宇摩郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
愛媛県宇摩郡の位置

宇摩郡(うまぐん)は、愛媛県伊予国)にあった

郡域[編集]

1878年明治11年)に行政区画として発足した当時の郡域は、四国中央市および新居浜市の一部(別子山)にあたる。

歴史[編集]

古代[編集]

式内社[編集]

延喜式神名帳に記される郡内の式内社

神名帳 比定社 集成
社名 読み 付記 社名 所在地 備考
宇摩郡 1座(大)
村山神社 ムラヤマノ 名神大 村山神社 愛媛県四国中央市土居町津根 [1]
凡例を表示

近世以降の沿革[編集]

知行 村数 村名
幕府領 松山藩預地[1] 18村 川之江村、余木村、山田井村、下分村、三角寺村、小川山村、平野山村、上野村、浦山村、中村、藤原村、豊田村、五郎野村、岡銅村、大町村、具定村、津根山村、別子山村
藩領 伊予今治藩 18村 中曽根村、上柏村、三島村、下柏村、村松村、妻鳥村、長須村、半田村、柴生村、下川村、下山村、領家村、上山村、馬立村、新瀬川村、寒川山村、岩原瀬村、鷹野山村
伊予西条藩 11村 上分村、金川村、中之庄村、畑野村、蕪崎村、入野村、土居村、小林村、津根村、長田村、東寒川村
幕府領・藩領 松山藩預地[1]・今治藩 1村 新宮村[2]
松山藩預地[1]・西条藩 4村 天満村[3]、野田村[4]、西寒川村、北野村[5]

町村制以降の沿革[編集]

1.二名村 2.川之江村 3.金生村 4.上分村 5.金田村 6.川滝村 7.上山村 8.新立村 9.妻鳥村 10.松柏村 11.三島村 12.中曽根村 13.中之庄村 14.寒川村 15.豊岡村 16.野田村 17.津根村 18.小富士村 19.満崎村 20.土居村 21.関川村 22.別子山村 23.富郷村 24.金砂村(桃:新居浜市 紫:四国中央市)
  • 明治22年(1889年12月15日 - 町村制の施行により、下記の各村が発足[6]。特記以外は全域が現・四国中央市。(24村)
  • 明治28年(1895年7月1日 - 満崎村が分割し、一部(天満)の区域に天満村が、残部(蕪崎)の区域に蕪崎村がそれぞれ発足。(25村)
  • 明治30年(1897年4月1日 - 郡制を施行。郡役所が三島村に移転。
  • 明治31年(1898年
  • 大正2年(1913年1月1日 - 上分村が町制施行して上分町となる。(3町22村)
  • 大正12年(1923年)4月1日 - 郡会が廃止。郡役所は存続。
  • 大正15年(1926年)7月1日 - 郡役所が廃止。以降は地域区分名称となる。
  • 昭和15年(1940年2月11日 - 津根村・野田村が合併して長津村が発足。(3町21村)
  • 昭和19年(1944年)4月1日 - 三島町・松柏村・中曽根村・中之庄村が合併し、改めて三島町が発足。(3町18村)
  • 昭和23年(1948年)4月1日 - 金生村が町制施行して金生町となる。(4町17村)
  • 昭和25年(1950年10月1日 - 三島町の一部(村松・上柏・下柏)が分立して松柏村が発足。(4町18村)
  • 昭和27年(1952年6月1日 - 寒川村が町制施行して寒川町となる。(5町17村)
  • 昭和29年(1954年
    • 3月31日(6町9村)
      • 上山村・新立村が合併して新宮村が発足。
      • 二名村が川之江町に編入。
      • 長津村・小富士村・蕪崎村・天満村・土居村・関川村が合併して土居町が発足。
    • 11月1日(1町2村)
      • 松柏村・三島町・寒川町・豊岡村・富郷村・金砂村が合併して伊予三島市が発足し、郡より離脱。
      • 川之江町・金生町・上分町・妻鳥村・金田村・川滝村が合併して川之江市が発足し、郡より離脱。
  • 平成15年(2003年)4月1日 - 別子山村が新居浜市に編入。(1町1村)
  • 平成16年(2004年)4月1日 - 新宮村・土居町が川之江市・伊予三島市と合併して四国中央市が発足し、郡より離脱。同日宇摩郡消滅。

変遷表[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 記載は高知藩預地。
  2. ^ 西新宮村(幕府領)・東新宮村(今治藩領)に分かれて記載。
  3. ^ 下天満村(幕府領)・天満村(西条藩領)に分かれて記載。
  4. ^ 下野田村(幕府領)・上野田村(西条藩領)に分かれて記載。
  5. ^ 下北野村(幕府領)・上北野村(西条藩領)に分かれて記載。
  6. ^ 読み方は「旧高旧領取調帳データベース」を参照。

参考文献[編集]

関連項目[編集]