忽那諸島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

忽那諸島(くつなしょとう)とは、瀬戸内海安芸灘伊予灘との間に位置する島嶼群。最も面積が大きい中島本島を主島とする。7つの有人島と22の無人島からなる。

概況[編集]

  • 総称して、忽那七島と呼ばれる。
  • 単に忽那諸島と呼ぶ場合、古くは二神島の属島である由利島を除き、柱島(山口県)を含める場合もある。また、松山市の釣島(つるしま)、さらには興居島(ごごしま)を含めることもある。なお、2007年に松山市が作成した「忽那諸島」というパンフレットでは旧北条市の安居島も含め、安居島への連絡船の時刻表も掲載されているが、これは市町村合併により安居島も松山市域に含まれることになったためである。
    • 離島振興法上の指定地域名としては、「忽那諸島」に釣島も含む。
  • 名称は、平安時代から戦国時代において、忽那氏(くつな)の本拠地であったことに由来する。
  • 「忽那」は難読地名の一つ。なお、漢字変換の際に「こつな」で変換すると出てくるが、8世紀ころの文書には「骨奈島」とある。

位置[編集]

自然[編集]

  • 山口と愛媛のほぼ中央に位置する。周辺は潮流が渦巻き、クダコ水道は特に好漁場として知られる。
  • 瀬戸内海の他の島同様、平地は少ない。
  • 気候は温暖少雨。
  • 山地は頂上近くまで果樹園として利用されている。
  • ほぼ全域が瀬戸内海国立公園に含まれる。

歴史[編集]

  • 古来、九州と近畿とを結ぶ海上航路上に位置するため、海上の往来が盛んであった。
  • 平安時代から戦国時代において、忽那(くつな)氏の根拠地であった。
  • 鎌倉時代から南北朝にかけて、忽那氏は水軍を組織し、瀬戸内海一帯で活動した。その様子は、忽那家文書に詳しい。それによると、北条氏後醍醐天皇との関係もうかがえる。
  • 関ヶ原の戦い後の論功行賞の結果、忽那諸島は加藤嘉明領と藤堂高虎領が混在し、それが松山藩大洲藩による分割統治に受け継がれた。松山藩領地が諸島の南北に、大洲藩領は東西に位置していた。中島本島では、一つの島ながら大洲藩領と松山藩領にわかれていた。結果的に、それが明治以降も小村が分立し、島民の交流を妨げたという一面もある。なお、中島本島は、大洲領は忽那島と呼び、松山藩領では風早島と読んでいた。風早は、今日の北条市(2005年に松山市に編入合併)付近一帯の地名で、風早郡という郡名もあった(のちに消滅)。
  • また、海上の参勤交代路にも接することから、風待ち港としても栄えた。
  • 島しょ部のため、各島がそれぞれの自治を行っていたが、幾度かの合併を経て、昭和38年には温泉郡中島町となる。
  • 昭和40年代 柑橘類の栽培が盛んになり、みかんの島として知られる。
  • 2005年1月 松山市への編入合併のため、松山市の一部となる。

社会[編集]

  • 世帯数2500世帯(旧中島町)
  • 人口6300人(同)

文化[編集]

  • 島嶼部であるため、かつては島間の住民の往来も少なく、各島で独自の文化(祭礼など)があったが、今日ではその色彩は薄れつつある。

その他[編集]

関連文献[編集]

  • 角川日本地名大辞典編纂委員会編『角川日本地名大辞典38 愛媛県』角川書店、1981年、265-266頁

外部リンク[編集]