風早郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
愛媛県風早郡の位置

風早郡(かざはやぐん)は、愛媛県伊予国)にあった

古代[編集]

風速国造の領域を中心として建てられた。

式内社[編集]

延喜式神名帳に記される郡内の式内社

神名帳 比定社 集成
社名 読み 付記 社名 所在地 備考
風早郡 2座(並小)
国津比古命神社 クニツヒコノ 国津比古命神社 愛媛県松山市八反地
櫛玉比売命神社 クシタマヒメノ- 櫛玉比売命神社 愛媛県松山市高田
凡例を表示

明治維新後[編集]

1878年明治11年)に行政区画として発足した当時の郡域は、松山市の一部(小川、光洋台、西谷、大西谷、菅沢町、神次郎町、上総町、九川以北および忽那諸島)にあたる。

沿革[編集]

知行 村数 村名
幕府領 松山藩預地[1] 2村 粟井村、小浜村
藩領 伊予松山藩 78村 土手内村、辻村、中西内村、中西外村、八反地村、寺谷村、神田村、波田村、猪木村、滝本村、猿川村、中村、米之野村、庄府村、儀式村、小山田村、猿川原村、尾儀原村、才之原村、庄村、萩原村、上難波村、中通村、浅海原村、浅海本谷村、下難波村、北条村、中須賀村、片山村、夏目村、苞木村、鹿峰村、河原村、久保村、常竹村、安岡村、和田村、鴨之池村、磯河内村、小川村、大西谷村、西谷村、本谷村、小川谷村、平林村、麓村、客村、菅沢村、神次郎村、城山村、恩地村、柳谷村、牛谷村、大河内村、横谷村、善応寺村、高山村、佐古村、常保免村、宮内村、別府村、閏谷村、九川村、梅木村、上総村、小屋村、野忽那村、畑里村、饒村、吉木村、熊田村、長師村、宮野村、神浦村、二神村、津和地村、院内村、安居島村[2]
伊予大洲藩 4村 睦月村、宇和間村、上怒和村、元怒和村
幕府領・藩領 松山藩預地[1]・大洲藩 1村 大浦村
21.浅海村 22.難波村 23.立岩村 24.正岡村 25.北条村 26.河野村 27.粟井村 28.五明村 29.睦野村 30.東中島村 31.西中島村 32.神和村(紫:松山市 1 - 9は温泉郡 11 - 15は久米郡 41 - 50は和気郡 51 - 56・61 - 68は下浮穴郡 71 - 80は伊予郡)
  • 明治11年(1878年12月16日 - 郡区町村編制法の愛媛県での施行により、行政区画としての風早郡が発足。「風早野間郡役所」が北条村に設置され、野間郡とともに管轄。
  • 明治17年(1884年)11月 - 「風早和気温泉久米郡役所」が温泉郡松山榎町に設置され、同郡および和気郡久米郡とともに管轄。
  • 明治22年(1889年12月15日 - 町村制の施行により、下記の各村が発足[3]。全域が現・松山市。(12村)
    • 浅海村 ← 浅海本谷村、浅海原村
    • 難波村 ← 下難波村、中通村、上難波村、庄村[大部分]
    • 立岩村 ← 才之原村、滝本村、猪木村、猿川村、中村、米之野村、庄府村、儀式村、小山田村、猿川原村、尾儀原村、萩原村、庄村[一部]
    • 正岡村 ← 八反地村、中西内村、中西外村、寺谷村、院内村、波田村、神田村
    • 北条村 ← 北条村、辻村、土手内村、安居島村
    • 河野村 ← 別府村、宮内村、善応寺村、横谷村、閏谷村、九川村、常保免村、佐古村、高山村、牛谷村、大河内村、中須賀村、片山村、夏目村
    • 粟井村 ← 小川村、磯河内村、鴨之池村、和田村、河原村、安岡村、常竹村、本谷村、西谷村、大西谷村、客村、麓村、平林村、小川谷村、久保村、鹿峰村、苞木村
    • 五明村 ← 菅沢村、神次郎村、城山村、柳谷村、恩地村、小屋村、梅木村、上総村
    • 睦野村 ← 睦月村、野忽那村
    • 東中島村 ← 大浦村、小浜村、長師村、宮野村、神浦村
    • 西中島村 ← 粟井村、畑里村、饒村、吉木村、熊田村、宇和間村
    • 神和村 ← 元怒和村、津和地村、二神村、上怒和村
  • 明治30年(1897年4月1日 - 郡制の施行により、温泉郡・久米郡・風早郡・和気郡および伊予郡・下浮穴郡の各一部の区域をもって、改めて温泉郡が発足。同日風早郡廃止。

脚注[編集]

  1. ^ a b 記載は高知藩預地。
  2. ^ 「旧高旧領取調帳」には記載なし。読みはあいじま。
  3. ^ 読み方は「旧高旧領取調帳データベース」を参照。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

先代:
-----
行政区の変遷
- 1897年
次代:
温泉郡