭和26年)9月22日 - 重要港湾に指定される。
  • 1952年(昭和27年)5月 - 長崎県が港湾管理者となる。
  • 1970年(昭和45年) - フェリー着岸施設を整備(~1971年)。
  • 1973年(昭和48年) - 港湾計画を新規策定。
  • 2005年(平成17年)3月 - 新ターミナルビル竣工。
  • 2008年(平成20年)3月19日 - みなとオアシスに認定される。

周辺[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 福江港 貨物等データ”. 国土交通省九州地方整備局長崎空港・港湾整備事務所 (2008年). 2011年4月23日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]