久米郡 (愛媛県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
愛媛県久米郡の位置(水色:後に他郡から編入した区域)

久米郡(くめぐん)は、愛媛県伊予国)にあった

古代[編集]

7世紀久味国造の領域を中心に、制の久米評として建てられた[1]大宝元年(701年)に郡制の久米郡になったと推定できる。

明治維新後[編集]

1878年明治11年)に行政区画として発足した当時の郡域は、下記の区域にあたる。

  • 松山市の一部(古川西、和泉南、和泉北、朝生田、天山、福音寺町、北久米町、平井町、小野町より南東かつ北井門、北土居、土居町、南土居町、高井町以北)
  • 東温市の一部(西岡、志津川、横河原、北方、松瀬川以北)

沿革[編集]

和泉村、朝生田村、古川村、井門村、居相村、石井村[2]、天山村、福音寺村、星岡村、北土居村[3]、今在家村、南土居村[4]、北久米村[5]、南久米村[6]、鷹子村、来住村、窪田村、高井村[7]、畑中村、水泥村、苅屋村、平井谷村、小屋峠村、北梅本村[8]、南梅本村[9]、西岡村、志津川村、樋口村、山之内村、北方村、松瀬川村、越智村[10]
11.石井村 12.久米村 13.小野村 14.北吉井村 15.川上村(紫:松山市 赤:東温市 1 - 9は温泉郡 21 - 32は風早郡 41 - 50は和気郡 51 - 56・61 - 68は下浮穴郡 71 - 80は伊予郡)
  • 明治11年(1878年12月16日 - 郡区町村編制法の愛媛県での施行により、行政区画としての久米郡が発足。「温泉和気久米郡役所」が温泉郡松山二番町に設置され、同郡および和気郡とともに管轄。
  • 明治17年(1884年)11月 - 「風早和気温泉久米郡役所」が温泉郡松山榎町に設置され、同郡および風早郡・和気郡とともに管轄。
  • 明治22年(1889年12月15日 - 町村制の施行により、下記の各村が発足[11]。(5村)
    • 石井村 ← 今在家村、井門村、北土居村、越智村、居相村、古川村、東石井村、星岡村、天山村、西石井村、朝生田村、和泉村、福音寺村[一部]、南土居村[字下組](現・松山市)
    • 久米村 ← 高井村、窪田村、来住村、鷹子村、南久米村、北久米村、福音寺村[大部分]、南土居村[字上組](現・松山市)
    • 小野村 ← 小屋峠村、北梅本村、南梅本村、平井谷村、苅屋村、畑中村、水泥村(現・松山市)
    • 北吉井村 ← 樋口村、山之内村、志津川村、西岡村(現・東温市)
    • 川上村 ← 北方村、松瀬川村、下浮穴郡南方村、吉久村(現・東温市)
  • 明治30年(1897年4月1日 - 郡制の施行により、温泉郡・久米郡・風早郡・和気郡および伊予郡・下浮穴郡の各一部の区域をもって、改めて温泉郡が発足。同日久米郡廃止。

変遷表[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 藤原京藤原宮の北をめぐる外濠から出た木簡に、「伊余国久米評」とある。奈良国立文化財研究所『藤原宮木簡』一、159、奈良国立文化財研究所史料XII、1978年、解説79頁。
  2. ^ 石井村西分・石井村東分に分かれて記載。
  3. ^ 記載は土居村北分。
  4. ^ 記載は土居村南分。
  5. ^ 記載は久米村北分。
  6. ^ 記載は久米村南分。
  7. ^ 記載は高井村北分。高井村南分は浮穴郡高井村を指す。
  8. ^ 記載は梅本村北分。
  9. ^ 記載は梅本村南分。
  10. ^ 「旧高旧領取調帳」には記載なし。
  11. ^ 読み方は「旧高旧領取調帳データベース」を参照。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

先代:
-----
行政区の変遷
- 1897年
次代:
温泉郡