津和地島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
津和地島
所在地 日本愛媛県
所在海域 瀬戸内海
座標 北緯33度58分50秒 東経132度30分24秒 / 北緯33.98056度 東経132.50667度 / 33.98056; 132.50667座標: 北緯33度58分50秒 東経132度30分24秒 / 北緯33.98056度 東経132.50667度 / 33.98056; 132.50667
面積 2.86 km²
海岸線長 12 km
津和地島の位置(愛媛県内)
津和地島
津和地島 (愛媛県)
Project.svgプロジェクト 地形
テンプレートを表示

津和地島(つわじじま)は、愛媛県松山市に属する島。忽那諸島(くつなしょとう)の一部で、有人島の内では最も北西にあり、山口県広島県に近い島である。

自然[編集]

歴史[編集]

産業[編集]

  • かんきつ栽培(かんきつ農業)、たまねぎ栽培[4]、水産業(等)

社会[編集]

2015年度に児童2名がいたが、2017年3月に卒業して休校に[5]
  • 中学校はなし。
  • 瀬戸内海特有の少雨気候により水資源に恵まれていないため、飲料水の貯水と導水を兼ねた地下トンネルを建設[2]。表流水を自然流下で水をため、給水する仕組み。
  • 人口 383人(平成22年国勢調査)。2017年(平成29年)3月には約270人[5]
  • 世帯 184戸(平成22年国勢調査)

交通[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 鴨頭 2012, p. 1/17.
  2. ^ a b しまの詳細:津和地島(つわじじま) - ちゅうよ観光ナビ 愛媛県
  3. ^ 鴨頭 2012, p. 3/17.
  4. ^ 平成3年台風第19号による塩害が元でかんきつ栽培が打撃を受け、以降塩害に強いたまねぎ栽培の作付面積が増加していった。
  5. ^ a b “津和地小学校 双子卒業、島唯一の学校、休校に”. 毎日新聞. (2017年3月19日). https://mainichi.jp/articles/20170319/k00/00e/040/188000c 2017年12月16日閲覧。 

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]